--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.02

07年、路傍の草花21。

【タツナミソウ(紫)】
立浪草。シソ科タツナミソウ属。日本、アジア原産。
前回、白花をご紹介しましたが、紫のタツナミソウらしい立浪草が、マンション裏山に咲きました♪
00tatuna1_07_4.JPG


01tatuna2_07_4.JPG


02tatuna3_07_4.JPG


03tatuna4_07_4.JPG


04tatuna5_07_4.JPG


05tatuna6_07_4.JPG


06tatuna7_07_4.JPG


07tatuna8_07_4.JPG


【キツネアザミ】
狐薊。キク科キツネアザミ属。日本、朝鮮、中国、インド、オーストラリア原産。
何かと思っちゃいました。棘のないアザミだそうです。田んぼ脇で発見。
08noazami1_07_4.JPG


09noazami2_07_4.JPG


【アカツメクサ】
赤詰草。マメ科シャジクソウ属。ヨーロッパ原産。
赤も白も田んぼの畦道に満開です♪
11akatu2_07_4.JPG


12akatu1_07_4.JPG


【シロツメクサ】
白詰草。マメ科シャジクソウ属。ヨーロッパ原産。
13sirotu1_07_4.JPG


14sirotu2_07_4.JPG


【ヘラオオバコ】
篦大葉子。オオバコ科オオバコ属。ヨーロッパ原産。
花は下から上へと咲くそうで、正に咲き始めに遭遇♪
15oohera1_07_4.JPG


16oohera2_07_4.JPG


17oohera3_07_4.JPG


【スイバ】
酢葉、オゼイユ、ソーレルとも。タデ科ギシギシ属。ヨーロッパ原産。
お馴染みの雌花が、赤く色づいてきました。
花師匠にごちそうになったのですが、これ山菜としても凄く美味いんですよ。
こんだけ伸びたら、もう食べられないかなあ??
18suiba1_07_4.JPG


19suiba2_07_4.JPG


【クサノオウ】
瘡の王。ケシ科クサノオウ属。ヨーロッパ、中東、中央アジア、北アフリカ原産。
初登場。生薬として、昔は胃癌治療にも使われたとか。
20tunogesi1_07_4.JPG


21tunogesi2_07_4.JPG


【ブタナ】
豚菜、タンポポモドキとも。キク科エゾコウゾリナ属。ヨーロッパ原産。
例の正体不明のタンポポのような奴、また発見!
これも60cmほど、ありました。
ポージィさんのご尽力により判明しました。昭和初期に札幌で帰化しているのが発見されたそうです。
花茎が分岐し、頭花を複数付けることと、根元に葉が全部集まるのが特徴とのこと。
ああ、すっきりした♪
22butana1_07_4.JPG


23butana2_07_4.JPG


24butana3_07_4.JPG


25butana4_07_4.JPG







↑癒されましたか? ポチッとお願いします♪



この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/93-47073abe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
半野生化しているタツナミソウですね。
というか、もともとが野生種?
あっちこっち向いて、喚いてますね~

キツネアザミ、懐かしいです。
子供の頃、よく見てました。
何十年も見ていませんが。

オオヘラバコも見かけるようになりましたね。
気が付くとあっちこっちにたくさん咲いています。

ここまで伸びたスイバは、もう駄目でしょう。
茎を齧って、汁だけ吸うのなら有りかな?
子供時代、よくやりました(笑)。

クサノオウとの対面もあったのですね。
なかなかきれいな花色だったでしょう?

あのタンポポモドキ、やっぱりモドキだったんですね(笑)。
ブタナですね。
私は過去記事でブタナと紹介しているものがあるんですが、よく見るとオニタビラコでした。
素人は怖いですね~(大笑)
Posted by goro’s at 2007.05.03 04:34 | 編集
タツナミソウって海の波が立つ様子に見立ててこんな名前がついたんでしょうかね。そう思って見ると、どの写真も高波がざざーっと押し寄せているように見えてきました。

アカツメグサ、シロツメクサ、どちらもかわいいです。一つ一つの花がやっぱりマメ科の花の形をしているんですね。

ヘラオオバコの2枚目の写真、ちょっとアートっぽくて面白いです。
Posted by てんてん at 2007.05.06 23:08 | 編集
goro'sさん

>半野生化しているタツナミソウですね。
というか、もともとが野生種?
あっちこっち向いて、喚いてますね~

誰かが植えたわけでもないので、野生でしょうね(笑)。

>キツネアザミ、懐かしいです。
子供の頃、よく見てました。
何十年も見ていませんが。

おお、そうなんですか!
昨年の同じ時期にはなかったんですけど。。(見えてなかったか?)

>オオヘラバコも見かけるようになりましたね。
気が付くとあっちこっちにたくさん咲いています。

初めて花の様子を観ました♪

>ここまで伸びたスイバは、もう駄目でしょう。
茎を齧って、汁だけ吸うのなら有りかな?
子供時代、よくやりました(笑)。

やはり(笑)。
今年はじっくり観察することにします。
来年ですね、僕の野を食すシリーズは。

>クサノオウとの対面もあったのですね。
なかなかきれいな花色だったでしょう?

っていうか、またまた黄色の花か?と苦笑しましたがクサノオウと判明しました(笑)。

>あのタンポポモドキ、やっぱりモドキだったんですね(笑)。
ブタナですね。
私は過去記事でブタナと紹介しているものがあるんですが、よく見るとオニタビラコでした。
素人は怖いですね~(大笑)

笑。
見事にモドキでした!
Posted by noodles3 at 2007.05.07 17:31 | 編集
てんてんさん

>タツナミソウって海の波が立つ様子に見立ててこんな名前がついたんでしょうかね。そう思って見ると、どの写真も高波がざざーっと押し寄せているように見えてきました。

他にも連休中に皆同方向に向かって吠えている白と紫の群生にも出会いました♪
ユーモラスでいて奇麗な花ですよね♪

>アカツメグサ、シロツメクサ、どちらもかわいいです。一つ一つの花がやっぱりマメ科の花の形をしているんですね。

そうなんですよね!
紛れもないマメ科の顔ですね♪

>ヘラオオバコの2枚目の写真、ちょっとアートっぽくて面白いです。

もう、風に揺られて大変だったんです。
偶然の産物ですね。。
Posted by noodles3 at 2007.05.07 17:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。