--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.07.12

点描,夏/其の八

※画像クリックで、正規サイズになります
00hirehari_11_07_12.jpg
【ヒレハリソウ】
鰭玻璃草。コンフリーとも。
ムラサキ科ヒレハリソウ属。ヨーロッパ、西アジア(コーカサス地方)原産。

初登場。5月1日~13日撮影。北沢川緑道にて。
花言葉:努力

01hirehari_11_07_12.jpg

明治時代に家畜の飼料として導入。
昭和40年代に健康食品として一時期大ブームとなる。
食害として海外で肝障害が多数報告され、
厚生労働省により2004年6月18日、食品としての販売を禁止した。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/926-1040a769
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コンフリーの花言葉は努力ですか… 耳に痛いかも(^^;)
なかなか丈夫な植物ですね。
近くの散歩でよく歩いたコース沿いの、畑の隅に生えているのですが、
もう何年もその場所で増えも減りもせず毎年淡々と営みを続けています。
この何年かカメラを向けることはしていませんが、目にすると
今年も生えてきたね、咲いたね、と安心します。
一見地味ながら、よく見ると可愛い花です。
どんな虫がもぐりこむのかな~
Posted by ポージィ at 2011.07.12 17:29 | 編集
りっぱな株ですね。
ハーブとして人気がありますね。
高温多湿に弱いですが、この株は見事です。
このくらい大きく、花もたくさん咲くと目を引きますね。
花の中はどうなっているのでしょうかね。
覗いてみたいです。
Posted by ロッキーママ at 2011.07.12 19:00 | 編集
ポージィさん

>コンフリーの花言葉は努力ですか… 耳に痛いかも(^^;)
なかなか丈夫な植物ですね。
近くの散歩でよく歩いたコース沿いの、畑の隅に生えているのですが、
もう何年もその場所で増えも減りもせず毎年淡々と営みを続けています。
この何年かカメラを向けることはしていませんが、目にすると
今年も生えてきたね、咲いたね、と安心します。
一見地味ながら、よく見ると可愛い花です。
どんな虫がもぐりこむのかな~

あらら。ロッキーママさんと同様、やはり花の中が気になりますか。あまり良い写真じゃなかったので、あえて外したのですが。
撮ってあることは撮ってあります。

僕は今回初めてお目にかかったのですが、実は5月から咲いていました。初々しいときはなかなか存在感があって、いつも眺めては「なんだろう?」って。
ゴローさんがコンフリーだって教えてくれたんですが、和名はヒレハリソウだったので、覚えやすいほうを採用しました。
Posted by noodles3 at 2011.07.18 15:49 | 編集
ロッキーママさん

>りっぱな株ですね。
ハーブとして人気がありますね。
高温多湿に弱いですが、この株は見事です。
このくらい大きく、花もたくさん咲くと目を引きますね。
花の中はどうなっているのでしょうかね。
覗いてみたいです。

残念ながら花の中の写真は外しました。
高温多湿に弱いのですか。
梅雨前から咲いていたのも頷けます。
Posted by noodles3 at 2011.07.18 15:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。