--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.06.23

点描,春/其の七十八

※画像クリックで、正規サイズになります
00nojisha_11_06_23.jpg
【ノジシャ】
野萵苣。オミナエシ科ノジシャ属。ヨーロッパ原産。

初登場。4月30日。荒川土手(柴又帝釈天付近)にて。
花言葉:約束を守る

※江戸時代に長崎オランダ館で栽培されていたものが帰化した。
チシャは、野菜のレタス(タマヂシャ)やサラダ菜のことで、
ノジシャも食用できる。

5月3日。多摩川土手(川崎側)にて。
01nojisha_11_06_23.jpg









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/913-7240d951
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ノヂシャを群生でご覧になったのですね。
何しろ小さな花。ちょっと離れると花が咲いているのすら見落として
しまいますよね。でも気づいて近寄ってみると、あ~ら可愛い花♪
ヨーロッパでは普通に食用にされているそうですが、
日本では食べているという話を身近で聞いたことがありません。
他の菜っ葉類で満足していて、あえてノヂシャを栽培して食べようと
思う日本人がいないのか、日本人の味覚に合わないのかそれとも?
芽生えたばかりの葉っぱを見ると、なかなか柔らかそうで美味しそうに見えますが。
若い葉だけのころは捜せそうにありません。

ちなみに 紫蘭の説明になっちゃってますですよ。ボソボソ
Posted by ポージィ at 2011.06.23 15:18 | 編集
これは野生ですか。
今、コーンサラダ(マーシュ)と云う名前で大手の種苗会社がタネを販売して人気がありますね。

デパートの野菜売り場でも葉をパック入りで売っていますね。
食べた事はないですが、栄養分が豊富でクセの無い味だそうです。
花は夜空の星みたいですね。
Posted by ロッキーママ at 2011.06.23 16:00 | 編集
ポージィさん

>ノヂシャを群生でご覧になったのですね。
何しろ小さな花。ちょっと離れると花が咲いているのすら見落として
しまいますよね。でも気づいて近寄ってみると、あ~ら可愛い花♪
ヨーロッパでは普通に食用にされているそうですが、
日本では食べているという話を身近で聞いたことがありません。
他の菜っ葉類で満足していて、あえてノヂシャを栽培して食べようと
思う日本人がいないのか、日本人の味覚に合わないのかそれとも?
芽生えたばかりの葉っぱを見ると、なかなか柔らかそうで美味しそうに見えますが。
若い葉だけのころは捜せそうにありません。


何故か僕もゴローさんも今年お初でした。
荒川土手と多摩川土手、ともに川縁でのご対面。
僕でかれこれ6年目。ゴローさんは幼少の頃より花々に親しんでいるのに何故、こんなにメジャーな花名の花に出逢っていなかったのかが不思議でなりません。

仰るように花も咲いていなければ見つけるのが困難と思われ、故に食材としてメジャーなれなかったのではないでしょうか。

>ちなみに 紫蘭の説明になっちゃってますですよ。ボソボソ

ありがとう・・・ボソボソ
Posted by noodles at 2011.07.10 21:41 | 編集
ロッキーママさん

>これは野生ですか。
今、コーンサラダ(マーシュ)と云う名前で大手の種苗会社がタネを販売して人気がありますね。

ほう・・・

>デパートの野菜売り場でも葉をパック入りで売っていますね。
食べた事はないですが、栄養分が豊富でクセの無い味だそうです。

へ~っ!
ではまず買ってきたものを食べてみようと思います。
僕もゴローさんも初めてだったので発見時は食用とは知らず・・・
今春はゴローさんに教わり随分色々なものを食したのですが・・・

>花は夜空の星みたいですね。

これもカメラのおかげ。
肉眼ではよくわかりません。
Posted by noodles at 2011.07.10 21:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。