--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.05.16

点描、春/其の五十

※画像クリックで、正規サイズになります
00okawaji_11_05_16.jpg
【オオカワジシャ】
大川萵苣。ゴマノハグサ科クワガタソウ属。
アジア北部、ヨーロッパ原産。

初登場。5月3日撮影。多摩川にて。
花言葉:向こう見ずな性格

01okawaji_11_05_16.jpg



03kawaji_11_05_16.jpg
【カワジシャ】
川萵苣。ゴマノハグサ科クワガタソウ属。日本原産。準絶滅危惧(NT)。

初登場。4月29日撮影。旧芝離宮恩賜庭園にて。
花言葉:内向的でおとなしい

02kawaji_11_05_16.jpg

外来種のオオカワジシャに比べ花部が小さくて色が淡く、
葉の周囲のギザギザが目立つ。










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/885-6c063833
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
多摩川での初めての出会いの植物の一つですね。
オオカワヂシャもカワヂシャも初めましてです。可愛いですねぇ。
オオカワヂシャの花はオオイヌノフグリに似て見えます。
科が同じだから似ている面もあるのでしょうね。
あらら、日本原産のカワヂシャのほうは絶滅危惧種ですか。
そこのところもイヌノフグリとオオイヌノフグリを思い出します…
消えずに残ってくれるといいですね。いつか会ってみたいです。

そうそう、ノヂシャには会いましたが、あちらはオミナエシ科ですね。
Posted by ポージィ at 2011.05.16 15:18 | 編集
ポージィさん

>多摩川での初めての出会いの植物の一つですね。
オオカワヂシャもカワヂシャも初めましてです。可愛いですねぇ。
オオカワヂシャの花はオオイヌノフグリに似て見えます。
科が同じだから似ている面もあるのでしょうね。

いや~、我が愛するオオイヌノフグリですが、ゴマノハグサ科は奥が深いですね。
芝離宮で在来種のカワジシャに出逢ったわけですが、冊の中に入って撮っていたら、すかさず係の方に注意されまして・・・
接写まで至りませんでした。

>あらら、日本原産のカワヂシャのほうは絶滅危惧種ですか。
そこのところもイヌノフグリとオオイヌノフグリを思い出します…
消えずに残ってくれるといいですね。いつか会ってみたいです。

先週、ゴローさんが単独で多摩川に出かけたとき、在来種と外来種の両方が咲いていたそうです。

>そうそう、ノヂシャには会いましたが、あちらはオミナエシ科ですね。

そうですか。
実は僕らも今春初めてノジシャに出逢いました。
荒川と多摩川で見つけたのですが、何故いままで出逢っていなかったのかが不思議だと、ゴローさんと話していたところです。
ポージィさんも初めてですか?
Posted by noodles3 at 2011.05.22 18:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。