--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.02.21

点描、冬/其の四十一

※画像クリックで、正規サイズになります
00rakuyu_11_02_21.jpg
【ラクウショウ】
落羽松。ヌマスギ(沼杉)とも。スギ科ヌマスギ属。北米原産。

初登場。2月16日撮影。新宿御苑にて。

ラクウショウの呼吸根。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/831-9d1d8053
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
切り株かと思いました。
呼吸根から芽が出てくるのでしょうか?

呼吸根がある植物は、水辺にあるのが普通ですが、ここは土ですよね。
土に生えているのにも呼吸根が必要なのですか。
不思議な木ですね。
調べてきます。
Posted by ロッキーママ at 2011.02.21 15:48 | 編集
新宿御苑にはラクウショウも植えられているのですね。
しかも呼吸根がこんなににょきにょきと!
いろんな形や大きさがあって、ひとつひとつじっくり見ていくと
とても面白いですね。
だんだん、アルゼンチンの草原に無数に立つ蟻塚のようにも、
山水画のとんがった岩山のようにも見えてきました。

背景に木道の一部のようなものが少し見えていますが、
湿地か水辺に近い一角なのでしょうか。

Posted by ポージィ at 2011.02.21 16:14 | 編集
ロッキーママさん

>切り株かと思いました。
呼吸根から芽が出てくるのでしょうか?

>呼吸根がある植物は、水辺にあるのが普通ですが、ここは土ですよね。
土に生えているのにも呼吸根が必要なのですか。
不思議な木ですね。
調べてきます。

この周りは池です。
ひょっとしたら普段はここも湿地なのかも知れません。
あまりに異景だったので、思わず撮ってしまいました。
Posted by noodles3 at 2011.02.24 21:11 | 編集
ポージィさん

>新宿御苑にはラクウショウも植えられているのですね。
しかも呼吸根がこんなににょきにょきと!
いろんな形や大きさがあって、ひとつひとつじっくり見ていくと
とても面白いですね。
だんだん、アルゼンチンの草原に無数に立つ蟻塚のようにも、
山水画のとんがった岩山のようにも見えてきました。

上部右に見えているのが本株ですが、なんとも不思議な景色でしょう?
びっくりしました。

>背景に木道の一部のようなものが少し見えていますが、
湿地か水辺に近い一角なのでしょうか。

周囲が池なので、普段は湿地なのかもしれません。
この日は以前にも披露しましたが池に氷がはっていた日ですから。
Posted by noodles3 at 2011.02.24 21:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。