--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.01.12

点描、冬/其の十三

※画像クリックで、正規サイズになります
00kogama_11_01_12.jpg
【コガマ】
小蒲、ミスグサ(御簾草)とも。ガマ科ガマ属。
原産は日本を含む北半球の温帯一体。

12月23日撮影。自然教育園にて。
花言葉:予言、従順、救護

01kogama_11_01_12.jpg
2010年7月31日撮影。

02kogama_11_01_12.jpg









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/803-4a6ffd3c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ガマを見ると、頭の中をこの曲が流れてきます。

「ガマの穂綿に包まれば うさぎは元の白うさぎ」

今日は眠るまで、この曲を歌っているでしょう。

フワフワを触りたいです。
Posted by ロッキーママ at 2011.01.12 15:22 | 編集
ガマの穂が 飛んでいく跳んでいく…
昨冬、地面に落ちたものは見ましたが、本来は茎についている状態で
こんな風に飛んでいくんですね。ススキの穂とともに輝いていますね。
3枚目の右上の白っぽいものは今まさに飛んでいく綿毛、ですか?
見せていただいて感動です(^^)

花言葉の救護には因幡の白兎を思い出します。
Posted by ポージィ at 2011.01.12 17:40 | 編集
ロッキーママさん

>ガマを見ると、頭の中をこの曲が流れてきます。

「ガマの穂綿に包まれば うさぎは元の白うさぎ」

今日は眠るまで、この曲を歌っているでしょう。

フワフワを触りたいです。

ロッキーママさんも訪れたので、おわかりだと思いますが、ガマの綿毛がそこら中に舞い飛び、この時期は幻想的なまでの冬景色になります。
まあ、それ以外はな~んにもないのですが、昨年知ってからこのためだけに足を運んでしまいます。
Posted by noodles3 at 2011.01.15 21:57 | 編集
ポージィさん

>ガマの穂が 飛んでいく跳んでいく…
昨冬、地面に落ちたものは見ましたが、本来は茎についている状態で
こんな風に飛んでいくんですね。ススキの穂とともに輝いていますね。
3枚目の右上の白っぽいものは今まさに飛んでいく綿毛、ですか?
見せていただいて感動です(^^)

3枚目の飛んでいる綿毛、おわかりになってくれたんですね。
実際は辺りに綿毛が飛び交い、幻想的ですらあります。
シャッタースピードを変えながら、何枚も撮ったのですが残念ながら巧くその感じには取れませんでしたが・・・

>花言葉の救護には因幡の白兎を思い出します。

僕もです。
Posted by noodles3 at 2011.01.15 22:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。