--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.22

点描、冬/其の六

※画像クリックで、正規サイズになります
00kuroho_10_12_22.jpg
【アップル・オブ・ペルー】
黒ホオズキ(鬼灯・酸漿)。オオセンナリ(大千成)。センアリホオズキ(千成酸漿)とも。
ナス科オオセンナ属。園芸品種。

初登場。12月19日撮影。駒場東大前にて。

01kuroho_10_12_22.jpg

02kuroho_10_12_22.jpg

名も花も実もホオズキだが、ホオズキ属ではない。



03shokuyouho_10_12_22.jpg
【ストロベリートマト】
食用ホオズキ(鬼灯・酸漿)。ナス科ホオズキ属。東南アジア原産。

初登場。12月5日撮影。中目黒公園にて。

04shokuyouho_10_12_22.jpg

ホオズキ花言葉:心の平安、不思議、自然美、私を誘って下さい、頼りない、半信半疑、いつわり、欺瞞









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/796-61fb4a58
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今日はポージィさんもホウズキですね。

これは見た事がないです。
花も実も、綺麗な色ですね。
ブルーと黒の組み合わせが大人の色で好みです。
植えてみたいです。

ストロベリートマトの花は綺麗な色ですが、実がもう少し綺麗だと良いのですが。

持って来た沈丁花に蕾がつきました。
春が楽しみです。

Posted by ロッキーママ at 2010.12.22 15:34 | 編集
あ、ほんと ナス科のホオズキ仲間ですね~(^^)
アップル・オブ・ペルー の方はあまり近いお仲間ではない
のかもしれませんが、実の生り方はイヌホオズキ以上に
ホオズキそっくりですね。 こんな方には会ったことがありませんよ。
珍しいですね。ダークな大人の魅力。でもちょっと朝鮮朝顔に
感じるのと似た毒々しさも感じます。
花は綺麗ですね。大きさは違えどオオイヌノフグリの花に似てますね。

ストロベリートマトこと食用ホオズキもまだ会ったことがありません。
こちらの花はアオイ科の花に似て見えます。
手に持っていらっしゃるこの実は、この後お口の中へと消えたのでしょうか? 
Posted by ポージィ at 2010.12.22 16:59 | 編集
ロッキーママさん

>今日はポージィさんもホウズキですね。

>これは見た事がないです。
花も実も、綺麗な色ですね。
ブルーと黒の組み合わせが大人の色で好みです。
植えてみたいです。

いかにも園芸種な容姿ですが、仰るように大人っぽいですね。

>ストロベリートマトの花は綺麗な色ですが、実がもう少し綺麗だと良いのですが。

熟す前はグリーンで、写真の状態が食べごろの色です。
以前、八ヶ岳で買ったことがある食用ホオズキもこんな色でした。

>持って来た沈丁花に蕾がつきました。
春が楽しみです。

それはそれは楽しみですね!
Posted by noodles3 at 2010.12.27 13:39 | 編集
ポージィさん

>あ、ほんと ナス科のホオズキ仲間ですね~(^^)
アップル・オブ・ペルー の方はあまり近いお仲間ではない
のかもしれませんが、実の生り方はイヌホオズキ以上に
ホオズキそっくりですね。 こんな方には会ったことがありませんよ。
珍しいですね。ダークな大人の魅力。でもちょっと朝鮮朝顔に
感じるのと似た毒々しさも感じます。
花は綺麗ですね。大きさは違えどオオイヌノフグリの花に似てますね。

この日はゴローさんに東大周辺を案内してもらったんですが、このクロホオズキを見つけたとき、はて?とふたりで顔を見合わせました。思ったより容易に同定できましたが。

>ストロベリートマトこと食用ホオズキもまだ会ったことがありません。
こちらの花はアオイ科の花に似て見えます。
手に持っていらっしゃるこの実は、この後お口の中へと消えたのでしょうか

はい。
あまりに美味しくて後日また食べに行ったんですが、食べごろのものがありませんでした。
きっと食べごろのものは、すぐに僕のようなヤカラにつまみ食いされてしまうのでしょうね・・・
Posted by noodles3 at 2010.12.27 13:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。