--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.23

点描、秋/其の四十七

※画像クリックで、正規サイズになります
00hosihou_10_11_23.jpg
【ホシホウジャク】
スズメガ科ホシホウジャク属。


【タイアザミ】
泰薊。トネアザミ( 利根薊)とも。キク科アザミ属。日本原産。

11月3日撮影。自然教育園にて。
花言葉:独立、厳格、人ぎらい、報復









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/774-cb8ea521
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ハチ?ですか。あっ、ガですか。
蜘蛛の巣を避けながら花に向かうのは、勇気が必要ですね。

アザミのピンクが緊迫した写真をやわらげています。

アザミはトゲトゲしているのに花が可愛いですよね。



Posted by ロッキーママ at 2010.11.23 15:12 | 編集
ホシホウジャクのホバリング、よくお撮りになれましたね!
そういえば私は今年はホシホウジャクもオオスカシバも
1度も見かけなかった気がします。このお仲間の目にもとまらぬ
速さのホバリングや海老のような形はとても面白くて
会うのが結構楽しみなのですが。

アザミのお仲間はタイアザミ別名トネアザミということは、
先だって私が林の縁で咲くのを撮ったものと同じかもしれない
のですね。こんな花言葉があったとは。
虫さんたちに大人気のアザミのお仲間にはちょっとそぐわない気もします。
Posted by ポージィ at 2010.11.24 10:21 | 編集
ロッキーママさん

>ハチ?ですか。あっ、ガですか。
蜘蛛の巣を避けながら花に向かうのは、勇気が必要ですね。

蜂のようにホバリングしながら花から花へ飛ぶ、ホシホウジャク。ご覧になったことありませんか?
都会のちょっとした花壇などでも見られます。

>アザミのピンクが緊迫した写真をやわらげています。
>アザミはトゲトゲしているのに花が可愛いですよね。

晩秋の彩りのベストワンではないでしょうか。
Posted by noodles3 at 2010.11.24 14:50 | 編集
ポージィさん

>ホシホウジャクのホバリング、よくお撮りになれましたね!
そういえば私は今年はホシホウジャクもオオスカシバも
1度も見かけなかった気がします。このお仲間の目にもとまらぬ
速さのホバリングや海老のような形はとても面白くて
会うのが結構楽しみなのですが。

昨年初めてホシホウジャクを見つけたときから、何枚撮ったことでしょうか。全滅でしたが今回たった一枚だけアップできる写真が撮れたのです。
オオスカシバはまだ逢っていませんが、先日目黒川の緑堂でもホシホウジャクを目撃しました。
幼虫はクチナシの葉だけを食べるそうですが、けっこう身近な存在なんですね。
僕も姿や飛ぶ様子が面白く、見つけるとカメラを向け玉砕しています。

>アザミのお仲間はタイアザミ別名トネアザミということは、
先だって私が林の縁で咲くのを撮ったものと同じかもしれない
のですね。こんな花言葉があったとは。
虫さんたちに大人気のアザミのお仲間にはちょっとそぐわない気もします。

僕の中ではタイアザミは背が高いというイメージがあります。
自然植物園のはプレートが立っていますし、同園の他のアザミと比べてみれるので、背が高いという認識をしていますが、野原でこれに出逢って即座に同定できる自信はありません。
花言葉は、攻撃的な葉の形状からでしょうか。
花はほんとに美しくて、群生しているとなんともユーモラスな可愛らしさがあります。
Posted by noodles3 at 2010.11.24 15:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。