--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.08

点描、秋/其の三十六

※画像クリックで、正規サイズになります
00shouki_10_11_08.jpg
【ショウキズイセン】
鐘馗水仙。ショウキラン(鐘馗蘭)とも。
ヒガンバナ科リコリス(ヒガンバナ)属。日本、台湾、中国原産。

10月24日撮影。北鎌倉円覚寺にて。
花子言葉:悲しい思い出、追想、深い思いやり

01shouki_10_11_08.jpg

02shouki_10_11_08.jpg









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/763-bbf3dde4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ちょっと、もの悲しい色の花ですね。
見ていると何か悲しくなってきます。
不思議な花ですね。
儚げな感じなのかな。
淋しげなのかな。
何か心がざわつく花です。

今日、中目黒公園に寄れませんでした。
起床したのが遅く、時間がなくなりました。
せっかく教えて戴いたのに、次は27日か来月になってしまいます。
何か花は咲いているでしょうかね。

Posted by ロッキーママ at 2010.11.08 15:21 | 編集
ショウキズイセン… 今年は一度も見ていません。
オレンジ色のようなショウキズイセンですね。
秋も深まったこの時期に見るからでしょうか、
私の目にもなぜか物悲しく映ります。
花言葉のせいもあるかもしれません。
人は悲しみを経験してこそ人を心底思いやる優しさをもてる
そう言われているような気がします。

この花色と真っ赤な彼岸花から、白花の彼岸花が生まれたのが
やっぱり不思議な気がします。
Posted by ポージィ at 2010.11.08 16:00 | 編集
ロッキーママさん

>ちょっと、もの悲しい色の花ですね。
見ていると何か悲しくなってきます。
不思議な花ですね。
儚げな感じなのかな。
淋しげなのかな。
何か心がざわつく花です。

そうですか。
見た目は派手でしたけれど・・・
撮っている僕にも問題があるのかも知れません。

>今日、中目黒公園に寄れませんでした。
起床したのが遅く、時間がなくなりました。
せっかく教えて戴いたのに、次は27日か来月になってしまいます。
何か花は咲いているでしょうかね。

たぶんごく一般的な花壇の花しかないと思います。
来春になさったほうがいいかも知れません。
Posted by noodles3 at 2010.11.09 18:59 | 編集
ポージィさん

>ショウキズイセン… 今年は一度も見ていません。
オレンジ色のようなショウキズイセンですね。
秋も深まったこの時期に見るからでしょうか、
私の目にもなぜか物悲しく映ります。
花言葉のせいもあるかもしれません。
人は悲しみを経験してこそ人を心底思いやる優しさをもてる
そう言われているような気がします。

そもそも人間世界には、何故ことごとく対極が存在するのでしょうね・・・

>この花色と真っ赤な彼岸花から、白花の彼岸花が生まれたのが
やっぱり不思議な気がします。

赤と黄色から白が生まれるのは、僕にも何がなんだかわかりませんが、DNAレベルの話なんでしょうね。
Posted by noodles3 at 2010.11.09 19:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。