--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.21

点描、秋/其の七

※画像クリックで、正規サイズになります
00tamasu_10_09_21.jpg
【タマスダレ】
玉簾。ゼフィランサス、カンジダ、レインリリーとも。
ヒガンバナ科ゼフィランサス属。中南米(ペルー、西インド諸島)。

9月12日撮影。鎌倉大巧寺にて。
花言葉:汚れなき愛、潔白な愛、期待

タマスダレ詳細









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/734-e1db2235
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
タマスダレ、可愛いです。
この可愛い白い花はまさに「汚れなき愛」という感じですね。
まとまって咲くとブーケのようですよね。…と思って記事にした
ことがあったような。 感じ方に進展なしです(^^;)
丈夫で植えっぱなしでもよく増えよく咲くと読んだ覚えがありますが、
残念ながらご近所で毎年見ていたものはかなり減ってしまっています。
これから半年間思いっきり日当たりの悪いわが庭でも耐えるかしら?
試してみたい気もします。
Posted by ポージィ at 2010.09.21 15:55 | 編集
こんにちは。
やっと引っ越しが終わりました。
また、よろしくお願いします。

タマスダレは石垣や芝生の淵で咲いていると、ドキッとするような美しさがあります。
他の白花より透明感のある白さが、惹きつけられるのでしょうか。
汚れなき愛、そのものですね。
Posted by ロッキーママ at 2010.09.21 16:22 | 編集
ポージィさん

>タマスダレ、可愛いです。
この可愛い白い花はまさに「汚れなき愛」という感じですね。
まとまって咲くとブーケのようですよね。…と思って記事にした
ことがあったような。 感じ方に進展なしです(^^;)
丈夫で植えっぱなしでもよく増えよく咲くと読んだ覚えがありますが、
残念ながらご近所で毎年見ていたものはかなり減ってしまっています。
これから半年間思いっきり日当たりの悪いわが庭でも耐えるかしら?
試してみたい気もします。

求婚とはいえ常緑多年草ですから、僕の周りでも一時随分増えましたが、ポージィさんと同じで、今年はまだ群生を見かけません。まだ早いおかな?

毒草なのに、花言葉は純真なものが冠してありますね。
毒のあるものは美しく、騙されやすい?
Posted by noodles3 at 2010.09.21 18:52 | 編集
ロッキーママさん

>こんにちは。
やっと引っ越しが終わりました。
また、よろしくお願いします。

おお、無事引っ越し完了されたのですね。
奥も数度経験していますが、引っ越しはパワーがいりますよね。
お疲れさまでした。

>タマスダレは石垣や芝生の淵で咲いていると、ドキッとするような美しさがあります。
他の白花より透明感のある白さが、惹きつけられるのでしょうか。
汚れなき愛、そのものですね。

そうですね。
いよいよ彼岸花科の季節になってしましました。
楽しみな反面、一年の終焉に向かう物悲しさもあります。

新天地での秋。
楽しみですね。
Posted by noodles3 at 2010.09.21 18:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。