--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.07.15

点描、夏/其の二十七

※画像クリックで、正規サイズになります
00tomoesou_10_07_15.jpg
【トモエソウ】
巴草。クサビヨウ(草未央)とも。オトギリソウ科オトギリソウ属。
中国原産。

初登場。7月2日撮影。自然教育園にて。

花は5~6センチほど。対生し、茎を抱く細い葉。背丈は1メートル前後。

オトギリソウの仲間でも、このトモエソウの唯一の特徴が、
花弁が巴(卍)形に曲がっているところなそうな。

01tomoesou_10_07_15.jpg

初めて見ましたが、スッキリした潔い姿だと思いました。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/690-decde5ce
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
凛とした花ですね。
見た事はありませんが、オトギリソウより品がある感じがします。
花弁がねじれるのも変わっていますね。
見てみたい花です。

Posted by ロッキーママ at 2010.07.15 15:58 | 編集
オトギリソウのお仲間にはこんな花もあるんですね。
すっきりとした立ち姿には、イメージとして巴御前を
思い起こさせられます。
花がねじれているからトモエソウなんですね。
仲間の中で、トモエソウだけが花弁のねじれという選択をした訳を
当人に尋ねてみたいものです。
Posted by ポージィ at 2010.07.15 16:48 | 編集
ロッキーママさん

>凛とした花ですね。
見た事はありませんが、オトギリソウより品がある感じがします。
花弁がねじれるのも変わっていますね。
見てみたい花です。

実際見て思いましたが、オトギリソウより清楚に見えるのは、やはり葉の形状だと思います。オトギリソウの先の丸い葉と違い、全体にすっきりした印象を受けますね。

何度となく脚を運ぶ自然教育ですが、ちょっとのタイミングで新たな花に出逢うので、なかなか楽しめます。
最も猛暑の中「空振り」の日もあり、大汗かいただけって時もあるのですが・・・
Posted by noodles3 at 2010.07.16 13:27 | 編集
ポージィさん

>オトギリソウのお仲間にはこんな花もあるんですね。
すっきりとした立ち姿には、イメージとして巴御前を
思い起こさせられます。

なるほど。
色味もオトギリソウに比べて、レモンイエロー系ですっきりしていました。

>花がねじれているからトモエソウなんですね。
仲間の中で、トモエソウだけが花弁のねじれという選択をした訳を
当人に尋ねてみたいものです。

ものの本によると・・・

地球の自転の影響ではないか?
昆虫の目を回すためだ。
な~んて、勝手な推測をするには格好の花です。

とのことです(笑)。
Posted by noodles3 at 2010.07.16 13:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。