--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.05.20

点描、春/其の五十六

※画像クリックで、正規サイズになります
00kituneazami_10_05_20.jpg
【キツネアザミ】
狐薊。ヒメアザミ、キツネノマユハケとも。キク科キツネアザミ属。
朝鮮または中国原産。

5月3日撮影。横浜市栄区田谷町にて。
花言葉:嘘は嫌い

今年もこの史前帰化植物を鑑賞しました。
ぼさぼさのピンクのウィッグが、なんとも個性的です。

01kituneazami_10_05_20.jpg









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/647-23dc1013
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ボサボサ感とピンク色が可愛いです。

時々突然咲き出しますね。
でも翌年芽が出てこない不思議な花です。

今年は散歩道にも咲いていないです。
どこに咲いているのかな。


Posted by ロッキーママ at 2010.05.20 15:44 | 編集
あ、私は今年これ境川沿いを歩いていていくつか見かけました。
写真には撮れなかったのですが、可愛いなぁ~と眺めてきました。
ぼさぼさのピンクのウィッグ 確かにそうですね。
これにも顔を描かなくっちゃ、です。
また見たくなりました。

キツネアザミ、とまるで騙しを仕掛けてきそうな名前にしつつ
花言葉は「嘘は嫌い」なんですね。

Posted by ポージィ at 2010.05.20 16:09 | 編集
ロッキーママさん

>ボサボサ感とピンク色が可愛いです。

愛嬌のある花ですよね!

>時々突然咲き出しますね。
でも翌年芽が出てこない不思議な花です。

調べたら「越年性の1年草本」のようです。

>今年は散歩道にも咲いていないです。
どこに咲いているのかな。

史前から帰化していたのですから、きっとどこかに咲いているのではないでしょうか。
僕の場合、よくいく近所の田んぼ脇に姿を現します。
Posted by noodles3 at 2010.05.21 11:42 | 編集
ポージィさん

>あ、私は今年これ境川沿いを歩いていていくつか見かけました。
写真には撮れなかったのですが、可愛いなぁ~と眺めてきました。
ぼさぼさのピンクのウィッグ 確かにそうですね。
これにも顔を描かなくっちゃ、です。
また見たくなりました。

川沿いで撮影付加でしたか。。
そういうことって、よくありますね。
「顔」(笑)。
ちょくちょくポージィさんのブログで、顔のある植物が登場しそうですね。

>キツネアザミ、とまるで騙しを仕掛けてきそうな名前にしつつ
花言葉は「嘘は嫌い」なんですね。

他のアザミの棘に対し、唯一キツネアザミは棘がありません。
手元の図鑑によると、、、

昔々狩人に追われたキツネが、アザミの中に飛び込みアザミに化けたのだそうですが、このキツネくん「棘まで再現しなかった」そうで、キツネアザミになったそうな。

棘のないことを表した寓話なんでしょうけど、キツネのように人をバカしちゃいけないということなんでしょうね。
ポージィさんの意見はあながち離れていませんね♪
Posted by noodles3 at 2010.05.21 11:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。