--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.05.11

点描、春/其の四十九

※画像クリックで、正規サイズになります
00jyuni_10_05_11.jpg
【セイヨウジュウニヒトエ】
西洋十二単。アジュガ、セイヨウキランソウとも。
シソ科キランソウ属。ヨーロッパ、中欧アジア原産。

4月17日撮影。北鎌倉東慶寺にて。

01jyuni_10_05_11.jpg

今年も東慶寺の見事な群生を捉えました。
しかし、である。
その翌日、薬師池公園で自生種のアジュガに出逢いました!
まだ咲きはじめでしたが、嬉しいです♪

02jyuni_10_05_11.jpg

03jyuni_10_05_11.jpg
【ジュウニヒトエ】
十二単。アジュガとも。シソ科キランソウ属。日本原産。

初登場。4月18日撮影。










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/639-c7d92162
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
並べて見ると違いが判りますね。

セイヨウジュウニヒトエは華やかで目立ちますが、本家のジュウニヒトエは地味だけど凛とした美しさがあります。

今年はどれも花つきが良いですね。
色も綺麗ですし。

うちも斑入りのセイヨウジュウニヒトエが咲いています。
もう少し花色が薄いですが、華やかですよ。
Posted by ロッキーママ at 2010.05.11 16:24 | 編集
東慶寺の西洋十二単の群生は見事ですねぇ。こんなにたくさん!
このブルーの花色と紫っぽい暗い色の葉の組み合わせがいいなと
思っています。
薬師池公園で在来種の十二単もご覧になれたんですね。
西洋さんに会われた翌日だったとは、まるで見えぬ糸に導かれたかのよう。
在来種は離れて見ると目立ちませんが、近寄ってみると美しい花だと
いうことがよく分かりますね。私もいつか実物に会ってみたいです。
Posted by ポージィ at 2010.05.11 17:17 | 編集
ロッキーママさん

>並べて見ると違いが判りますね。

>セイヨウジュウニヒトエは華やかで目立ちますが、本家のジュウニヒトエは地味だけど凛とした美しさがあります。

大体の「セイヨウ」とつく花は、在来種より派手な場合が多いですよね。何故でしょうね。植物学的根拠が知りたいものです。

>今年はどれも花つきが良いですね。
色も綺麗ですし。

>うちも斑入りのセイヨウジュウニヒトエが咲いています。
もう少し花色が薄いですが、華やかですよ。

斑入りですか。
東慶寺のものは、特に色が濃いような気がします。土壌のせいでしょうかね。
今春は、どの花も生き生きしています♪
Posted by noodles3 at 2010.05.12 15:20 | 編集
ポージィさん

>東慶寺の西洋十二単の群生は見事ですねぇ。こんなにたくさん!
このブルーの花色と紫っぽい暗い色の葉の組み合わせがいいなと
思っています。

GW中の鎌倉散歩では、東慶寺には行かなかったでしょうか? 週末行くたびに必ず「庭師」の方が手入れをしていますが、ジュウニヒトエが好きなのでしょうか?(笑)
そりゃ見事な群生になっていますよ~♪

>薬師池公園で在来種の十二単もご覧になれたんですね。
西洋さんに会われた翌日だったとは、まるで見えぬ糸に導かれたかのよう。
在来種は離れて見ると目立ちませんが、近寄ってみると美しい花だと
いうことがよく分かりますね。私もいつか実物に会ってみたいです。

少し早かったので、先日ゴローさんがアップしていたほど、まだ茎が伸び切っていませんでした。
写真で並べてもそうですが、セイヨウさんとは圧倒的に趣が違いました。
Posted by noodles3 at 2010.05.12 15:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。