--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.28

点描、春/其の四十三

※画像クリックで、正規サイズになります
00obabenikasi_10_04_21.jpg
【オオバベニガシワ】
大葉紅柏。オオバアカメガシワ(大葉赤芽柏)とも。
トウダイグサ科オオバベニガシワ属。


初登場。
雄雌同株異花とのことで、
実は2年前からず~っと雌花を探し続けていました。

01obabenikasi_10_04_21.jpg

上の2枚が雄花(4月17日撮影)。
北鎌倉東慶寺のものですが、何故か雌花がつきません。

下が雌花(4月24日撮影)。
鎌倉長谷の光則寺のものですが、
こちらは雌花しかついていませんでした??

02obabenikasi_10_04_21.jpg










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/633-d9f11d2c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
時々見かけますが、オオバベニガシワと云う花ですか。
花?ではないですね。

雄花も雌花も虫の固まりみたいですね。
葉の色がとても綺麗なのに、花が残念です。
でもなぜ雌雄同株異花なのに、どちらかの花しか付かないのでしょう。
不思議ですね。

緑が多いこの時期、赤が遠くから見ても目立ちます。
お庭に植えてみたい気もします。
Posted by ロッキーママ at 2010.04.28 15:54 | 編集
オオバベニガシワ、これも春のものですね!
春の花、というより春の葉、という感じですが。
うちから駅へ行くときに通る道沿いのお宅に植えられていて、
毎年綺麗な葉を見ていますが、立ち止まって観察すると
お宅を覗くような格好になるので花は見た事がありません。
あそこのには雄花雌花両方咲いているのかしら??
ぶつぶつとピロピロを見定めれば雄花か雌花か判別できますね。
次の機会にはゆっくり歩いてその辺りに注目してみます。

noodlesさんがご覧になった2ヶ所のは、それぞれ、片方の花しか
咲いていなかったんですね。
検索してみたところ、東慶寺で雄花雌花両方撮っていらっしゃる
ものがありました。
ときには雄花雌花が別の枝に咲くこともある、とも書かれていましたが…
オオバベニガシワには何か考えあっての事かもしれません ??
Posted by ポージィ at 2010.04.28 17:26 | 編集
ロッキーママさん

>時々見かけますが、オオバベニガシワと云う花ですか。
花?ではないですね。

>雄花も雌花も虫の固まりみたいですね。
葉の色がとても綺麗なのに、花が残念です。
でもなぜ雌雄同株異花なのに、どちらかの花しか付かないのでしょう。
不思議ですね。

確かに雄花は「虫っぽい」かも知れませんね(笑)。
やっと探し出した雌花ですが、僕はなかなか可愛いなあ、と思っています!
雄花・雌花が揃ってついていてくれたら3年がかりで探さなくてもよかったのに・・・
何故か、、、息子的なものいいでいうと、まあこれも修行というところでしょうか(苦笑)。

>緑が多いこの時期、赤が遠くから見ても目立ちます。
お庭に植えてみたい気もします。

検索していたら、やはり花ではなく、春のこの鮮やかな赤い葉を楽しむために、庭に植える方が多いのだそうですよ♪
Posted by noodles3 at 2010.04.30 12:39 | 編集
ポージィさん

>オオバベニガシワ、これも春のものですね!
春の花、というより春の葉、という感じですが。
うちから駅へ行くときに通る道沿いのお宅に植えられていて、
毎年綺麗な葉を見ていますが、立ち止まって観察すると
お宅を覗くような格好になるので花は見た事がありません。
あそこのには雄花雌花両方咲いているのかしら??
ぶつぶつとピロピロを見定めれば雄花か雌花か判別できますね。
次の機会にはゆっくり歩いてその辺りに注目してみます。

僕のフィールドでは、染井吉野開花中から真っ赤な葉が主張し、ロッキーママさんいうところの「虫っぽい雄花」が俄然主張し始めます。
ポージィさんも是非観察してみて下さい。(怪しまれない程度に(笑))。。

>noodlesさんがご覧になった2ヶ所のは、それぞれ、片方の花しか
咲いていなかったんですね。
検索してみたところ、東慶寺で雄花雌花両方撮っていらっしゃる
ものがありました。
ときには雄花雌花が別の枝に咲くこともある、とも書かれていましたが…
オオバベニガシワには何か考えあっての事かもしれません ??

そうですか。わざわざ調べていただき恐縮です。
雌花が枝を異にするという記述は僕も見ていて、東慶寺で眼をさらにして観察し続けたし、雌花のほうが遅くからつくのかとも思い、昨年も何度か脚を運んだのですが・・・

場所は異にしましたが、とりあえず3年越しの雌花確認を果たしたので胸のつかえは降りました~♪
Posted by noodles3 at 2010.04.30 12:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。