--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.22

点描、春/其の四十

※画像クリックで、正規サイズになります
00ikari_10_04_22.jpg
【イカリソウ】
碇草。メギ科イカリソウ属。北アフリカ原産。

3月31日撮影。自然教育園にて。
花言葉:あなたを捕える、君を離さない、人生の出発

4月4日撮影。薬師池公園にて。
01ikari_10_04_22.jpg

4月18日撮影。北鎌倉円覚寺松嶺院にて。
02ikari_10_04_22.jpg

一枚目と三枚目は、ゲンペイイカリソウ(源平碇草)。
二枚目が、トキワイカリソウ(常磐碇草)。

ラストは、
ゲンペイイカリソウ・ウラシマソウ・ジロボウエンゴサクの
スリーショット♪

4月13日撮影。自然教育園にて。
03ikari_10_04_22.jpg
【ウラシマソウ】
浦島草。サトイモ科テンナンショウ属。日本原産。











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/630-94beb987
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ゲンペイイカリソウは初めて見ました。
華やかな花ですね。
トキワイカリソウの方が見る事が多いです。

スリーショットは珍しいですね。
ウラシマソウは、自然では見なくなりました。
子供の頃は山で良く見かけたのに。

うちは薬師池公園とは逆側です。
小田急線の町田駅と玉川学園駅の中間です。

Posted by ロッキーママ at 2010.04.22 15:18 | 編集
イカリソウもまだ会う機会を持てずにいる花です。いかにも錨という形が
面白いですね。いかにも、の花言葉にもクスリと笑えます。
ゲンペイイカリソウはピンクと白の2色使いだから?
鎌倉でご覧になってゲンペイとくると源平しか考えられなくなります。
トキワイカリソウは真っ白が美しいですね。葉の、緑とその縁の色が
真っ白の花の美しさを際立たせていると感じます。

最後のスリーショットは渋いですねぇ。これぞ日本の山野の寄せ植え
という感じです。こういうのもいいなぁと思えるようになったのは、
この数年のこと。年齢的なこともあるのでしょうね。
Posted by ポージィ at 2010.04.22 17:16 | 編集
ロッキーママさん

>ゲンペイイカリソウは初めて見ました。
華やかな花ですね。
トキワイカリソウの方が見る事が多いです。

そうですか?
僕の場合だと白花の方が希少ですよ!
やはり散歩道に咲いてるんですか?
だとしたら、、、
僕にとっては自然保護区内に住んでいるような環境です。

>スリーショットは珍しいですね。
ウラシマソウは、自然では見なくなりました。
子供の頃は山で良く見かけたのに。

僕の場合、お寺以外だと、野生化したものが何カ所かで観れます。
多分この花のことを知らない人がほとんどですから、逆に繁殖しやすいのではないでしょうか。

今年はアイフィールドでも、どこも繁殖率が例年より上がっています。

>うちは薬師池公園とは逆側です。
小田急線の町田駅と玉川学園駅の中間です。

なるほど。
今度遊びに行って、みます(笑)。
Posted by noodoles3 at 2010.04.24 00:29 | 編集
ポージィさん

>イカリソウもまだ会う機会を持てずにいる花です。いかにも錨という形が
面白いですね。いかにも、の花言葉にもクスリと笑えます。
ゲンペイイカリソウはピンクと白の2色使いだから?
鎌倉でご覧になってゲンペイとくると源平しか考えられなくなります。
トキワイカリソウは真っ白が美しいですね。葉の、緑とその縁の色が
真っ白の花の美しさを際立たせていると感じます。

特徴的な観点で一応ゲンペイとトキワと分類しましたが、園芸種の可能性もあるかも知れません。。
白花は僕にも珍しく、まだ咲初めでした。
再訪したときは、ちょっと遅かったです。難しいです・・・

>最後のスリーショットは渋いですねぇ。これぞ日本の山野の寄せ植え
という感じです。こういうのもいいなぁと思えるようになったのは、
この数年のこと。年齢的なこともあるのでしょうね。

そうですね。
ジロボウは繁殖で遭遇したと思われますが、ウラシマとイカリはちょっと演出されていますでしょうかね?(笑)
Posted by noodoles3 at 2010.04.24 00:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。