--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.21

点描、春/其の三十九

※画像クリックで、正規サイズになります
00yamabukisou_10_04_21.jpg
【ヤマブキソウ】
山吹草。クサヤマブキ(草山吹)とも。ケシ科クサノオウ属。日本原産。

4月13日撮影。自然教育園にて。
花言葉:すがすがしい明るさ

今週の黄色い花!

01yamabukisou_10_04_21.jpg










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/629-7e91a4db
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
すがすがしい明るさですね。
今日見てきたばかりです。
田舎である町田でも咲いていましたよ。(笑)
見ているだけで元気を貰えそうです。

昨日のスズランの別名君影草の由来ですが、
「葉の影に隠れるように咲く花を、殿方の影に寄り添う日本女性の風情を見立てた命名」だそうです。
命名者は不明だそうです。
Posted by ロッキーママ at 2010.04.21 15:53 | 編集
ヤマブキソウも昨年初めて出会えた花です。
先日のジロボウエンゴサクと同じ日に会ったんですよ。
木漏れ日の差し込む林床に小群生を作りながら点々と咲いていて、
パァッと明るくなっていて感動したものです。
その様子は、すがすがしい明るさの花言葉にふさわしいものでした。
今年は見られていませんが、お仲間のクサノオウは見てきました。

君影草の別名は、在来種のスズランに当てはまるものだそうですね。
最近見かけることの多いドイツスズランなどは、花が葉より上に出るので
当てはまらないんですって。
現代日本人女性も当てはまらないことが多いと思いますが(^^)
Posted by ポージィ at 2010.04.21 16:31 | 編集
ロッキーママさん

>すがすがしい明るさですね。
今日見てきたばかりです。
田舎である町田でも咲いていましたよ。(笑)
見ているだけで元気を貰えそうです。

あ、ご覧になられましたか!
田舎といえば、我が戸塚も郊外は田んぼだらけです。
寅年薬師観音御開帳巡礼で、町田も回ったのですが、薬師池周辺は山ですもんね。
ロッキーママさんのお宅は薬師池に近いのですか?

>昨日のスズランの別名君影草の由来ですが、
「葉の影に隠れるように咲く花を、殿方の影に寄り添う日本女性の風情を見立てた命名」だそうです。
命名者は不明だそうです。

なるほど。
調べていただき恐縮です。
ありがとうございました♪
Posted by noodles3 at 2010.04.22 12:23 | 編集
ポージィさん

>ヤマブキソウも昨年初めて出会えた花です。
先日のジロボウエンゴサクと同じ日に会ったんですよ。
木漏れ日の差し込む林床に小群生を作りながら点々と咲いていて、
パァッと明るくなっていて感動したものです。
その様子は、すがすがしい明るさの花言葉にふさわしいものでした。
今年は見られていませんが、お仲間のクサノオウは見てきました。

僕の場合、自然教育園という場所柄、決まった場所にちゃんと咲いていてくれますが、散策中に出逢ったら感動するでしょうね。
専修末、浄智寺周辺で発見しましたが、カメラを向けるようなものでもなく、眺めるだけに止めました。

クサノオウ、あちこちで咲きはじめました♪

>君影草の別名は、在来種のスズランに当てはまるものだそうですね。
最近見かけることの多いドイツスズランなどは、花が葉より上に出るので
当てはまらないんですって。
現代日本人女性も当てはまらないことが多いと思いますが(^^)

上京してからは、というか花に興味をもってからは在来種のスズランを見たことがありません。
子供のときに見たのは、エゾスズランだったんだろうと思いますが、子供ながらに「小さな花」って印象がいまもあります。そう思うとドイツスズランは欧米型の女性のような体系なのかも知れませんね。

仰るように、近頃の日本女性も大柄な方が多いですね。
若いカップルで「ノミのカップル」をよく眼にしますが、女性の方が男性の肩に腕をまわしていたりします(笑)。
妙に微笑ましいなあと、眺めています~。。
Posted by noodles3 at 2010.04.22 12:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。