--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.05

点描、春/其の二十七

※画像クリックで、正規サイズになります
00kobusi_10_04_05.jpg
【コブシ】
辛夷。モクレン科モクレン属。日本原産。
3月14日撮影。フラワーセンター大船植物園にて。
花言葉:友情、歓迎、信頼

01kobusi_10_04_05.jpg

ちょっと古い撮影になってしまいましたが、
今年もコブシとシデコブシの花を堪能できました。
昨年もふれましたが、コブシといえば「北国の春」。

この時期は、自然と口ずさんでしまいます。(いやはや)
で、先日生まれて初めてカラオケで歌ってみましたが、上手くいきませんでした・・・

ところで一番の歌詞中、

季節が都会では わからないだろと
届いたおふくろの 小さな包み

さて、おふくろから届いた小さな包み。
なにを想像します?



02kobusi_10_04_05.jpg
【シデコブシ】
梓辛夷、四手拳。ヒメコブシ(姫辛夷)とも。
モクレン科モクレン属。日本原産。
3月14日撮影。深大寺にて。

03kobusi_10_04_05.jpg
3月22日撮影。山梨県東光寺にて。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/617-e2b8062a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コブシは青空の下で見るのがいいですね。
真っ青な中で白い鳥が舞っているようで素敵です。

1枚目の写真を見ると、「北国の春」を歌いたくなります。
さぁ、「小さな包み」は何でしょうか。
季節のわかるもので小さいもの。
フキノトウ、ツクシ、レンゲ。

美声をお聞きしたいです。(笑)
Posted by ロッキーママ at 2010.04.05 15:31 | 編集
整った花形のモクレンに対して、コブシの花は奔放な感じの
咲き方が魅力ですね。どちらも青空によく映えて美しいです。
車で走っているとき、たまに背の高い大きなコブシが木いっぱいに
花を付けているのを見かけることがありますが、そんな様子を見ると
喜びがこみ上げてきます。

そして、はい、かの歌も口をついて出てきます~♪
とどいたお袋の小さな包みの中身ですか?
そうですねぇ… これまで義母から送られてきた包みのなかで
小さなもの、というと「いかなごの釘煮」というのがありました。
毎年とどくのは土佐の文旦。こちらはドーン!と大きな包みですが(笑)
どちらも春の味です。

ウィンドサーフィン、若い頃にほんの少し。ヘタッピですよ。
神奈川に越してきてからは波がだぷだぷの海に翻弄されるのに嫌気がさし
やらなくなりました。夫は腰痛が慢性化してからやれなくなって、
ボードはもう何年も風雨にさらされたままです~
Posted by ポージィ at 2010.04.05 16:42 | 編集
ロッキーママさん

>コブシは青空の下で見るのがいいですね。
真っ青な中で白い鳥が舞っているようで素敵です。

ありがとうございます♪

>1枚目の写真を見ると、「北国の春」を歌いたくなります。
さぁ、「小さな包み」は何でしょうか。
季節のわかるもので小さいもの。
フキノトウ、ツクシ、レンゲ。

意外にもロッキーママさんとポージィさんも、食につながるものを連想されたのですね!
僕には、食べ物の発想はまったくなかったです。

高卒で上京した息子。
お袋的には、都会に飽きた息子が故郷に戻って仕事に就くものと思っていたわけです。
ところが都会で頑張っている息子へ、たまには故郷を思い出すように送った小さな包みに、息子の子供時代の記念写真が入っているわけです。
コブシ咲く丘での家族との記念写真・・・などなど。
そして、息子は思うのです。
「あの故郷にかえろうかなあ」と。
ま、僕の想像ですが(笑)。

>美声をお聞きしたいです。(笑)

聴くのは洋楽ロック。
歌うのは(カラオケで)、フォークです(笑)。
ですから、こぶしというものをまわしたことがありません。
演歌・歌謡曲は歌うのが難しいですね。
息子を少し見直しました(笑)。。。
Posted by noodles3 at 2010.04.05 20:28 | 編集
ポージィさん

>整った花形のモクレンに対して、コブシの花は奔放な感じの
咲き方が魅力ですね。どちらも青空によく映えて美しいです。
車で走っているとき、たまに背の高い大きなコブシが木いっぱいに
花を付けているのを見かけることがありますが、そんな様子を見ると
喜びがこみ上げてきます。

>そして、はい、かの歌も口をついて出てきます~♪
とどいたお袋の小さな包みの中身ですか?
そうですねぇ… これまで義母から送られてきた包みのなかで
小さなもの、というと「いかなごの釘煮」というのがありました。
毎年とどくのは土佐の文旦。こちらはドーン!と大きな包みですが(笑)
どちらも春の味です。

ありがとうございます。
最近ではシデコブシのほうが町中では多いでしょうか?
「北国の春」の歌がなかったら、モウクレンの人気のほうが高かったかもしれませんね。それだけ名曲だと思います。

ロッキーママさんへも書きましたが、僕の妄想では、

高卒で上京した息子。
お袋的には、都会に飽きた息子が故郷に戻って仕事に就くものと思っていたわけです。
ところが都会で頑張っている息子へ、たまには故郷を思い出すように送った小さな包みに、息子の子供時代の記念写真が入っているわけです。
コブシ咲く丘での家族との記念写真・・・などなど。
そして、息子は思うのです。
「あの故郷にかえろうかなあ」

いかがでしょうか(笑)

>ウィンドサーフィン、若い頃にほんの少し。ヘタッピですよ。
神奈川に越してきてからは波がだぷだぷの海に翻弄されるのに嫌気がさし
やらなくなりました。夫は腰痛が慢性化してからやれなくなって、
ボードはもう何年も風雨にさらされたままです~

げげっ!
ポージィさんご夫婦はサーファーだったんですね!!
って、以前ポージィさんへの記事のコメントに同じような質問したような気がしてきました(汗)。
違いましたっけ???
Posted by noodles3 at 2010.04.05 20:41 | 編集
Dear, グリーン様

小さな頃に良く遊んだ川の土手に
よもぎが、光に輝いています。

母は、それを摘んできて、あくを抜き
もち米をふかし、混ぜて蓬団子をつくり

都会に出た息子に、一言の手紙を添えて
送ったのです。

上記のように、想像しました。(^^♪
Posted by もりの・くまさん at 2010.04.06 08:11 | 編集
もりの・くまさん

>Dear, グリーン様

>小さな頃に良く遊んだ川の土手に
よもぎが、光に輝いています。

>母は、それを摘んできて、あくを抜き
もち米をふかし、混ぜて蓬団子をつくり

>都会に出た息子に、一言の手紙を添えて
送ったのです。

>上記のように、想像しました。(^^♪

いつもありがとうございます。
なるほど~、蓬団子ですか!
くまさんもお子さんたちに作ってあげるのですか?
それともくまさんのお母様に、作ってもらったのでしょうか。
そういえば、うちのお袋は餡が大好きで、お彼岸の頃によく「おはぎ」を作っていましたが、米と甘い餡の組み合わせが苦手であまり嬉しくなかった記憶があります(笑)。
Posted by noodles3 at 2010.04.06 11:36 | 編集
なるほど~
noodlesさんの想像された小さな包みの中身はロマンチックですね。
花咲いたコブシの前で撮った少年時代の写真ですか…
都会では季節が分からないだろう、と送ってくるとしたら
季節感のある食べ物かなーと思いましたよ。
母親は、息子は都会でちゃんと食べられているだろうか、
という心配もしているでしょうしね。
ロッキーママさんの仰るように、やっぱり現実的なんですね(笑)
Posted by ポージィ at 2010.04.06 16:59 | 編集
Dear, グリーン様

残念ながら、まだ子どもの立場なので
母が作ってくれま~す。

くま母も、お餅が大好きで
グリーン母さんと一緒で、おはぎ”です。

でも、甘いものよりも、辛いものの方がいいなぁ~(^^♪
Posted by もりの・くまさん at 2010.04.07 05:49 | 編集
ポージィさん

>なるほど~
noodlesさんの想像された小さな包みの中身はロマンチックですね。
花咲いたコブシの前で撮った少年時代の写真ですか…
都会では季節が分からないだろう、と送ってくるとしたら
季節感のある食べ物かなーと思いましたよ。
母親は、息子は都会でちゃんと食べられているだろうか、
という心配もしているでしょうしね。
ロッキーママさんの仰るように、やっぱり現実的なんですね(笑)

何度もありがとうございます。
実は昨年のコブシの記事を書いて以来、ず~っと考え続けていたのです。「小さな包み」の中身を。
故郷の懐かしい味だとそれなりにかさばるのではないだろうか? この場合「小さな」ってところがポイントであり悩むところですね(笑)。

同じような疑問をもつ方がいるようで、お袋手作りの「蕗味噌の瓶詰め」という意見もありましたが、真相はわかりません。。
Posted by noodles3 at 2010.04.07 11:26 | 編集
もりの・くまさん

>Dear, グリーン様

>残念ながら、まだ子どもの立場なので
母が作ってくれま~す。

あ、すみません。独身だったんですね(汗)。

>くま母も、お餅が大好きで
グリーン母さんと一緒で、おはぎ”です。

やはり。。

>でも、甘いものよりも、辛いものの方がいいなぁ~(^^♪

笑。僕もです。。
Posted by noodles3 at 2010.04.07 11:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。