--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.27

季節は、かわる。

【ナノハナ】
アブラナ(油菜)、ナタネ(菜種)とも、ナノハナ科。地中海沿岸原産。
00nanohana_12.JPG


【コセンダングサ】
小栴檀草、キク科。北アメリカ原産。
01kosendangusa.JPG


02kosendangusa_12.JPG


【アイランド・ポピー】
ケシ科。北半球極地原産。
03airandopopi_12.JPG


【ネメシア・カエルレア】
ゴマノハグサ科。南アフリカ原産。
04nemesia kaerurea_12.JPG


【ガーデン・シクラメン】
サクラソウ科。中近東、東地中海原産。園芸品種。
05gardensikuramen_12.JPG


【シクラメン・リップスピンク・フリンジ】
サクラソウ科。中近東、東地中海原産。園芸品種。
06rippusupinkfurinji.JPG


【ハボタン】
葉牡丹、アブラナ科。ヨーロッパ原産。
07habotan_12.JPG


【マホニア・ロマリホリア】
メギ科。中国原産。
08mahonia romarihoria_12.JPG


09mahonia romarihoria.JPG


【ユキヤナギ】
バラ科。日本原産。
10yukiyanagi.JPG



二週間前、フラワーセンター大船植物園にて。

行ったとき、息子がいきなりこういった。
「お父さん、そういえばこのフラワーセンターはなくなるんだって! そのかわり平塚にでっかいフラワーセンターができるんだって。」
息子が通う小学校の担任が持参した横浜市の広報誌に、その記事が掲載されていたという。
さっそく検索してみたら、民間の方の熱意により現在の展示範囲だけはそのままで、苗の栽培場などだけ縮小するのだそうだ。

フラワーセンター大船植物園は昭和37年に、神奈川県内の観賞植物の生産を振興するため、神奈川県農業試験場の跡地に開設されたそうです。
僕が5歳のときから、粛々と様々な草花、樹木が育ち移ろいできた由緒ある植物園である。

縮小部分は鎌倉市に売却され、保育所待機児童対策のための子育て支援施設や浸水対策のためのポンプ場として利用するらしい。電子レンジで暖めたようなものしか供さないレストランも民間に委ねられリニューアルするそうです。
神奈川県としては、人件費を含めた経費が年間約二億八千万円なのに対し、入園料や駐車場料金による収入は五千万円程度で、毎年二億円を超える「持ち出し」の状態を少しでも改善するのが目的。大人三百五十円の入園料を五百円程度に値上げすることも検討するという。

なるほど、この収支をみると縮小も致し方ない。
フラワーセンター大船植物園にも、季節のかわり目がきているのかも知れない。
しかし、本音をいえば貸し切りのように人気のないところが、魅力ではあったのだが……。
平塚にできるというでっかい植物園も楽しみだが、僕はこれからも通いつづけるよ。
フラワーセンター大船植物園へ。




この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/61-76d0bed0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
写真はどこで?と思いましたが、フラワーセンターでしたかぁ。

フラワーセンター縮小は寂しい話です。
民間の方の熱意によりまだ存続するようですが、苗の栽培なんかも民間の方に開放すればいいのかとも思いました。
Posted by sakayu331 at 2006.12.30 10:33 | 編集
sakayu331さん

>写真はどこで?と思いましたが、フラワーセンターでしたかぁ。

さすがに、植物園でしか撮れない時期になってきました。

>フラワーセンター縮小は寂しい話です。
民間の方の熱意によりまだ存続するようですが、苗の栽培なんかも民間の方に開放すればいいのかとも思いました。

花よりも楽しいことやものが一杯のテーマ・パークなどには敵わないんでしょうね。。。
Posted by noodles2 at 2006.12.30 20:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。