--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.17

点描、冬/其の二十三

00tenbyou_10_02_17.jpg
※画像クリックで正規サイズになります

通称「竹の寺」鎌倉報国寺境内にて。
この竹のように、突き抜けねば・・・









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/586-b2178b67
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
素敵な写真ですね。
サワサワと葉の音色が聞こえてきます。

この竹のように、突き抜ければ何かが変わる?
変わるなら突き抜けてみたいです。

Posted by ロッキーママ at 2010.02.17 15:13 | 編集
つい半月前にも、報国寺の竹林が綺麗と聞いたところでした。
スーッ スーッ と上へと伸びる竹の姿とその勢いには
冬でも青さをとどめるその逞しさ、しなやかな強靭さにも、心揺さぶる力と爽やかさがありますね。

竹のごとき粘りと勢いを持って突き抜けてください!!

Posted by ポージィ at 2010.02.17 16:01 | 編集
ロッキーママさん

>素敵な写真ですね。
サワサワと葉の音色が聞こえてきます。

ありがとうございます。
竹は通年青い葉をたたえているので、季節感がないですが、木漏れ日がぎりぎり冬らしさを演出しているでしょうか?
季節ごとに撮ってみたいと思っています。

>この竹のように、突き抜ければ何かが変わる?
変わるなら突き抜けてみたいです。

変わらなければならない窮地だからこそ、突き抜けなければと、そう思っています。

Posted by noodles3 at 2010.02.18 11:33 | 編集
ポージィさん

>つい半月前にも、報国寺の竹林が綺麗と聞いたところでした。
スーッ スーッ と上へと伸びる竹の姿とその勢いには
冬でも青さをとどめるその逞しさ、しなやかな強靭さにも、心揺さぶる力と爽やかさがありますね。

故郷の北海道には孟宗竹がないので、僕には関東の竹林がいまも新鮮に見えます。報国寺はお抹茶をいただきながら竹林を眺めるという風流なあつらえをしており、気持ちが静まります。
但し、土日は込み過ぎて情緒に欠けますが・・・

>竹のごとき粘りと勢いを持って突き抜けてください!!

人生ワンチャンス。
どちらにころんでも、一度の体験と受け止め、頑張ってみます!
Posted by noodles3 at 2010.02.18 11:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。