--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.15

自分が、好きですか?

【スイセン】
水仙、ヒガンバナ科。地中海沿岸原産。
00suisen.JPG


ギリシャ神話中、美少年ナルシッサスが水面に写る我が身に見とれ、そのまま花になったのだそうです。ですから英名はNarsissus。
ナルシストの由来だそうです。で、このナルシスト君は春でもないのにまた狂い咲きしてます。
うちのマンションの裏で。散った桜の葉がこんなに秋色やら冬色になっているそばで。

02suisen.JPG


ところで、男も女も互いを意識して、着飾るわけです。
いい車がほしいのも、いい時計がほしいのも、美味しいものを食べたいのも、すなわち異性へのアピールである。
この世は男と女という種が共存することから、全ての消費経済が成り立っているといえる。
世に男しかいなかったら、ファンションやヘアー・スタイルなんてどうでもいいもんね。
女の子がいないのに、ギター上手くなっても意味ないもんね。
だから、異性のために自分を飾る行為と“ナルシズム”はちょっと違ってきますね。
ナルシズムは異性とか関係ないところで“自分が好き”ってことなんですかね?
かくいう僕もかなり“自分が好き”入ってます。
人が不細工だっていったって関係ないです。昔、憧れのスポーツ・カーを手に入れたときも既婚でしたし、妻のためというより自分の満足のためでしたから!
信号待ちで必ず、ビルとかのウインドウに写る自分と車を眺めるのが大好きでしたし。
“男子たるもの鏡なぞ、見るな”という辛口な大人もいるが、んなカッコいいこといっておいて、鼻毛がはみ出してるのもどうかと思う。あとダーク・スーツの肩にフケを積もらしているのもね。

04suisen.JPG


話を戻すが、不細工といえば、なんでも女子校の先生(男)ってのはモテるらしいですね?
うちの家内が女子校だったんですが、
「担任の先生が今思い出したら、牛みたいな不細工なさえないオヤジだったんだけど、毎日その先生にお弁当を渡していた……」そうです。
しかも、その先生は数人から同様にお弁当を献上されていたという。
女子ばかりの中に、ぽつんと置かれた男ってのは有利です。
しかし、だ!
競争力のない社会は活性化しないぞ!!
蛇足だが、家内がその先生のために朝も早よから愛情をふりかけて手作りした弁当じゃない! お母さんに頼んで自分のと先生用と二つ作ってもらっていたって……。
いやはや、やはり女は強かである。

03suisen.JPG


確かに水仙は美しい。そして、水仙は潔い。
何より、直線的な葉が花部を浸食することなく、しゅんしゅんしていて気持ちいい。
いまいちメリハリのない季節の中、こんな時期に水仙は誰にアピールしたがっているんだろう?
もう、虫達だって活動しなくなるというのに……。
やはり、誰のためでもなく水仙は“自分が好き”なんだろうか。






この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/58-f6c7a8b1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
うちも、少し前ですが、アイリスが狂い咲きしていました。
やっぱりあったかいんですね。

鏡は見なくなったら終わりですね。
美しく年をとりたいな~。
Posted by てんてん at 2006.12.16 00:03 | 編集
ハ~~イ!自分が好きで~~す!
ナルナルおじさんやってま~~す!
だってそっちのほうが楽なんですよ。
他人の目、全然気にしなくていいですから。

スイセンはね、狂い咲きではありませんよ。
この時期に咲き始めるのが、自然なんです。
Posted by goro's at 2006.12.16 01:23 | 編集
アハ 楽しく読ませていただきました。
自分の嫌いなとこいっぱいありますが、それでもやっぱり
自分のことかなり好きなんだと思います。
私の場合、着る物とか、化粧とか、レースの付いたモノとか、
誰も見てくれる人はいないですから、自分のためにしている部分
大いにありです。自分でして自分で満足しています。
んでもって、外へ出かけたときは人の目にはやっぱり少しでも
よく見られたい思いもありますね。

日本水仙、咲き始めましたね。
この水仙はこの時期から咲きだすので「雪中花」という別名も。
Posted by ポージィ at 2006.12.16 11:23 | 編集
鏡に映る自分の顔は自分しか分からない顔。
他人には鏡に映った顔ではなく、それの左右逆になった顔が見える。要は写真に写る顔が他人に見える自分の顔。

どうも最近、写真に写る自分の顔がいつも見ているのと違うのは加齢に加えその辺が原因しているのだろうか?

ナルシストの悩みでした(笑)
Posted by sakayu331 at 2006.12.17 20:09 | 編集
てんてんさん

>うちも、少し前ですが、アイリスが狂い咲きしていました。
やっぱりあったかいんですね。

アイリスもですか~!!??

>鏡は見なくなったら終わりですね。
美しく年をとりたいな~。

僕の好きな作家で、藤本義一氏が「男は鏡なぞ観るな」っていってた記憶があり、いつもそれを考えます。
有り得ないです。
Posted by noodles2 at 2006.12.18 11:29 | 編集
goro'sさん

>ハ~~イ!自分が好きで~~す!
ナルナルおじさんやってま~~す!
だってそっちのほうが楽なんですよ。
他人の目、全然気にしなくていいですから。

笑。
確かにそうかも~(笑)。

>スイセンはね、狂い咲きではありませんよ。
この時期に咲き始めるのが、自然なんです。

そうなんですか?
あちらこちらで観察していると、蕾がいっぱいで明日にも開きそうなものや、
まだまだ蕾もついてないものや、
色々ですね。
Posted by noodles2 at 2006.12.18 11:35 | 編集
ポージィさん

>アハ 楽しく読ませていただきました。
自分の嫌いなとこいっぱいありますが、それでもやっぱり
自分のことかなり好きなんだと思います。
私の場合、着る物とか、化粧とか、レースの付いたモノとか、
誰も見てくれる人はいないですから、自分のためにしている部分
大いにありです。自分でして自分で満足しています。

あれですかね、結婚するとナルシズムの部分だけ残るんですかね?

>んでもって、外へ出かけたときは人の目にはやっぱり少しでも
よく見られたい思いもありますね。

そうそう、そうはいっても他人の目は意識しますよね(笑)。

>日本水仙、咲き始めましたね。
この水仙はこの時期から咲きだすので「雪中花」という別名も。

そうか、「雪中花」っていうんですね!
越冬するわけですね♪
ありがとうございました。
Posted by noodles2 at 2006.12.18 11:38 | 編集
sakayu331さん

>鏡に映る自分の顔は自分しか分からない顔。
他人には鏡に映った顔ではなく、それの左右逆になった顔が見える。要は写真に写る顔が他人に見える自分の顔。
どうも最近、写真に写る自分の顔がいつも見ているのと違うのは加齢に加えその辺が原因しているのだろうか?
ナルシストの悩みでした(笑)

笑。
確かに。。
鏡に見ている自分の顔が真に自分の顔だと勘違いしてるところは、ありますよね。
これからは、鏡の姿ではなく、写真写りを気にしなくては(笑)。。。
Posted by noodles2 at 2006.12.18 11:42 | 編集
この寒い季節に咲く花を見ると、負けられないな~と思います。
白い花弁が眩しいですね。
私も自分大好きなので(笑
ナルシストかな~♪

散った桜の葉の色も美しいですね。
外が寒くて閉じこもりそうですが、この季節ならではの色彩を楽しみたいなと思いました。
Posted by 柊リンゴ at 2006.12.18 17:14 | 編集
柊リンゴさん

>この寒い季節に咲く花を見ると、負けられないな~と思います。
白い花弁が眩しいですね。
私も自分大好きなので(笑
ナルシストかな~♪

まあ、基本的に自分が嫌いな人って、あまりいないと思いますが。。

>散った桜の葉の色も美しいですね。
外が寒くて閉じこもりそうですが、この季節ならではの色彩を楽しみたいなと思いました。

ですね~。でもどんどん、花が少なくなってきました。
春まで、どうやってこのブログを継続させるか、頭が痛いです(笑)。
Posted by noodles2 at 2006.12.19 11:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。