--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.03

花風情(12)/マンリョウ

00manryou_10_02_03.jpg
【マンリョウ】
万両。ヤブコウジ科ヤブコウジ属。
日本(関東南部以西)、台湾、中国、朝鮮半島・インド原産。

※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります


本日はちょいと古い記録になりますが、マンリョウを。
昨年、半年かけて追いかけた様々な場所のマンリョウの様子です。


2009年7月11日。厚木市 飯山観音 長谷寺
01manryou_10_02_03.jpg


2009年7月18日。北鎌倉円覚寺 黄梅院
02manryou_10_02_03.jpg

03manryou_10_02_03.jpg

04manryou_10_02_03.jpg


2009年9月27日。北鎌倉東慶寺
05manryou_10_02_03.jpg


2009年11月7日。伊勢原市 日向薬師
06manryou_10_02_03.jpg


2009年12月6日。北鎌倉浄智寺
07manryou_10_02_03.jpg


蕾が花へ。
花から青い実へ。
青い実が赤い実に。
赤い実から枯れ色の実へ・・・
マンリョウで見る、夏~冬の色。


2010年1月3日。厚木市 広沢寺
08manryou_10_02_03.jpg










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/576-1923f051
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
最後の写真は、千両ですよね。
記事とは関係ないですよね。

万両は庭の至る所から、出てきています。
花も、青い実も、赤い実も神秘的で好きです。
鳥もあまり食べないですね。
このように連続の写真で見ると、新鮮ですね。

Posted by ロッキーママ at 2010.02.03 15:19 | 編集
ロッキーママさん

>最後の写真は、千両ですよね。
記事とは関係ないですよね。

は、はは。
大変失礼致しました(ポリポリ・・・)

>万両は庭の至る所から、出てきています。
花も、青い実も、赤い実も神秘的で好きです。
鳥もあまり食べないですね。

花時期と実の時期が離れているし、実を楽しむマンリョウですから、花ってあまり注目されないと思うんです。

>このように連続の写真で見ると、新鮮ですね。

そのことであった!(笑)
Posted by noodles3 at 2010.02.03 16:21 | 編集
マンリョウを花の時期から追いかけられたのですね。
マンリョウの花を初めて見たときは、点々があることにちょっと驚きました。
真っ赤に色付いた実があまりに透明感のあるツヤツヤの赤だからかもしれません。
鳥さんに食べてもらえずに残ると色あせてしまうのですか。
そういう様子はまだ見た事がありません。
近くで見られるものはいつの間にかすっかり消えてなくなっていて。
先日何年ぶりかで大船フラワーセンターへ行ったのですが、これまで見た中で
いちばん大粒の実がまだいっぱい生っているのを見てまたまた
びっくりしました。あれはどうなるのかな。
Posted by ポージィ at 2010.02.03 17:39 | 編集
ポージィさん

>マンリョウを花の時期から追いかけられたのですね。
マンリョウの花を初めて見たときは、点々があることにちょっと驚きました。
真っ赤に色付いた実があまりに透明感のあるツヤツヤの赤だからかもしれません。

マンリョウの点々のある花に気付いた頃、いつもセンリョウの花を逃しています。センリョウは少し早い開花なんですよね。。。

>鳥さんに食べてもらえずに残ると色あせてしまうのですか。
そういう様子はまだ見た事がありません。

僕もこの状態は初めてでしたので、「しめしめ♪」と思いながらシャッターを押していました(笑)。

>近くで見られるものはいつの間にかすっかり消えてなくなっていて。
先日何年ぶりかで大船フラワーセンターへ行ったのですが、これまで見た中で
いちばん大粒の実がまだいっぱい生っているのを見てまたまた
びっくりしました。あれはどうなるのかな。

おお大船フラワーセンターに行かれたのですね!
ってことは、そのうちレポされるのでしょうか?
自分が通う場所をどう撮られたのか、楽しみです♪
Posted by noodles3 at 2010.02.03 21:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。