--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.25

花風情(10)/東京神代植物公園の冬

00jinndai_10_01_25.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります

本日は昨年12月23日。
深大寺と初めて行った隣接の東京神代植物公園の模様です。


↓深大寺本堂。
01jinndai_10_01_25.jpg

↓本堂の前のこの大きな木、なんの木かわかりますか?
02jinndai_10_01_25.jpg

↓表示が見えにくいかも知れませんが、なんと「キンモクセイ」なんですよ!
こんな大きなキンモクセイは初めて見ました。いまから秋が楽しみです♪
03jinndai_10_01_25.jpg


花に興味をもち早5年目の冬。
思えば、3年間はひたすら花を接写し、勉強の日々でした。
近頃は一般的な知識もほぼ体得し、昨年からはむしろその花のたたずまいというか
情景を捉えることに興味が移り、今年は「花風情」として当ブログを
再スタートしました。

花に対するアプローチが変わると、
不思議といままで見えなかった新しい情景が満ちてくるもので、
花枯れの冬でもそれなりに楽しめるようになりました。


↓東京神代植物公園、深大寺門。
04jinndai_10_01_25.jpg

05jinndai_10_01_25.jpg

↓息子が深大寺で「護摩」をやっているあいだの一時間。
ぐるっと早足で探索してみました。見事な桜並木が続きます。
06jinndai_10_01_25.jpg

↓むむっ。30メートルほどの高木の先端に黄色っぽく輝く実?
07jinndai_10_01_25.jpg

↓実ではなく花??
08jinndai_10_01_25.jpg

↓正解は「ユリノキ」。ユリやチューリップに似た花でチューリップツリーとも
いわれるそうな。その花のドライフラワー状態だったのです!
これは是非ドライではない花を見てみたいですね。
09jinndai_10_01_25.jpg

10jinndai_10_01_25.jpg

↓たわわに実ったナンテン
11jinndai_10_01_25.jpg

12jinndai_10_01_25.jpg

↓ここが同公園の憩いの場、芝生広場。中央に巨大なパンパスグラスが。
3メートル越えのものには、むろん初めて出逢いました!
13jinndai_10_01_25.jpg

14jinndai_10_01_25.jpg

↓おお! 新たなるふわふわ系か?
15jinndai_10_01_25.jpg

16jinndai_10_01_25.jpg

↓順光で見ると、小さな実がついた花穂でした。
17jinndai_10_01_25.jpg

↓なんと「ニンジンボク」の木なんです。
小さな「セイヨウニンジンボク」しか知らなかったので意外なでかさでした。
それにしても広大な同公園。植物もみな巨大です。
18jinndai_10_01_25.jpg

19jinndai_10_01_25.jpg


深大寺境内のキンモクセイや、神代植物公園のユリノキ、パンパスグラス、
ニンジンボクとみな巨大で、いままでの僕のフィールドとはまた違ったスケール。
う~む。春がまちどおしいなあ♪
このあとシダーローズを拾って家路に着いたのでした。











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/569-04d465c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
青空をバックの色鮮やかな帯、これは冬の情景に入れたいようなお写真ですね。

これは大きなキンモクセイですね!私も去年の秋、ある一軒家の庭に、
二回の屋根に届きそうなほど育ったキンモクセイを見ましたが、
これはそれ以上かもしれません。秋が楽しみですね。

神代植物公園は名前だけ聞いたことのある公園です。大きな公園なんですね。
植物たちが伸び伸びと育っているのは気持ちがいいものです。
花の見頃の表を見ると、1年中何かしらの花が咲いているようですし、
今回ドライ状態をご覧になったユリノキもニンジンボクも、楽しみが
目白押しの感ですね。今年はここの植物たちもたくさん見せていただけそう。
楽しみです(^^)
Posted by ポージィ at 2010.01.25 17:20 | 編集
いいなぁ~。このくらい広いと剪定とか、鉢植えにしなくてもいいですよね。
やはり植物は自由に育ててあげたいです。

このキンモクセイ、見事です。
花が咲いた時を見てみたいです。

新しいシリーズ、楽しみです。
どんな花が登場するのでしょうか。

息子さんの体調は如何ですか?
Posted by ロッキーママ at 2010.01.25 17:34 | 編集
ポージィさん

>青空をバックの色鮮やかな帯、これは冬の情景に入れたいようなお写真ですね。

昨年末は中開帳があり、その前後4度ほど通いました。
でもこの日以外は曇天で、やっと青空バックの深大寺を撮れたのでした。この帯が本堂内のご本尊に繋がっており、開帳が終わった後も、帯と柱に触れることでご本尊のご利益を賜るというわけです。

>これは大きなキンモクセイですね!私も去年の秋、ある一軒家の庭に、
二回の屋根に届きそうなほど育ったキンモクセイを見ましたが、
これはそれ以上かもしれません。秋が楽しみですね。

これが満開になると、辺りはあの芳香でむんむんになるでしょうね♪

>神代植物公園は名前だけ聞いたことのある公園です。大きな公園なんですね。
植物たちが伸び伸びと育っているのは気持ちがいいものです。
花の見頃の表を見ると、1年中何かしらの花が咲いているようですし、
今回ドライ状態をご覧になったユリノキもニンジンボクも、楽しみが
目白押しの感ですね。今年はここの植物たちもたくさん見せていただけそう。
楽しみです(^^)

実はここでもシモバシラを確認していて、都内より立派な霜柱が立つんじゃないか?と踏んでいたのでが、いまのところ行けてません(汗)。。
一時間ほどしか回れなかったですが、野草園や広大な温室、薔薇園などもあり、今年は花の時期、毎週でも通いたいぐらいです。

乞うご期待♪
Posted by noodles3 at 2010.01.26 13:56 | 編集
ロッキーママさん

>いいなぁ~。このくらい広いと剪定とか、鉢植えにしなくてもいいですよね。
やはり植物は自由に育ててあげたいです。

人工的なものですが、都市をコンクリートで固め尽くしてしまった詫びの意味でも、こういう環境は大切にしてほしいいですよね。

>このキンモクセイ、見事です。
花が咲いた時を見てみたいです。

この秋、このキンモクセイを逃したら、noodles一生の後悔です。。

>新しいシリーズ、楽しみです。
どんな花が登場するのでしょうか。

初撮りで、昨年蔵入りさせた花とか、今年新たな出逢いをするであろう花もあると思いますが、登場する花はあまり代り映えしないかも知れません。
でも、撮り方は変わるでしょうし、そのときどきの自分の心情も微妙に影響するでしょうね。

ロッキーママさんによく指摘される「宜しく哀愁」路線なんか、明らかに加齢によるものだと思いますし・・・

>息子さんの体調は如何ですか?

週末日曜に、近所の寺にリハビリを兼ねて行き、帰りに鮨を食べさせたらおかげさまで元気になりました(笑)。
Posted by noodles3 at 2010.01.26 14:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。