--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.12

点描、冬/其の七

IMG_2270.jpg
画像クリックで、正規サイズになります

先日ふと、ムクロジ(無患子)の実を拾ってしまいました。

プラスティックのような、黒い種が覗く半透明のカプセル。
てっぺんのキャップのつばみたいな部分が、愛嬌いっぱいです。

拾ってきたボルトやら牛乳の紙蓋やら、銀玉鉄砲やらを
洋菓子の缶に収めていた子供のころを思いだすなあ。

果皮は石鹸、黒い実は羽子板の羽に利用されるそうな。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/560-e00e2b77
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ムクロジの実、拾いたくなりますよね。
わかります。そうそう、仰るとおりです。
そのプラスティックみたいな入れ物のなかから
カッチンコッチンの種を取り出すのもワクワクします。
追羽根作りのため、羽を入れる穴を開けるのにも
相当苦労するんじゃないかという硬さですが、
この硬さがカン!コン!という小気味いい音を生み出すんですね。
はたして、本当にムクロジの実を使った追羽根で遊んだことが
あるのかどうか本当のところは不明なのですけれど、
頭の中に浮かぶ遠い思い出は、そうだったということにしておきたい気がします。

赤い実はナンテンですか?それとも?
Posted by ポージィ at 2010.01.12 16:23 | 編集
かわいいです。
へぇ~、拾って見た事がないので可愛いです。
蓋が付いているみたいで、子供の頃拾ったら、絶対に宝箱に入れますよね。
羽根つきか、懐かしい。
今、遊んでいるところ見た事ないですよね。

小学生の頃、宝箱に入れていた小石とシールを今も持っています。
捨てられなくて。







Posted by ロッキーママ at 2010.01.12 18:16 | 編集
ポージィさん

>ムクロジの実、拾いたくなりますよね。
わかります。そうそう、仰るとおりです。
そのプラスティックみたいな入れ物のなかから
カッチンコッチンの種を取り出すのもワクワクします。
追羽根作りのため、羽を入れる穴を開けるのにも
相当苦労するんじゃないかという硬さですが、
この硬さがカン!コン!という小気味いい音を生み出すんですね。
はたして、本当にムクロジの実を使った追羽根で遊んだことが
あるのかどうか本当のところは不明なのですけれど、
頭の中に浮かぶ遠い思い出は、そうだったということにしておきたい気がします。

先日の鎌倉散歩で登場した葛原岡神社の前で、境内に落ちたムクロジの種のお守りを売っていて、外皮で作った石鹸を訪れる参拝客に説明披露しているんですよ。
昔の人はムクロジで躰を洗っていたんだと思うと、さらに親近感をもってしまいますね。
羽子板の羽は、いつ頃までプラスティックではなくムクロジだったんでしょうね?

>赤い実はナンテンですか?それとも?

これはイイギリです。
彩りのアクセントに使ってみました♪
Posted by noodles3 at 2010.01.12 19:17 | 編集
ロッキーママさん

>かわいいです。
へぇ~、拾って見た事がないので可愛いです。
蓋が付いているみたいで、子供の頃拾ったら、絶対に宝箱に入れますよね。

同感です。
箱には入れていませんが、この冬はシダーローズ他、なにかにつけ木の実を拾い集めています。。

>羽根つきか、懐かしい。
今、遊んでいるところ見た事ないですよね。

ないですね〜。
あってもプラスティックの板と羽だと思います。

>小学生の頃、宝箱に入れていた小石とシールを今も持っています。
捨てられなくて。

わかります。
僕ら男の子は「20世紀少年」よろしく、みな土の中に埋めた記憶があります。
そのうちそのこと自体を忘れてしまうのですが・・・
そうやってひとつずつ何かを失いながら、大人になってきたんでしょうね。。
Posted by noodles3 at 2010.01.12 19:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。