--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.30

蕎麦好きの、シャクチリソバ観察記。

00sodesuka.JPG


蕎麦好きです!
まあ、noodlesですから麺類なら全て好きなわけですが、そもそも僕の麺好きは蕎麦から入ったようなものである。
20代のときは、ほうぼうの蕎麦屋を食べ歩いた。週末に作務衣を着けて蕎麦打ちするほどの重傷ではないが、蕎麦つゆはプロ用の文献を捲って体得したほどなのだ。(※僕の料理も観にきてね
そんな僕が10月に会社近所の某公演でソバの花を発見、撮影し、ブログに更新した。
ところが、先輩から「ちょっと、マッタ~!」コールがかかった。
で、実がついたら真偽が判明するのではないか? と思い、じっと待っていました。
そして再訪したところ、おお! ソバの実が~~!!
02sodesuka.JPG


03sodesuka.JPG


04sodesuka.JPG


05sodesuka.JPG


06sodesuka.JPG


07sodesuka.JPG



しかし、である……。
勿論、自分でもかなり調べてみた。
やはり先輩の助言どおり、ソバはソバでも“シャクチリソバ”ではないか? 
シャクチリソバ(赤地利蕎麦)、タデ科のソバ属。別名、宿根ソバともヒマラヤソバともいうそうで、インド・チベット・中国原産。
御本家の蕎麦は一年生で、種蒔きから2ヶ月あまりで実をつける。
シャクチリソバは塊根状の地下茎が越冬する多年生である。
いわゆる蕎麦や韃靼蕎麦のルーツだとされ、原産地では実をそば粉として、葉も食用されるそうだ。蕎麦よりもルチンが豊富だともてはやされる韃靼蕎麦よりも、さらに含有量が多く日本でも薬用、あるいはそば粉としても栽培されてきたため野生化したと考えられるらしい。

じゃ~、やっぱり蕎麦でいいじゃん! なのであるが、それでもシャクチリソバ(赤地利蕎麦)なのである。
では、決定的証拠写真を見ながら整理してみよう。

●シャクチリソバは背丈があり、1メートルほど ←当っている。
●シャクチリソバ(赤地利蕎麦)というだけあって、茎の根元が赤い ←???
●前述した塊根状の地下茎は? ←あるある!!

01sodesuka.JPG


08sodesuka.JPG


塊根状の地下茎で決定的ですね、間違いなくシャクチリソバ(赤地利蕎麦)です。

注)一昨日、“自然の摂理”などとカッコいいことをいってしまいましたが、あくまで僕の蕎麦好きからくる“食への探究心”から、根っこを引っこ抜いてしまいました(ごめん)。

いやはや、根っこを調べないと判別できないとは、やはり“タデ科”の植物には泣かされる。
まあ、よ~く考えたら公園の遊歩道脇に毎年誰かが蕎麦の種を蒔いてるはずもないしね。


でもさあ、この実がいったい何個あれば……、
09sodesuka.JPG

赤地利蕎麦のせいろになるのかなあ……。
10sodesuka.JPG



この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/55-db2afb08
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
シャクチリソバのレポート、ストレス無しで楽しく拝見させていただきました(笑)。
私はね、さる薬草園で、シャクチリソバの花無しの時期に出会ってて、別の場所で巨大な背丈(2mくらい)の花付きのものに出会ったので、抵抗感なくシャクチリソバを認識できたのですが、目黒川沿いのものには、迷わされました。
引っこ抜いたのですね?
いいですよ、間引いたと思えば、彼らもまた新しい根を伸ばすことができるでしょう。
探究心こそ、賞賛されるべきです。
何だかシャクチリソバのせいろが、食べたくなってきました~~
Posted by goro's at 2006.12.02 01:46 | 編集
おそばは無理でも、そば茶には出来るのではないですかね。
わたしは「韃靼そば茶」より信州に普通に売っている「そば茶」の香ばしさが大好きなんですけどね・・・・
Posted by ままちり at 2006.12.02 15:50 | 編集
シャクチリソバですか、初めて聞きます。これの蕎麦があってもよさそうだと思うのですが、美味しくないのでしょうか。でも一度食べてみたいですね。
ヌードルスさん、蕎麦打ちやってみませんか?
Posted by sakayu331 at 2006.12.03 18:09 | 編集
シャクチリソバですね!
私が近所のドラッグストアの駐車場で撮ったのもこれと同じですよ。
こういう形の実もぶら下がっていました。

このシャクチリソバで作ったお蕎麦はどんな味がするのでしょう。
実を採ってきてお庭で(プランターで)栽培してみるというわけには
いきませんか?さぁてどのくらいあればシャクチリソバせいろが
できるのでしょうか。
Posted by ポージィ at 2006.12.03 22:17 | 編集
goro'sさん

>シャクチリソバのレポート、ストレス無しで楽しく拝見させていただきました(笑)。

いや~、またゴローさんに観てもらえるんで張り合いが出ました~(笑)。

>私はね、さる薬草園で、シャクチリソバの花無しの時期に出会ってて、別の場所で巨大な背丈(2mくらい)の花付きのものに出会ったので、抵抗感なくシャクチリソバを認識できたのですが、目黒川沿いのものには、迷わされました。

くやしいけど、またゴローさんに惨敗です(笑)。

>引っこ抜いたのですね?
いいですよ、間引いたと思えば、彼らもまた新しい根を伸ばすことができるでしょう。
探究心こそ、賞賛されるべきです。

はい! 迷わず引っこ抜いてしまいました!!
群生だし、宿根ですしね。。。

>何だかシャクチリソバのせいろが、食べたくなってきました~~

ですよね~!
昭和初期の貧しい時期なんか、食べていたのかも知れませんね?
Posted by noodles2 at 2006.12.04 16:48 | 編集
ままちりさん

>おそばは無理でも、そば茶には出来るのではないですかね。
わたしは「韃靼そば茶」より信州に普通に売っている「そば茶」の香ばしさが大好きなんですけどね・・・・

そうですね!
蕎麦茶ぐらいの量だったら、拾い集められるかも知れません(笑)。
あと、ままちりさんのお人形の枕も作れるかも♪
Posted by noodles2 at 2006.12.04 16:50 | 編集
sakayu331さん

>シャクチリソバですか、初めて聞きます。これの蕎麦があってもよさそうだと思うのですが、美味しくないのでしょうか。でも一度食べてみたいですね。
ヌードルスさん、蕎麦打ちやってみませんか?

生薬としては古くから使われていたようですし、一時は蕎麦粉としても加工されていたようです。

蕎麦打ちはやったことがないわけではないんです。
ただ、現時点で蕎麦、うどん、パスタ、らーめんなどの手打を始めると、週末それで終わってしまうんで。。。
Posted by noodles2 at 2006.12.04 16:53 | 編集
ポージィさん

>シャクチリソバですね!
私が近所のドラッグストアの駐車場で撮ったのもこれと同じですよ。
こういう形の実もぶら下がっていました。

本文にも書きましたが、誰かが蕎麦の未(種)を蒔かないかぎり、その辺に生えるわけないですね(笑)

>このシャクチリソバで作ったお蕎麦はどんな味がするのでしょう。
実を採ってきてお庭で(プランターで)栽培してみるというわけには
いきませんか?さぁてどのくらいあればシャクチリソバせいろが
できるのでしょうか。

蕎麦愛好家の方で蕎麦、韃靼蕎麦、赤地利蕎麦を庭のプランターで栽培しているHPもありました(笑)。
でも、せいろ一枚分でそうとうな数の株が必要だと思います。。
Posted by noodles2 at 2006.12.04 17:01 | 編集
初めまして♪
 ソバ栽培農家のノラリーマンです、ソバは、収益性が悪く近年シャクチリソバとの交配などで多収穫品種開発がされているようです、早く実用化されれば良いのですが、貴重な写真拝見出来て良かったです。
Posted by ノラリーマン at 2008.09.18 05:54 | 編集
ノラリーマンさん

>初めまして♪
 ソバ栽培農家のノラリーマンです、ソバは、収益性が悪く近年シャクチリソバとの交配などで多収穫品種開発がされているようです、早く実用化されれば良いのですが、貴重な写真拝見出来て良かったです。

こちらこそはじめまして!
一昨年の記事へのコメント、本当に感謝です!!

ソバを栽培されているのですね!!
蕎麦打ちは比較的体得しやすいせいか、近年全国的に本格的な手打ち蕎麦店が増えていて、どこも国産蕎麦粉にこだわっていますが、それでも収益性の悪い作物なんですね。。
市販の生蕎麦などには、シャクチリソバ粉を混ぜているとの記述をどこかで見かけましたが、交配種も試みられているとは知りませんでした!
これからも、美味しい蕎麦を提供してくださいね♪

ありがとうございました。
Posted by noodles3 at 2008.09.18 12:04 | 編集
Dear,グリーン・ストライプ様

お初のメールです。m(__)m

ある所で、あるものを!
でも、どうも迷っています。

実がなればと、思っていましたが
ひょんな事から、お蕎麦の仲間がいると。

お蕎麦なのか?シャクちゃんなのか??

そば好きのくまさんなので
宜しくお願い致しま~す。m(__)m 

http://plaza.rakuten.co.jp/kumasan4/diary/200809160000/
Posted by もりの・くまさん at 2008.09.30 10:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。