--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.25

花後のスズラン♪/09年、四季の花(209)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00suzuran_09_11_25.jpg
ソメイヨシノの葉。茜色に色づいています!
故意に乗せたわけではなく、だからこそカメラを向けた一枚。



さて、4月27日の記事のスズラン、再掲載。
いや~、何度眺めても麗しい♪

00suzuran_09_04_27.JPG

01suzuran_09_04_27.JPG

05suzuran_09_04_27.JPG
【スズラン】
鈴蘭。キミカゲソウ(君影草)、タニマノヒメユリ(谷間の姫百合)とも。
ユリ科スズラン属。日本・ヨーロッパ原産。


スズランの花、改めて脳裏に焼きつけましたか?
では、スズランの花後の姿をご覧いただきましょう!

7月18日撮影
01suzuran_09_11_25.jpg

7月18日撮影
02suzuran_09_11_25.jpg

8月16日撮影
03suzuran_09_11_25.jpg

9月27日撮影
04suzuran_09_11_25.jpg

9月27日撮影
05suzuran_09_11_25.jpg

花も実も、北鎌倉東慶寺境内のもの。
管理された場所だからこそ、長く観察できたのだと思います。

道産子の僕も、多年草のスズランにこんな実がつくことを、初めて確認しました。
みんさんはどうですか?
こんな可愛い赤い実になるスズラン。この花の魅力を再確認しますよね♪

10月4日撮影
06suzuran_09_11_25.jpg











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/532-b0e89873
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ベランダに一葉、日に輝いて。茜色が美しいですね。
たまたまこの場所へ舞い降りて、たまたま日が差していて、
風がひと吹きすればまたどこへともなく舞っていってしまうのですから、
この一瞬の美しさを目にすることができたのは素晴らしい巡り合わせですね。

スズランの実が登場ですね。春に咲いていた白い可愛らしい花が懐かしいです。
私も先週末でしたか、たまたま通った道沿いのプランターで見かけました。
フユサンゴの実に大きさも色もそっくりと思いながら通り過ぎました。
可愛いと思うのとは別に、あの白い花からこの実が?という意外性を感じます。
 
noodlesさんが観察を続けられたのは東慶寺でのことなんですね。
地面から葉のない茎だけが伸びてオレンジ色の実をぶら下げているのには
ちょっとびっくりしました。枯れた葉っぱを早々に取り除いたのでしょか。
Posted by ポージィ at 2009.11.25 16:25 | 編集
そうか、枯葉をとれば実だけ見れるのですね。
うちはいつも葉をつけたままなので、オレンジになっても
目立たないです。
でも、花も実も可愛いですよね!
Posted by ロッキーママ at 2009.11.25 18:29 | 編集
この時期にスズランの花を見させていただけるとは。
いいもんですね。

スズランの赤い実を、こんなに多く見たのは初めてです。
葉っぱ無しで、コケの中から突き出しているのを見たとき、なんだか滑稽な姿だなとも思いましたが、これはこれで観賞方法のひとつなんですね。
確かにこれだと、嫌が上でも赤い実が目に付きます。
誰が最初にやろうと思ったんでしょうね(笑)。
Posted by goro’s at 2009.11.26 01:32 | 編集
ポージィさん

>ベランダに一葉、日に輝いて。茜色が美しいですね。
たまたまこの場所へ舞い降りて、たまたま日が差していて、
風がひと吹きすればまたどこへともなく舞っていってしまうのですから、
この一瞬の美しさを目にすることができたのは素晴らしい巡り合わせですね。

実はベランダではなく、目黒川のフェンスなんですが、散策中に思わず脚が止まってしまいました。
こういう場面に気付くと、また色々と写真のバリエーションが広がってきますね♪

>スズランの実が登場ですね。春に咲いていた白い可愛らしい花が懐かしいです。
私も先週末でしたか、たまたま通った道沿いのプランターで見かけました。
フユサンゴの実に大きさも色もそっくりと思いながら通り過ぎました。
可愛いと思うのとは別に、あの白い花からこの実が?という意外性を感じます。

僕なんか、青い実を見たときに「丸い実なんだ!」と感激しました(笑)。
 
>noodlesさんが観察を続けられたのは東慶寺でのことなんですね。
地面から葉のない茎だけが伸びてオレンジ色の実をぶら下げているのには
ちょっとびっくりしました。枯れた葉っぱを早々に取り除いたのでしょか。

湛然に管理されているからこそですね。
それはそれで良いのではないでしょうか。
Posted by noodles3 at 2009.11.26 16:08 | 編集
ロッキーママさん

>そうか、枯葉をとれば実だけ見れるのですね。
うちはいつも葉をつけたままなので、オレンジになっても
目立たないです。
でも、花も実も可愛いですよね!

東慶寺は僕も含め、花を観にくる方たちも多いので、かのような演出をしたのだと思います。
なかなか可愛いものですね!
Posted by noodles3 at 2009.11.26 16:10 | 編集
goro'sさん

>この時期にスズランの花を見させていただけるとは。
いいもんですね。

綺麗なものは、時が経っても錆びないものですね♪

>スズランの赤い実を、こんなに多く見たのは初めてです。
葉っぱ無しで、コケの中から突き出しているのを見たとき、なんだか滑稽な姿だなとも思いましたが、これはこれで観賞方法のひとつなんですね。
確かにこれだと、嫌が上でも赤い実が目に付きます。
誰が最初にやろうと思ったんでしょうね(笑)。

東慶寺はそれこそ一年中庭師の方々が、コケも含め丹精こめて手入れをしています。真夏の炎天下でも麦藁帽に蚊取り線香の缶をぶら下げて雑草を抜いている姿には、頭が下がる思いです。

花を楽しみに訪れる方々への、気配り。
逆に鈴生りの花が、そのまま赤い実になる姿を見せてもらうことができました〜♪
Posted by noodles3 at 2009.11.26 16:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。