--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.19

ああ、勘違い・・・/09年、四季の花(206)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00image_09_11_19.jpg
銀杏も日々色づいてきました!

さて本日は銀杏ではなく、お馴染み北鎌倉円覚寺松嶺院のハンショウヅル。
なんですが、今年はマメに通ったせいか、気づいてしまったんです。
松嶺院のハンショウズルは、実は2種存在していることに・・・



01hanshou_09_11_19.jpg

02hanshou_09_11_19.jpg
【ハンショウヅル】
半鐘づる。キンポウゲ科センニンソウ属。日本原産。
9月13日~11月8日撮影。

本来の花期は、5~6月。
恐らく気候などのせいで、9月まで残り花があったと思われます。
花色は濃い赤紫。花弁(萼)の表面には毛がありません。
葉は丸みをおびていて、細かいギザギザがあるようですが、
花色と合わせて個体差があるようで、僕が撮ったものはあまり目立ちません。

そもそもこの色の濃い花を見たことで、
「む。いままでとなんか違う・・・」と思ったわけです。

03hanshou_09_11_19.jpg

04hanshou_09_11_19.jpg

05hanshou_09_11_19.jpg

06hanshou_09_11_19.jpg



07takane_09_11_19JPG.jpg
【タカネハンショウヅル】
高嶺半鐘蔓。キンポウゲ科センニンソウ属。日本原産。
10月4日~11月8日撮影。

08takane_09_11_19.jpg

09takane_09_11_19.jpg

こちらが昨年まで見ていた花です。
花期は、9月から10月。ハンショウヅルの仲間のなかで唯一秋に咲くそうな。
ハンショウヅルとの違いは、花弁(萼)の表面が毛で覆われていること。
そのせいか、かなり白っぽいですが、これには個体差があるようです。
花弁(萼)がくるんと反り返るのがチャームポイント。
そして葉の形状がハンショウヅルとはまったく違い、
鋭いギザギザがあり、大きく3裂しています。

10takane_09_11_19.jpg

11takane_09_11_19.jpg

12takane_09_11_19.jpg

13takane_09_11_19.jpg

14takane_09_11_19.jpg

15takane_09_11_19.jpg

16takane_09_11_19.jpg

17takane_09_11_19.jpg



松嶺院は春と秋の花の時期のみ、一般開放されます。
昨年までは「半鐘づる」の名札のみを頼りにしていたため、
両者の違いに気がつきませんでした。
昨年の12月3日の記事で、花から綿毛に至る過程を喜々として追っていますが、
ハンショウヅルとタカネハンショウヅルの綿毛を、混在させて紹介していました。
実際観音様の手前の支柱に絡んだタカネハンショウヅル以外は、
周囲に混在していて、株基がどこなのかも判別できないぐらいに
縦横に蔓が伸びています。

葉の違いを見れば明かなんですが、
いやはやお恥ずかしい・・・

18takane_09_11_19.jpg











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/529-a305add2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
イチョウの葉は、グリーンからこんな風に黄色に染まっていくんですね。
とっても綺麗です。蝶が群れているみたいにも見えますね。
いいもの見せていただきました。

ハンショウヅル、何しろ全く馴染みのないお花ですし、自分で検索等で
調べてみたことすらありませんでした。昨年からすでに2種類あったのですか。
今回こうして分けて見せていただくと、葉の形も花の様子も明らかに
違いますね、確かに。でも、な~んにも気づかず拝見してました。
ハンショウヅルとタカネハンショウヅルですか。
でもどちらもハンショウヅルであることに間違いはないわけで、あまりお気になさらず、
2種類あることが判明した喜びに浸りましょう♪教えていただけて感謝です。
Posted by ポージィ at 2009.11.19 17:02 | 編集
ショック!
うちのはタカネハンショウズルだ。
葉がギザギザしています。
でも花は夏前ぐらいから咲き出しますよ。
うちのハンショウズルは何でしょう?
すごいショックです。

黒花ハンショウズルって、見た事ありますか?
今、すごい欲しい花なんです。
Posted by ロッキーママ at 2009.11.19 19:09 | 編集
ポージィさん

>イチョウの葉は、グリーンからこんな風に黄色に染まっていくんですね。
とっても綺麗です。蝶が群れているみたいにも見えますね。
いいもの見せていただきました。

息子を方々の寺巡りをしていると、必ず県指定の「大銀杏」があるのですが、そのなこともあり銀杏は随分撮っています。仰るように蝶のようですよね♪

>ハンショウヅル、何しろ全く馴染みのないお花ですし、自分で検索等で
調べてみたことすらありませんでした。昨年からすでに2種類あったのですか。
今回こうして分けて見せていただくと、葉の形も花の様子も明らかに
違いますね、確かに。でも、な~んにも気づかず拝見してました。
ハンショウヅルとタカネハンショウヅルですか。
でもどちらもハンショウヅルであることに間違いはないわけで、あまりお気になさらず、
2種類あることが判明した喜びに浸りましょう♪教えていただけて感謝です。

無論、二度おいしいわけで嬉しいんですが、「まだまだ未熟者!」と、慢心してはいけないなと反省もしたり・・・(苦笑)
Posted by noodles3 at 2009.11.20 18:59 | 編集
ロッキーママさん

ショック!
うちのはタカネハンショウズルだ。
葉がギザギザしています。
でも花は夏前ぐらいから咲き出しますよ。
うちのハンショウズルは何でしょう?
すごいショックです。

何でしょう?
花弁(萼)の様子はどうですか?
ここのサイトで、照らし合わせてみたらいかがでしょう。

http://yasuko.sakura.ne.jp/hyousi28/miyamahansyoduru.html

>黒花ハンショウズルって、見た事ありますか?
今、すごい欲しい花なんです。

絶滅危惧種だそうで、無論見たことがありません。
売っているものなんでしょうか?

Posted by noodles3 at 2009.11.20 19:08 | 編集
ハンショウヅル、名前はセンニンソウなどを検索すると見かけますが、未だ縁がありません。
並べてみると両者の違いは判りますが、単体で見ても判らないでしょうね。
提供される「名札」は、曲者ですよね。
信じるものは救われるレベルだと、それで充分なんでしょうけどね(笑)
Posted by goro’s at 2009.11.21 01:42 | 編集
goro'sさん

>ハンショウヅル、名前はセンニンソウなどを検索すると見かけますが、未だ縁がありません。
並べてみると両者の違いは判りますが、単体で見ても判らないでしょうね。
提供される「名札」は、曲者ですよね。
信じるものは救われるレベルだと、それで充分なんでしょうけどね(笑)

寺の名札は「ご愛嬌」だと思っています(笑)。
やはり未だ出逢いはありませんか。
今回検索していたら、円覚寺近くの「切り通し」で、ハンショウヅルが自生していることがわかりました。
来年、探してみようと思います。
Posted by noodles3 at 2009.11.24 15:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。