--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.12

風の花♪/09年、四季の花(201)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00shumei_09_11_12.jpg
9月19日撮影。栃木県 出流山 満願寺にて。
あの花回廊の寺の門前のシュウメイギク。
この花色が最も原種に近いようです。

【シュウメイギク】
秋明菊。キセンギク(貴船菊)、キブネギク(貴船菊)とも。
キンポウゲ科アネモネ属。日本、中国原産。

9月13日撮影。鎌倉長谷寺にて。
01shumei_09_11_12.jpg

02shumei_09_11_12.jpg

まだ、かろうじて咲いているでしょうか?
キクとついてもキンポウゲ科。
浮遊感のある花姿はコスモスみたいだけれど、アネモネの仲間のシュウメイギク。
古代中国からやってきた帰化植物。漢名は「秋牡丹」というそうな。
日本では、秋に咲く菊に似た花ということで「秋明菊」。
キンポウゲ科ですから、花弁に見えるのは萼です。

9月27日撮影。北鎌倉東慶寺にて。
03shumei_09_11_12.jpg

04shumei_09_10_21.jpg

05shumei_09_11_12.jpg

早生種や一重、八重咲きと色々なシュウメイギクを撮りましたが、
あえて同定はしていません。

僕のなかでは、シュウメイギクといえば寺のイメージ。
別名のキブネギク(貴船菊)は、京都の貴船地方に多いことから。
やはり日本では神社仏閣の風情でしょうか。

花言葉:忍耐、薄れゆく愛、多感なとき
中国では、アネモネは死の花だそうで、悲哀や苦悩に関連づけるようです。
だから、日本に渡来したときも神仏と関連づけし、
貴船あたりに広まったのかも知れませんね。(妄想ですが・・・)

因に、属名のアネモネはギリシャ語の風の意で「ウィンドーフラワー」。
シュウメイギクは欧米では「ジャパニーズアネモネ」と呼ばれるそうな。

10月4日撮影。鎌倉大功寺にて。
06shumei_09_11_12.jpg










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/524-ec4ed875
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「勇気を出して」?シュウメイギクをアップなさいましたね。
お寺の境内で咲くシュウメイギクたち。私はご近所の畑やお庭、
公園の花壇、というところでしか見ていませんから、こういう雰囲気が新鮮です。
noodlesさんが撮られた東慶寺のピンクの一重は、私が今年初の出会いだった
ピンクの一重より、ふっくらした感じですね。
同じく東慶寺の、白の一重と八重の中間のようなのはいじられた、というような
痛々しさを感じてしまいました。

やっぱり一重の白が断然好きです。
Posted by ポージィ at 2009.11.12 15:46 | 編集
綺麗ですよね。
大好きな花です。
でも増えて、すぐ群生してしまうのが難点です。
咲き始めが一番綺麗に思えます。

子供の頃見たシュウメイギクは、もっと楚々として本当に綺麗でした。
今は、人の手が入り過ぎているような気がします。
Posted by ロッキーママ at 2009.11.12 16:52 | 編集
シュウメイギクたち、華やかに登場しましたね。
ギリギリセーフかな(笑)。
私もシュウメイギクは、お寺に似合う花だと思いますね。
風情が、なんとなく合ってるというか。
実際には、noodlesさんのようにお寺の境内で見た憶えは無いんですけどね(笑)。
Posted by goro’s at 2009.11.13 01:00 | 編集
ポージィさん

>「勇気を出して」?シュウメイギクをアップなさいましたね。

通年花探しで歩き回り、更新できずにどんどんたまるストック。
時間が立つと自分の中で、新鮮味が薄くなっていくんですよね。。
今年初の出逢い花も、まだけっこうあるんですが、撮ってきた後で調べたら、雌花を撮ってなかった!と来年まで見送ったりとか。。。

>お寺の境内で咲くシュウメイギクたち。私はご近所の畑やお庭、
公園の花壇、というところでしか見ていませんから、こういう雰囲気が新鮮です。

前述ゆえ、新鮮さを感じていただけ幸せです♪
寺に特価したことで、自分も勇気が出ました〜(笑)。

>noodlesさんが撮られた東慶寺のピンクの一重は、私が今年初の出会いだった
ピンクの一重より、ふっくらした感じですね。
同じく東慶寺の、白の一重と八重の中間のようなのはいじられた、というような
痛々しさを感じてしまいました。

華美ですよね?
一重瞼を二重にしたい気持ちと同じでしょうか。。

>やっぱり一重の白が断然好きです。

一橋くんは、一重も二重もキモいですね(こらこら・・・)
Posted by noodles2 at 2009.11.13 17:43 | 編集
ロッキーママさん

>綺麗ですよね。
大好きな花です。
でも増えて、すぐ群生してしまうのが難点です。
咲き始めが一番綺麗に思えます。

咲き始めの、数本でポヨ〜んと咲いているのが、風情ありますね♪

>子供の頃見たシュウメイギクは、もっと楚々として本当に綺麗でした。

僕は寺か人様の庭のものしか見たことありませんが、自分の中では寺とシュウメイギクは相性がいいと思います。

>今は、人の手が入り過ぎているような気がします。

お花屋さんが、そんな発言していいのですか?(笑)
Posted by noodles2 at 2009.11.13 17:48 | 編集
goro'sさん

>シュウメイギクたち、華やかに登場しましたね。
ギリギリセーフかな(笑)。

いやはや。
最初のカットが気に入ってたので、お蔵入りにしたくなかったので、なんとかかんとか・・・

>私もシュウメイギクは、お寺に似合う花だと思いますね。
風情が、なんとなく合ってるというか。
実際には、noodlesさんのようにお寺の境内で見た憶えは無いんですけどね(笑)。

経験もないのに、同意して下さって感謝します(笑)。
環境とは恐ろしいですね。
僕なんか、シュウメイギクは寺のもんだ!ぐらいに思っています〜(笑)。。
Posted by noodles2 at 2009.11.13 17:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。