--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.06

タデ科3態♪/09年、四季の花(197)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00image_09_11_06.jpg
本日はイヌタデ属を3種。いや~、どれも花部分(萼)は地味。
ですが、全体の花姿は風情があり、散策中つい脚を止めて眺め入ってしまいます。



01inutade_09_11_06.jpg
【イヌタデ】
犬蓼、アカマンマ(赤まんま)とも。タデ科イヌタデ属。
千島・樺太・朝鮮・中国・ヒマラヤ原産。
9月27日撮影。

前出のママコノシリヌグイミゾソバ、ほか様々な仲間の属長です。
でも、イヌ(役立たず)をつけられたイヌタデ。
相変わらず未見のヤナギタデと違い「役立たず」というわけです。

花言葉:あなたのお役に立ちたい
健気です、役立たずといわれてまで。
充分に癒されてますよ・・・



02hanatade_09_11_06.jpg
【ハナタデ】
花蓼、ヤブタデ(薮蓼)とも。タデ科イヌタデ属。日本原産。
9月27日~10月4日撮影。

イヌタデより花がまばらで、葉が丸みをおび、
イヌタデが里の日当りのよい草地に生息するのに対し、
山の日陰の湿り気のあるところに生えます。
小さな花(萼)は、非常に繊細です。

03hanatade_09_11_06.jpg

花言葉:愛くるしい
ごもっとも!



04hanatade_09_11_06.jpg
【ボントクタデ】
凡篤蓼。タデ科イヌタデ属。北アメリカ原産 。
9月20日撮影。

ヤナギタデと瓜ふたつ。
細かいディテールの差はあるようですが、環境にも左右されるので、
見分けは非常に困難。葉を齧ってみるしか同定は不可能。
イヌタデ同様に「凡篤=愚かもの」とまで揶揄されたボントクタデ。
人里近くの水辺や湿地に生え、その姿は正に風雅♪

06hanatade_09_11_06.jpg

花言葉:君を離さない
確かに鮎の塩焼きにはタデ酢は必須だが、僕にはボントクタデも大事な存在です。

05bontoku_09_11_06.jpg










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/520-fec156c1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
イヌタデ以外、一度も会ったことのないタデ科の花たちです。
どの子もかわいいですねぇ。食べることを基準に考えたら、みんな役立たず!と
ののしられちゃうのかもしれませんが、心の糧としては大いに役に立ってくれて
いると思います。イヌタデなんか、アカマンマとしておままごと、すなわち
料理の予行演習?にまで役立っちゃったりして。(私は未経験ですが)
「あなたのお役に立ちたい」 「大丈夫よ、十分立ってくれています」といってあげたいです。

野で咲く姿がいちばん素適ですが、素朴な味わいの陶製や竹筒の一輪挿しなどに
活けてもとても素適でしょうね。
Posted by ポージィ at 2009.11.06 19:05 | 編集
今日の花言葉は素敵ですね。
「あなたのお役に立ちたい」、良いですよね。
庭で咲いていると、「お役に立っていないよ」と思いますが

ボントクタデは素敵ですね。
見た事はないですが、品があってかわいいです。

しかしなぜ、イヌが役に立たないと云うのでしょうね。
イヌ大好き人間は怒っています。


Posted by ロッキーママ at 2009.11.06 20:20 | 編集
これほど生命力もなくて、群生することも少なかったら、もっと大事にされていただろうって、イヌタデの花を見るたび思います。
ハナタデなどは、優美さすら憶えますからね。
でも可愛さを認めて、愛しんでいるものが大勢いるので、毎年群生してくれると嬉しいです。
平気で踏んづけていますが(笑)。

このボントクタデの群生、きれいですね。
Posted by goro’s at 2009.11.07 01:40 | 編集
ポージィさん

>イヌタデ以外、一度も会ったことのないタデ科の花たちです。
どの子もかわいいですねぇ。食べることを基準に考えたら、みんな役立たず!と
ののしられちゃうのかもしれませんが、心の糧としては大いに役に立ってくれて
いると思います。イヌタデなんか、アカマンマとしておままごと、すなわち
料理の予行演習?にまで役立っちゃったりして。(私は未経験ですが)
「あなたのお役に立ちたい」 「大丈夫よ、十分立ってくれています」といってあげたいです。

あ、意外にもポージィさんはイヌタデ以外逢っていませんでしたか。どれも小振りですが、それぞれに特色があって魅力的です。

>野で咲く姿がいちばん素適ですが、素朴な味わいの陶製や竹筒の一輪挿しなどに
活けてもとても素適でしょうね。

こういう質素な野草を埋ける、心のゆとりがほしいものです・・・
Posted by noodles3 at 2009.11.09 18:43 | 編集
ロッキーママさん

>今日の花言葉は素敵ですね。
「あなたのお役に立ちたい」、良いですよね。
庭で咲いていると、「お役に立っていないよ」と思いますが

意外にも!ですよね。
いちいち花言葉なんかないかな?と思ったんですが、しっかりありました♪

>ボントクタデは素敵ですね。
見た事はないですが、品があってかわいいです。

わ〜い。そう思います?
撮るのは大変なんですが、好きになっていただけて嬉しいです♪

>しかしなぜ、イヌが役に立たないと云うのでしょうね。
イヌ大好き人間は怒っています。

書いていて僕も思いましたよ。
犬は人間と共存するようになって歴史的にも古いのに、
何故「役立たず」なんでしょうね?
Posted by noodles3 at 2009.11.09 18:48 | 編集
goro'sさん

>これほど生命力もなくて、群生することも少なかったら、もっと大事にされていただろうって、イヌタデの花を見るたび思います。
ハナタデなどは、優美さすら憶えますからね。
でも可愛さを認めて、愛しんでいるものが大勢いるので、毎年群生してくれると嬉しいです。
平気で踏んづけていますが(笑)。

踏んづけても平気な花だからこそ、身近な存在なんでしょうね。
秋になってこれらの花がない!なんて想像もできませんね。

>このボントクタデの群生、きれいですね。

ありがとうございます!
Posted by noodles3 at 2009.11.09 18:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。