--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.19

ぎりぎりセーフ♪/09年、四季の花(184)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00image_09_10_19.jpg
ウラナミシジミの雄。
雌は青くなく黒褐色で、秋の蝶だそうです。
メランポディウム(キク科メランポディウム属。メキシコ原産)を撮りながら、
綺麗だな~と撮っていたら、左下にオンブバッタも写っていました♪
オンブバッタの雌(下部)、でかッ!!

さて、ここんとこ目黒自然教育園に頻繁に通い、
中目黒公園にはほとんど脚を運んでいませんでした。
今朝久々に行ってみたら、初物2つ発見~♪



01lozeru_09_10_19.jpg
【ローゼル】
ジャマイカ・ソレル、フロリダ・クランベリー、ロゼリソウとも。
アオイ科フヨウ属。アフリカ北西部原産。
初登場。10月19日撮影。

02lozeru_09_10_19.jpg

03lozeru_09_10_19.jpg

04lozeru_09_10_19.jpg

ハイビスカスの仲間で、ビタミンC、クエン酸がたっぷりなハーブ。
茎の下部は、ほぼ実が占拠していましたが、
ローゼルの萼や苞は美容効果抜群だそうな。
お茶やジャムとして主に食用として栽培されるとのこと。
沖縄土産のハイビスカス・ティーとは、実はローゼル・ティーだそうですよ!



05hanaaroe_09_10_19.jpg
【ハナアロエ】
花アロエ。ブルビネ・フルテッセンス・ホールマークとも。
ユリ科(ツルボラン科)ブルビネ属。モザンビーク~南アフリカ南部原産。
改めて初登場。10月19日撮影。

06hanaaroe_09_10_19.jpg

07hanaaroe_09_10_19.jpg

さて、これこそギリギリセーフ!
まさか中目黒公園に咲いていたとは・・・
園内のこの花壇の横で、いつも太極拳に興じている強面のオヤジがいるんで、
スルーしていたからか?

08hanaaroe_09_10_19.jpg

多肉植物で葉が特徴的ですが、既に悲惨な状態だったので撮りませんでした。
実は3年前に北鎌倉の路傍のプランターのものを、撮ったことあります

そうそう、2008年09月25日に、goro'sさんが同定してくれたのでした。










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/507-2d89a144
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ご心配をおかけ致しましたが、ロッキーが17日の夜旅立ちました。
富士丸君が逝ってショックの中、ロッキーまで逝ってしまいました。
老齢でしたので覚悟は出来ていましたが、喪失感が大きく
何も感じないような状態です。
もう少しコメントはお休みします。

ロッキーの事を気にとめていただき、ありがとうございました。
この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。
Posted by ロッキーママ at 2009.10.19 21:07 | 編集
アオイ科の新人さん見っけ~~って思っていましたが、「ローゼル」といういうんですね。
見つけはしましたが花は萎んでいましたし、何より物凄い人で一歩も近寄れなかったので、遠目から2枚だけ撮り、後日再訪しようと思っていたところでした。
午前中にしか開花しないとなると、問題です。
アオイ科マニアの血が滾ります~~(笑)。

フフフ、ここのハナアロエ、もう何ヶ月も前から咲いていましたよ~~
環境がいいせいか悪いせいなのか、ここの葉っぱはいかにも多肉植物だってことが判りますよね。
太極拳おじさん、まだいるんですか?
Posted by goro’s at 2009.10.20 01:28 | 編集
トップのお写真、心が和みました。
ウラナミシジミの綺麗な紫、いつもユーモラスに思うオンブバッタのカップル。
そして黄色の花はメランポジュームでしょうか。
植物も虫も含め、生き物達のこうした姿はいいですね。

ローゼル、初めてです。アオイ科なのですね。茎や葉柄のシックな濃い色と、
濡らした紙に水彩絵の具を滲ませたような花の色合いが印象的です。
ハイビスカス・ティーって、実はこのローゼルから作られてるんですか。そうなんだ…

3年前不明でアップなさったハナアロエ、覚えてます。繊細な可愛い花ですよね。
産毛のような綿毛のようなほわほわ(花糸?)に触れてみたくなります。
Posted by ポージィ at 2009.10.20 12:10 | 編集
ロッキーママさん

>ご心配をおかけ致しましたが、ロッキーが17日の夜旅立ちました。
富士丸君が逝ってショックの中、ロッキーまで逝ってしまいました。
老齢でしたので覚悟は出来ていましたが、喪失感が大きく
何も感じないような状態です。
もう少しコメントはお休みします。

恐らく尋常ではない喪失感のなか、わざわざ恐れ入ります。
どうかゆっくりと悲しみをお鎮めになって下さい。

>ロッキーの事を気にとめていただき、ありがとうございました。
この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。

いえいえ。
何故にクック、富士丸、ロッキーと連鎖したものかと、僕も大変ショックを受けています。

先日穴澤が事務所に遊びに来たんですが、やっと音楽が聴けるぐらい落ち着いてはきても、泉谷しげるでボロ泣きしてしまい、なんかの弾みで常にそういう状態に陥ってしまうと言っていました。
ロッキーママさんもどうか、健やかに。。。
Posted by noodles3 at 2009.10.20 19:20 | 編集
goro'sさん

>アオイ科の新人さん見っけ~~って思っていましたが、「ローゼル」といういうんですね。
見つけはしましたが花は萎んでいましたし、何より物凄い人で一歩も近寄れなかったので、遠目から2枚だけ撮り、後日再訪しようと思っていたところでした。
午前中にしか開花しないとなると、問題です。
アオイ科マニアの血が滾ります~~(笑)。

そうか・・・
いやゴローさんが、撮っていないはずはないと確信していたのですが、そういう事情でしたか。
しかし、午後は萎んでしまうんですかね?
花としてのローゼルはネット上でも記録が少ないので、午前開花とかまで調べられませんでした。
「バラのように美しい」からローゼルだそうです。

>フフフ、ここのハナアロエ、もう何ヶ月も前から咲いていましたよ~~
環境がいいせいか悪いせいなのか、ここの葉っぱはいかにも多肉植物だってことが判りますよね。
太極拳おじさん、まだいるんですか?

やはり。。。
僕が行く午前は、太極拳オヤジと必ず遭遇します。。
Posted by noodles3 at 2009.10.20 19:25 | 編集
ポージィさん

>トップのお写真、心が和みました。
ウラナミシジミの綺麗な紫、いつもユーモラスに思うオンブバッタのカップル。
そして黄色の花はメランポジュームでしょうか。
植物も虫も含め、生き物達のこうした姿はいいですね。

メランポディウム(メランポジューム)は、毎年更新する気もないのに撮っている花のひとつです。
ウラミシジミ、綺麗ですね。調べたらすぐに名がわかるぐらい秋の代表的な蝶のようですね。オンブバッタ、前回のバッタの交尾より断然ユーモラスです♪

>ローゼル、初めてです。アオイ科なのですね。茎や葉柄のシックな濃い色と、
濡らした紙に水彩絵の具を滲ませたような花の色合いが印象的です。
ハイビスカス・ティーって、実はこのローゼルから作られてるんですか。そうなんだ…

一目でアオイ科だとわかり、意外に安易に同定に至りました。
花、綺麗ですよね〜♪
ゴローさんは祭りの人々で撮れなかったそうですが、実は接写できるような場所でもなく、思いっきり腕を伸ばしてさらにズーム撮影です。
食用としての記述が多く、花としてはまだまだ情報の少ない花です。。

>3年前不明でアップなさったハナアロエ、覚えてます。繊細な可愛い花ですよね。
産毛のような綿毛のようなほわほわ(花糸?)に触れてみたくなります。

まあ昨年ゴローさんが同定したので、胸をなで下ろしていましたが、やっと再会することができました。
ほわほわが、ツユクサ科みたいなのに、アロエってところが不思議です。。
Posted by noodles3 at 2009.10.20 19:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。