--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.01

ヤブマメとナンテンハギ♪/09年、四季の花(176)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00tikara_09_10_01.jpg
チカラシバが咲きはじめました。
でも本日は、マメ!(萩の仲間も溜まってるのに、アップできるのか・・・)



01yabuma_09_10_01.jpg
【ヤブマメ】
薮豆。マメ科ヤブマメ属。日本(沖縄を除く)、朝鮮、中国原産。
9月20日撮影。

02yabuma_09_10_01.jpg

03yabuma_09_10_01.jpg

この時期、林緑であらゆるものに巻きついている蔓性の一年生草本。
地上部の種子(有性生殖)と、地下の種子(単為生殖)をつけ、
地上種子は有性生殖による多目的性から、新天地での順応と移動目的。
地下種子はさやの中に大きめのひとつの種を有し、
単為生殖のため自らと同じ遺伝子をもち、
次年度への確実な存続を確保するという2段戦略だそうな。
因に、アイヌ民族はこの豆を保存食糧としていたそうです。

04yabuma_09_10_01.jpg

花言葉:二股
なるほど、納得。



05nanhagi_09_10_01.jpg
【ナンテンハギ】
南天萩。フタバハギ(二葉萩、タニワタシ(谷渡し)、アヅキナ(小豆菜)とも。
マメ科ソラマメ属。 日本、朝鮮、中国、サハリン、シベリア東部原産。
9月20日撮影。

06nanhagi_09_10_01.jpg

07nanhagi_09_10_01.jpg

日当りのいい草原や林縁を好む多年草。
葉がナンテンに、花がハギに似ていることから拝命。
岐阜県では若芽や茎をアヅキナ(小豆菜)と呼び、食用にするそうな。
アヅキナ(小豆菜)の由来は、煮ると小豆を煮る匂いに似ているからとのこと。
くせがなく、まろやかな味で、上品な風味だそうで、
ゆでて和え物や、おひたし、煮物に・・・
うう。食いたい。

08nanhagi_09_10_01.jpg

花言葉:思案、内気
この小さな花も撮りにくく、確かに内気な子なのかも・・・
「わたしって内気なの・・・」
ところが、一年も付き合ってみると、豹変。
それって「内気」なんじゃなく、単に「人見知り」でしょ! 
と突っ込んだり・・・









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/498-4957a173
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これ、ヤブマメって云うのですか。
うちのフェンスに巻き付いているのを、月曜日に発見しました。
花がきれいでしたが、巻き付くのは困るので撤去しました。
花言葉が二股。うん、納得!

ナンテンハギは、初めてです。
へぇ~食べれるのですか。
上品な風味、私にピッタリ!
花も素敵ですね。
食べてみたいです。
Posted by ロッキーママ at 2009.10.01 18:28 | 編集
ヤブマメの花色、素敵ですよね。
青紫と白の上品な色合いに惹かれます~~
こちらでは年々増えていますね。
生き残り戦略が効を奏しているんようです。
地下の豆を食べてみたいです。

ナンテンハギ、今年は未見です。
昨年は多摩川で見かけましたが、マイフィールドでは東御苑でしか見られません。
久し振りに行ってみようかと思っていましたが、週末は天気もいまいちそうなので、駄目だろうな。
そろそろお終いですね。
Posted by goro’s at 2009.10.02 01:34 | 編集
チカラシバの穂も秋らしい光景ですね。
 
今年、お隣のクズの海に、ずいぶん小さな葉が混じってるなぁと見ていたのが、
どうやらヤブマメだったようです。今日、2~3花が咲いているのを見つけました。
近寄れませんが多分間違いじゃないと思います。鳥さんによって運ばれてきたのか
はたまた風に乗って?昨年まではお隣の空き地にはありませんでしたよ。

ナンテンハギは会ってません。白が基調のヤブマメも、ハッと鮮やかな
ナンテンハギも綺麗ですね。
Posted by ポージィ at 2009.10.02 17:47 | 編集
ロッキーママさん

>これ、ヤブマメって云うのですか。
うちのフェンスに巻き付いているのを、月曜日に発見しました。
花がきれいでしたが、巻き付くのは困るので撤去しました。
花言葉が二股。うん、納得!

あらら、撤去なさいましたか。。
確かに山の中以外では、迷惑者かも知れませんね。。

>ナンテンハギは、初めてです。
へぇ~食べれるのですか。
上品な風味、私にピッタリ!
花も素敵ですね。
食べてみたいです。

食べてみたいですよね。

>上品な風味、私にピッタリ!

あは、ははは。。。
Posted by noodles3 at 2009.10.08 16:08 | 編集
goro'sさん

>ヤブマメの花色、素敵ですよね。
青紫と白の上品な色合いに惹かれます~~
こちらでは年々増えていますね。
生き残り戦略が効を奏しているんようです。
地下の豆を食べてみたいです。

今回詳細を調べて、納得。
我がフィールドでも、着実に増えています。

>ナンテンハギ、今年は未見です。
昨年は多摩川で見かけましたが、マイフィールドでは東御苑でしか見られません。
久し振りに行ってみようかと思っていましたが、週末は天気もいまいちそうなので、駄目だろうな。
そろそろお終いですね。

週末から鬱陶しい天気が続きました。
昨日、有志一同に見守られ、不安定だった穴澤がなんとかブログ上に「悲しい報告」をアップし、本日はず〜っと泣いていた空が笑っているようです。昨夜はお騒がせしました。
転んだとき、右手首をどうかしたようで、今朝起きたら激痛が。。。
Posted by noodles3 at 2009.10.08 16:14 | 編集
ポージィさん

>チカラシバの穂も秋らしい光景ですね。

今年は更新用の撮影はしませんでした。
秋の風情として、眺めています♪
 
>今年、お隣のクズの海に、ずいぶん小さな葉が混じってるなぁと見ていたのが、
どうやらヤブマメだったようです。今日、2~3花が咲いているのを見つけました。
近寄れませんが多分間違いじゃないと思います。鳥さんによって運ばれてきたのか
はたまた風に乗って?昨年まではお隣の空き地にはありませんでしたよ。

戦略が功を奏してしるようで、あちらこちらで増殖中ですね。

>ナンテンハギは会ってません。白が基調のヤブマメも、ハッと鮮やかな
ナンテンハギも綺麗ですね。

ヤブマメのブルーがかった紫もナンテンハギの紫も綺麗ですよね♪あまり迷惑者にならない程度に増えてくれるといいのですが...
Posted by noodles3 at 2009.10.08 16:20 | 編集
右手首、大丈夫ですか。
咄嗟についちゃったんだろうけどね。
お大事に。
Posted by goro’s at 2009.10.09 00:31 | 編集
何だかまた堰が切れたようです。
富士丸くんのこと穴澤さんのこと思うと。
サイレント・ファンでしたから
Posted by ポージィ at 2009.10.09 11:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。