--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.16

幻の花/09年、四季の花(167)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00fujibaka_09_09_16.jpg
【フジバカマ】
藤袴。キク科フジバカマ属(ヒヨドリバナ属)。中国原産。
9月13日撮影。

先週末、鎌倉長谷寺境内に赤白のフジバカマが開花していました。

ですが、この赤いフジバカマは茎が赤味をおび、園芸種だと考えられます。
日本各地の河原などに生息していた本種フジバカマも、
ご多分にもれず、いまや環境省レッドリスト準絶滅危惧(NT)種に指定され、
観賞用として園芸店で入手できるもの、あるいは眼にするものは本種ではなく、
同属他種または本種との雑種であるとのこと。

01fujibaka_09_09_16.jpg

古くは万葉の頃から親しまれてきたフジバカマ。
本種は日本固有説と、古代に中国より渡来したものが帰化した。
あるいは、渡来したものがヒヨドリバナと自然交雑し、
アルビノ(白色種)ほかのバリエーションができあがった・・・
などなど、諸説伝えられるが、現在は絶滅危惧種となってしまい、
本種フジバカマの生態自体、植物学の世界でも未だ整理されていないのだそうな。
どうも素人が深入りできる花ではなさそうです。

02fujibaka_09_09_16.jpg

花言葉:ためらい、遅延、躊躇、あの日を思い出す、優しい思い出
見事に前述をあらわすような言葉ばかりです・・・

03fujibaka_09_09_16.jpg

いずれにせよ、秋の花として止めをさすフジバカマですが、
僕らは現在の園芸種から、本種を想うしかないわけで、
正に「幻の花」なんですね。

04fujibaka_09_09_16.jpg











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/489-32ea86fd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
園芸種のフジバカマにすらお目にかかったことのない私。
花の時期に植えられているお寺の庭などに行ったことがなくて。
 
幻の花となってしまったフジバカマ。どうしてそんなことになって
しまったんでしょうね。
そういえば、源氏物語千年紀事業として、原種フジバカマを殖やして
守っていこうという取り組みがなされたのではなかったかしら??
今検索してみたら、昨年だけでなく今年も続けて行われていました。
http://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/fujibakama/03_report.htm
和の風情を湛え古への思いをかき立てるフジバカマ、だんだん殖えて
危機を脱していけるといいですね。いつか生で見てみたいです~
Posted by ポージィ at 2009.09.16 17:01 | 編集
私にとっても幻の花です。
だってうちのフジバカマ10年位いますが、1度も咲いた事がありません。
いつかは咲くと思い世話をしていますが、やはり幻なんでしょうかね。

原種の花はどんな感じなんでしょうか。
もっと密やかな花でしょうか。
ポージィさんと同じで見てみたいです。
Posted by ロッキーママ at 2009.09.16 20:07 | 編集
秋の七草のなかで最後にやってくるフジバカマも、もう開花し始めましたか。
白花もですか。
今年はなんということでしょうね。

ここまで変化してしまうと、もう見分けるのは無理です。
信頼している場所のものでしか、フジバカマを確認出来ません。
私にとっては、子供の頃野山で見たのが本物のフジバカマだったと、「幻の花」の思い出だけは確かに残っています~~
Posted by goro’s at 2009.09.17 00:36 | 編集
ポージィさん

>園芸種のフジバカマにすらお目にかかったことのない私。
花の時期に植えられているお寺の庭などに行ったことがなくて。

あらら、まだご覧になってなかったんですね。
寺や神社などで出逢うと、格別の風情ですよ〜。
 
>幻の花となってしまったフジバカマ。どうしてそんなことになって
しまったんでしょうね。
そういえば、源氏物語千年紀事業として、原種フジバカマを殖やして
守っていこうという取り組みがなされたのではなかったかしら??
今検索してみたら、昨年だけでなく今年も続けて行われていました。
http://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/fujibakama/03_report.htm

はい。僕も検索中に知りました。
本種フジバカマが減少しているのに、交雑しているヒヨドリバナがそうじゃないところも不思議ですよね。。。

>和の風情を湛え古への思いをかき立てるフジバカマ、だんだん殖えて
危機を脱していけるといいですね。いつか生で見てみたいです~

河原にススキと一緒に群生していたら、素晴らしいでしょうね。

そういえば、今年はセイタカアワダチソウを見ていません。。
Posted by noodles3 at 2009.09.18 18:18 | 編集
ロッキーママさん

>私にとっても幻の花です。
だってうちのフジバカマ10年位いますが、1度も咲いた事がありません。
いつかは咲くと思い世話をしていますが、やはり幻なんでしょうかね。

そうですか・・・
実は我家マンション裏のフェンス(アツミゲシやカラスウリが咲く)にフジバカマがあるのですが、4年前に咲いて昨年までとうとう蕾のまま開花しませんでした。今年はちょっとだけ開きかけていますが、どうなることでしょう。

>原種の花はどんな感じなんでしょうか。
もっと密やかな花でしょうか。
ポージィさんと同じで見てみたいです。

同感です〜。
Posted by noodles3 at 2009.09.18 18:22 | 編集
goro'sさん

>秋の七草のなかで最後にやってくるフジバカマも、もう開花し始めましたか。
白花もですか。
今年はなんということでしょうね。

園芸種だと仮定すれば、早生になっているとも考えられますよね。

>ここまで変化してしまうと、もう見分けるのは無理です。
信頼している場所のものでしか、フジバカマを確認出来ません。

調べれば調べるほど謎の花です。
そう言えば、いつぞやのサワヒヨドリが、自然教育園の別な場所にも咲きだして、やはり真っ白ですが「サワヒヨドリ」の表示がされていました・・・

>私にとっては、子供の頃野山で見たのが本物のフジバカマだったと、「幻の花」の思い出だけは確かに残っています~~

羨ましいですね。大切な思い出です。
Posted by noodles3 at 2009.09.18 18:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。