--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.07

オモダカ♪/09年、四季の花(161)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00omodaka_09_09_07.jpg
一昨日土曜。
近隣の稲の根元で、今年もオモダカと逢えました♪
(実は昨年、サジオモダカと間違えてました・・・)
改めて記録します。

【オモダカ】
面高、沢瀉。ハナグワイ(花慈茹)、クワイ(慈茹)、ナマイ(生藺)、
ヤシコ(野茨菰)、セントウソウ(剪刀草)とも。オモダカ科オモダカ属。
中国原産。
9月4日撮影。

水田や沼地に生息するオモダカは、抽水性の多年草。
根の先端に小さな塊茎をつけるそうです。
因に食用のクワイは、変種だそうで、オモダカは日本には遥か平安時代に渡来したそうな。
和名「面高」は、葉が人の顔に似てい、
鏃(やじり)のような葉の表面に、葉脈が高く隆起してることから。

調べたら花序の上部が雄花で、下部に雌花が咲くそうですが、
稲の根元に絡まっていたせいか、その判別はできませんでした。

雄花
01omodaka_09_09_07.jpg

02omodaka_09_09_07.jpg

雌花
03omodaka_09_09_07.jpg

04omodaka_09_09_07.jpg


05omodaka_09_09_07.jpg

花言葉:ひめたる慕情、高潔、信頼
平安王朝時代の沢瀉紋として、車や武具の印に使われたそうで、
「美しい水草・気品ある白い花」として愛されたそうな。
また武士に、トンボがこの草に止まったら、「勝ち虫」と「勝ち草」として
縁起を担ぎ、愛されたそうです。











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/483-7b6ef61c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今、NHKのクローズアップ現代でスーパー雑草として取り上げていました。

世界中で増えて、除草剤が効かないのでお米の収穫率が3割ぐらい減ってしまうそうです。
農家では、手で抜いて行く他ないそうです。

花も実も葉も、潔い感じで素敵ですよね。
見てるだけなら可愛いですが、この田んぼも来年は半分ぐらいオモダカで埋まってしまうかも。

この田んぼもイネの間にもオモダカがあるのでしょうか?
Posted by ロッキーママ at 2009.09.07 20:37 | 編集
目黒川緑道で葉っぱは見た憶えがありますが、花はどうだったかな?
写真には撮ったことありません。
クワイは、オモダカが変異したものなんですね。
昔々、ガラスの器でクワイを水耕栽培したことがありますが、確かに同じような形の葉っぱでした。

家紋として面高が使われているのありますよね。
歌舞伎の沢瀉屋は、猿之助の屋号です~~
Posted by goro’s at 2009.09.08 02:41 | 編集
オモダカ、可愛いんですけどね…
私もロッキーママさんが書いていらっしゃる「クローズアップ現代」
見ました。除草剤の使い方などが原因でスーパー雑草として急速に
広がっているとか。
noodlesさんのお写真の田んぼもその一つなのかな…
実は平安時代というはるか昔から日本にあった植物で愛されてきたのに、
厄介ものになってしまったなんて悲しい。人の手が入るとどうしていつも
こういうことが起こってしまうのでしょう。
Posted by ポージィ at 2009.09.08 11:28 | 編集
ロッキーママさん

>今、NHKのクローズアップ現代でスーパー雑草として取り上げていました。

>世界中で増えて、除草剤が効かないのでお米の収穫率が3割ぐらい減ってしまうそうです。
農家では、手で抜いて行く他ないそうです。

あらま。タイムリーというべきか否か・・・

>花も実も葉も、潔い感じで素敵ですよね。
見てるだけなら可愛いですが、この田んぼも来年は半分ぐらいオモダカで埋まってしまうかも。

>この田んぼもイネの間にもオモダカがあるのでしょうか?

ここの水田は鴨を放して、自然農法を取り入れているようです。
昨年撮った時期はもう少し遅く、一株しかありませんでした。
こまめに抜いているのだと思います。
稲の間はきれいなもんです。

いずれにせよ稲刈りには姿を消してしまうオモダカです。
Posted by noodles3 at 2009.09.08 17:13 | 編集
goro'sさん

>目黒川緑道で葉っぱは見た憶えがありますが、花はどうだったかな?
写真には撮ったことありません。
クワイは、オモダカが変異したものなんですね。
昔々、ガラスの器でクワイを水耕栽培したことがありますが、確かに同じような形の葉っぱでした。

僕も鎌倉の某寺境内の水瓶植えを確認していますが、葉っぱだけ見事で、花つきが貧弱なため撮っていませんでした。

理科の授業かなんかですか?
クワイ、好物です♪

>家紋として面高が使われているのありますよね。
歌舞伎の沢瀉屋は、猿之助の屋号です~~

そうか、猿之助の屋号ですか!
Posted by noodles3 at 2009.09.08 17:23 | 編集
ポージィさん

>オモダカ、可愛いんですけどね…
私もロッキーママさんが書いていらっしゃる「クローズアップ現代」
見ました。除草剤の使い方などが原因でスーパー雑草として急速に
広がっているとか。
noodlesさんのお写真の田んぼもその一つなのかな…

大丈夫。人の手でまめに抜かれているようです。

>実は平安時代というはるか昔から日本にあった植物で愛されてきたのに、
厄介ものになってしまったなんて悲しい。人の手が入るとどうしていつも
こういうことが起こってしまうのでしょう。

少なくとも平安の頃は、現代とは比べるまでもなく、自然と融和した人々の暗しが忍ばれますね。
今は、森林ですら人為的な場所になってますからね。。。
Posted by noodles3 at 2009.09.08 17:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。