--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.04

メハジキ♪/09年、四季の花(160)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00mehaji_09_09_04.jpg
【メハジキ】
目弾き。ヤクモソウ(益母草)とも。シソ科メハジキ属。
日本原産(本州~沖縄)。
8月25日撮影。

01mehaji_09_09_04.jpg

2年草のメハジキ(目弾き)は、子供が茎を短く切り、
まぶたの上下につっかえ棒のようにして挟み、
目を閉じる勢いで遠くに弾き飛ばして遊んだことから拝命。

このなんとも眼がちかちかしてくるような由来とは裏腹に、
検索すると、とにかくこのメハジキがヤクモソウ(益母草)として、
昔から民間療法薬に用いられてきたことがわかります。

目を明らかにすることから、「メハジキ」の名がついたという節もあり、
これは婦人病の薬や利尿薬、さらに目眩や眼病に効くことに由来するそうな。
文字通り、こちらの由来のほうが「安全」ですね・・・

02mehaji_09_09_04.jpg

03mehaji_09_09_04.jpg

昨日の白いキツネノマゴ同様、このメハジキもgoro'sさんのところで見て、
是非出逢ってみたいと思っていた花です。

goro'sさんの記事によると、
メハジキの学名は「Leonurus sibiricus」。
「Leonurus」は 「leon(ライオン)+ oura(尾)」、
「sibiricus(シベリアの)」で、羽状に裂けた長い葉っぱが、
シベリアのライオンの尾のようだということらしい。

残念ながら僕が撮ったものは30センチほどの子ライオンだったので、
是非野性的なシベリアのライオンをgoro'sさんのところでご覧ください。

花言葉:よき願い、憎悪
これまた両極な・・・











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/482-0ad84032
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
恐ろしい遊びに使う花ですね。

悟郎さんのところで見た花より、かわいいですね。

子ライオンなのか。
悟郎さんのは、牙をむいたライオン見たいでしたものね。

益母草って万葉集の中に出てきたような、聞いた事があるのですが思い出せません。

花言葉は子ライオンは良き願いで、牙をむくライオンは憎悪ですかね。

Posted by ロッキーママ at 2009.09.04 21:10 | 編集
あらら、なんとも可愛いメハジキとの出会いがあったんですね。
何はともあれ、おめでとうございます~~
マイフィールドのものはとっくに咲き終わっていますが、こちらは元気ですね。
零れ種子で増えるようですので、来年はもっと大きなシベリアのライオンに遭遇するかもしれませんね。

またまたリンクありがとうございます~~
Posted by goro’s at 2009.09.05 00:31 | 編集
こんにちは。
長らくご無沙汰いたしました。
ぼちぼち動き出さなくちゃ、という気持ちになってきました。
まだ重たい足をずりずり引きずって歩いているような気分なので
ぼちぼちですが、またよろしくお願いします。

今年も色々な新しい野草との出会いがおありですね。
私は今年は激減。しばらく家の中にこもっていた間に、植物たちの存在が
遠くなってしまったような気がしますが、またお近づきになって
いきたいと思っています。

Posted by ポージィ at 2009.09.07 16:23 | 編集
ロッキーママさん

>恐ろしい遊びに使う花ですね。

>悟郎さんのところで見た花より、かわいいですね。

>子ライオンなのか。
悟郎さんのは、牙をむいたライオン見たいでしたものね。

小振りで可愛いでしょう?♪
北海道にはメハジキはなかったみたいで、僕はそんな危険な遊びはしませんでした(笑)。

>益母草って万葉集の中に出てきたような、聞いた事があるのですが思い出せません。

ロッキーママさん、万葉集に詳しいですよね。
益母草としての名前を採用してあげたらいいのに・・・

>花言葉は子ライオンは良き願いで、牙をむくライオンは憎悪ですかね。

笑。
ゴローさんより僕はだいぶ遅く撮っていますから、ある意味子ライオンとしての分類もありまかもですね♪
Posted by noodles3 at 2009.09.07 18:12 | 編集
goro'sさん

>あらら、なんとも可愛いメハジキとの出会いがあったんですね。
何はともあれ、おめでとうございます~~
マイフィールドのものはとっくに咲き終わっていますが、こちらは元気ですね。
零れ種子で増えるようですので、来年はもっと大きなシベリアのライオンに遭遇するかもしれませんね。

ゴローさんのに比べ、なんとも可愛らしいメハジキに出逢いました。接写した花弁を見ると、かなり傷んできていますが、ゴローさんの立派な株はもうだいぶ前の撮影でしたよね?
環境や株によって個体差が出るのでしょうか。

>またまたリンクありがとうございます~~

そういたしまして!
こちらこそ、いつもお世話になってます。
Posted by noodles3 at 2009.09.07 18:16 | 編集
ポージィさん

>こんにちは。
長らくご無沙汰いたしました。
ぼちぼち動き出さなくちゃ、という気持ちになってきました。
まだ重たい足をずりずり引きずって歩いているような気分なので
ぼちぼちですが、またよろしくお願いします。

いらっしゃいませ!
時の移ろいの中で、序々に悲しみは薄れ、クックとの良い思い出だけが残っていくのでしょう。

>今年も色々な新しい野草との出会いがおありですね。
私は今年は激減。しばらく家の中にこもっていた間に、植物たちの存在が
遠くなってしまったような気がしますが、またお近づきになって
いきたいと思っています。

こちらこそ、宜しくお願い致します。
ペンダントのクックと、遠出出来なくなった晩年のクックの分もたくさん出かけて、たくさんの花を愛でてあげてください♪
Posted by noodles3 at 2009.09.07 18:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。