--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.26

ホテイアオイとオオカナダモ♪/09年、四季の花(153)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00image_09_08_26.JPG
本日はスイレンではなく、水生植物を2態♪



英名はウォーター・ヒアシンス。
07年8月に出逢って以来、2度目の再会♪

01hotei_09_08_26.JPG
【ホテイアオイ】
布袋葵。ホテイソウ(布袋草)とも。ミズアオイ科ホテイアオイ属。南米原産。
8月1日撮影。

02hotei_09_08_26.JPG

日本には明治時代に観賞用にもちこまれ、金魚の産卵にも適しているため、
水槽や金魚鉢の彩りとしてもお馴染み。
寒さにも強く、流れのない池などで、わずかな株が生き延びれば、
翌年には大繁殖するそうな。
国際自然保護連合(IUCN)種の保全委員会が作成した
世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている。
そのため世界中で「青い悪魔」なる汚名をいただいているのだとか・・・

03hotei_09_08_26.JPG

花言葉:ゆれる心、移りやすい恋の悲しみ、恋の愉しみ、好意
「青い悪魔」はあんまりです。花言葉だけは、うるわしいですね。



04baikamo_09_08_26.JPG
【オオカナダモ】
大加奈陀藻。トチカガミ科オオカナダモ属。南米原産。
初登場。8月23日撮影。

05baikamo_09_08_26.JPG

これも水槽を彩る、流通名「アナカリス」としてお馴染みの水草です。
そもそも生物の実験用にもちこまれたものが大繁殖し、
1940年代に山口県で帰化した記録があるそうです。
低温や水質汚濁などの悪条件にも耐えやすく、
1970年代に琵琶湖で大繁茂して問題視されたそうな。
雌雄異株ですが、日本では雄株のみが生育しているとのこと。

06baikamo_09_08_26.JPG

実は以前、金魚の飼育に夢中だったことがあり、産卵させたこともあるんですが、
このオオカナダモが、あっという間に水槽中を埋めつくしたのを覚えています。
あまりに増え過ぎて、適当に切り分けて捨てていたほどです。
こんな可愛い花が咲くとは知りませんでした♪










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/475-f829e76a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
青い悪魔ですか。ピッタリです。
お店に入荷してもすぐに増えていきます。
花は涼しげで素敵ですよね。
侵略的外来種って云うのですか。
まるでエイリアン見たいですね。
ウルトラマンが出てきそう。

オオカナダモの花は可憐ですね。
これもそんなに増えるのですか。

へぇ~金魚を飼育されていたのですか。(イメージに合わないです)笑
今はいないのですか?
実家の父はシュロの木の皮に産卵させていました。
産まれたての金魚、可愛いですよね!


Posted by ロッキーママ at 2009.08.26 20:05 | 編集
「青い悪魔」と呼ばれているんだ、ホテイアオイは。
確かにため池などで増え過ぎて、駆除するのにバキュームカーで吸い取っているなんてニュースを、見た憶えがありますね。
私も何年か前に1度見たきりです。
今年別の場所で見つけているんですが、見に行けるかどうか、微妙です~~

オオカナダモ、どこかで見たような…
水草との縁が薄いので、他のものかもしれません。
シワクチャの花びらが可愛いです~~
Posted by goro’s at 2009.08.27 02:13 | 編集
ロッキーママさん

>青い悪魔ですか。ピッタリです。
お店に入荷してもすぐに増えていきます。
花は涼しげで素敵ですよね。
侵略的外来種って云うのですか。
まるでエイリアン見たいですね。
ウルトラマンが出てきそう。

笑。
船の運航に支障をきたすってことで、厄介者になっていますが、侵略的外来種ってあくまで人間にとっての都合でしかないです。
逆に希少になると絶滅危惧とか騒ぐし・・・
金魚・熱帯魚を扱う店でも、がんがん売ってますからね。
ともあれ綺麗な花だと思います♪

>オオカナダモの花は可憐ですね。
これもそんなに増えるのですか。

なかなか可憐な花ですよね♪

>へぇ~金魚を飼育されていたのですか。(イメージに合わないです)笑
今はいないのですか?
実家の父はシュロの木の皮に産卵させていました。
産まれたての金魚、可愛いですよね!

僕が子供の頃、父親が金魚を飼う趣味があったんです(いまも飼ってますが)。
で、僕の息子が2歳頃にそのトラウマなのか、情操教育のためもあり6年ほど凝っていました。偶然雌がいたみたいで3年目ぐらいから産卵するようになったんです。ある休日の朝に「お父さん、金魚が卵産んだ!」と息子が騒ぎ、僕もビックリ!
慌てて、金魚の産卵について書かれた本を買いに行き、何とか孵化させました。
小金魚の写真を父親に送ったんですが、ジェラシー丸出しでなかなか信じませんでした(笑)。

以後、増やそうと買ってきた金魚が病気持ちで全滅し、以来飼っていません。
Posted by noodles3 at 2009.08.27 13:58 | 編集
goro'sさん

>「青い悪魔」と呼ばれているんだ、ホテイアオイは。
確かにため池などで増え過ぎて、駆除するのにバキュームカーで吸い取っているなんてニュースを、見た憶えがありますね。
私も何年か前に1度見たきりです。
今年別の場所で見つけているんですが、見に行けるかどうか、微妙です~~

花は綺麗だと思いません?
見に行けるといいのに・・・

>オオカナダモ、どこかで見たような…
水草との縁が薄いので、他のものかもしれません。
シワクチャの花びらが可愛いです~~

未見ですが、似たようなポピュラーな水草で「バイカモ」ってのもあります。それかも知れませんね。

そうそう、文中に大きさのことを書き忘れてますが(汗)、
花の大きさは1センチぐらいなんですよ〜♪
Posted by noodles3 at 2009.08.27 14:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。