--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.19

ユリ8態♪/09年、四季の花(148)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります。
00image_09_08_19.JPG
本日は6月初旬から撮り貯めてきたユリを一挙放出!
全てユリ科ユリ属ですが、園芸種も含まれます。
品種名はわかったものだけ表記します。
では、ごゆっくり♪



【テッポウユリ(ヒノモト)】6月20日撮影。
01teppou_09_08_19.JPG

02teppou_09_08_19.JPG


【スカシユリ】6月2日撮影。
03sukasi_09_08_19.JPG

04sukasi_09_08_19.JPG

05sukasi_09_08_19.JPG


【カノコユリ】7月20日撮影。
06kanoko_09_08_19.JPG


【カノコユリ(峰の雪)】7月20日撮影。
07kanoko_09_08_19.JPG


【カノコユリ(アラベスク)】7月20日撮影。
08kanoko_09_08_19.JPG

09kanoko_09_08_19.JPG


【オニユリ】7月18日~20撮影。
10oni_09_08_19.JPG

11oni_09_08_19.JPG

12oni_09_08_19.JPG


【ヤマユリ】7月20日撮影。
13yama_09_08_19.JPG


【タカサゴユリ】8月15日撮影。
14takasa_09_08_19.JPG

15takasa_09_08_19.JPG


ユリ花言葉:威厳、純潔、無垢、貴重、純愛
すべての花言葉があてはまる写真に、撮れたでしょうか?









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/470-65289b7d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
青空の下のテッポウユリの群生、すごいですね。
これ程多いとユリとは思えないです。

アジサイとスカシユリは素敵ですね。

オニユリはこちらでは見かけません。
懐かしい花です。

今流行のハイブリット系より、古来からあるユリの方が
好きです。

ミョウガのお料理、有難う御座いました。
さっそく作ってみますね。


Posted by ロッキーママ at 2009.08.19 20:55 | 編集
ユリの大放出、香りで噎せ返りそうです~~♪

それにしてもユリの世界は、年毎に新品種が登場してきますね。
テッポウユリといったら真っ白な花だとしか思っていませんでしたので、ピンクや黄色のものまで登場して、頭では判っていても、イマイチ感性が受け入れを拒否してしまいます。
今回noodlesさんが見せてくださった、カノコユリの「峰の雪」もそんな状態です。
白花好きですからね、ほんとに素敵なユリだとは思いますが、これをカノコユリと理解しろといわれても、なんだか違和感が残ります。
もっと柔軟な脳にしなくてはいけませんね。

オニユリやタカサゴユリをみると、ほっとします(笑)。
Posted by goro’s at 2009.08.20 01:43 | 編集
ロッキーママさん

>青空の下のテッポウユリの群生、すごいですね。
これ程多いとユリとは思えないです。

これは植物園ですが、ならではの演出でした。

>アジサイとスカシユリは素敵ですね。

ずいぶん前の撮影ですが、やっと登場させてあげられました(汗)。

>オニユリはこちらでは見かけません。
懐かしい花です。

あ、そうですか?
ロッキーママさんちには、立派なオニユリが咲いているのでは?と想像していました。

>今流行のハイブリット系より、古来からあるユリの方が
好きです。

そうですね。僕は深く考えないことにしました。
今回のカノコユリ・アラベスクなんか、建長寺境内奥の山裾で自生していましたから。びっくりでした!

>ミョウガのお料理、有難う御座いました。
さっそく作ってみますね。

料理なんてほどのものでもありませんが、ロッキーママさんのように大量に手に入る方には、保存も効くので良いと思います。
Posted by noodles3 at 2009.08.20 13:34 | 編集
goro'sさん

>ユリの大放出、香りで噎せ返りそうです~~♪

笑。

>それにしてもユリの世界は、年毎に新品種が登場してきますね。
テッポウユリといったら真っ白な花だとしか思っていませんでしたので、ピンクや黄色のものまで登場して、頭では判っていても、イマイチ感性が受け入れを拒否してしまいます。
今回noodlesさんが見せてくださった、カノコユリの「峰の雪」もそんな状態です。
白花好きですからね、ほんとに素敵なユリだとは思いますが、これをカノコユリと理解しろといわれても、なんだか違和感が残ります。
もっと柔軟な脳にしなくてはいけませんね。

ユリに限らず、基本的に地に咲いているものしか撮りませんが、園芸品種が生み出されたのは、遠いいにしえからですし、いまに始まったわけでもないのだから、そこに拘らず、あくまで自分の「主観」で被写体を選択しようかと思っています。

ピンクの色素を抜いて、「真っ白なカノコユリが見たい」って思うのは、業多き人間ならではか?
まあ、綺麗と思えれば、いいのでは?

>オニユリやタカサゴユリをみると、ほっとします(笑)。

今はどこへ行ってもタカサゴユリですね!
撮影不可能な山の上に咲いているオニユリやタカサゴユリは、原風景ですね♪
Posted by noodles3 at 2009.08.20 13:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。