--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.13

オニドコロ/09年、四季の花(144)

※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります。
00onido_09_08_13.JPG
雄花

地味だけど一度認識してしまうと、嫌でも眼につく植物・・・
僕にとってオニドコロは、今の時期、野山を歩くとき、なくてはならない花のひとつです。
いままで雌花が見つからなかったのですが、今年は幸運にも雌花と立派な実が
至近で撮れたので、改めて記録します。

雄花
01onido_09_08_13.JPG
【オニドコロ】
鬼野老。トコロ(野老)とも。ヤマノイモ科ヤマノイモ属。
 日本、朝鮮、中国原産。

8月5日~9日撮影。

髭根を野の老人に見立て「野老」と書き、根に塊ができるので「凝(とこり)」が
なまりトコロ(野老)となったそうな。
鬼とつくのは同類のヒメドコロに対して、葉が大きいことから。

古来より髭根を正月の床に飾り長寿を願う風習から、
「野老飾る」は季語にもなっているとのこと。
ヤマノイモの根は自然薯(じねんじょ)として親しまれ、
オニドコロの根も灰汁で煮立て水にさらし食用とするそうですが、
細かく砕いた状態で渓流に流すと魚を麻痺させる魚毒となるようです。

この山の かなしさ告げよ 野老堀り(芭蕉)

芭蕉も詠んでいますが、いずれにせよ、ヤマノイモやオニドコロ掘りは
庶民にとって日常的なことだったのでしょう。

因に、在原業平(ありわら の なりひら)が、
とある地で、トコロ(野老)が大繁殖している様子を見て、
「この地は野老(ところ)の沢か?」といったことが、
現在の埼玉県所沢市の市名の由来になっているそうな。

花言葉:子だくさん
雄花序の多さからこの花言葉になったようです。

雌花&実
02onido_09_08_13.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/466-c5ac8784
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これって、秋に行司さんが持つ軍配(?)見たいな実がつく
花ですか?
花は初めて見ました。可愛い花ですね。
所沢の地名になった花ですか。
歴史がある花なんですね。

自然薯は庭にたくさんありますよ。
掘るのはちょっと無理ですが。

今日は暑かったですね。
この時間でも暑いです。
もう夏はいいです。そろそろ秋になって欲しいです。
Posted by ロッキーママ at 2009.08.13 20:19 | 編集
マイフィールドでは、ヤマイモよりオニドコロのほうが多いです。
元気よく雄花が立ち上がっているのはよく目にしますが、雌花は少ないです。
そう言っていながら、冬枯れになるとドライになった実はよく見かけるんだけどね。

へぇ、そうだったんだ。
所沢の地名は、オニドコロに由来してたんだ。
今でこそそこそこの街になっていますが、昔はねってことですね。
40年前でも、田舎者がビックリするくらいの田舎でしたよ、所沢は(笑)。
Posted by goro’s at 2009.08.14 03:07 | 編集
ロッキーママさん

>これって、秋に行司さんが持つ軍配(?)見たいな実がつく
花ですか?
花は初めて見ました。可愛い花ですね。
所沢の地名になった花ですか。
歴史がある花なんですね。

そうです!
でも盛りのときに雌花を見つけるのが至難なんですよ。。
びっしりと咲く緑の雄花は、小花マニアライクな花です(笑)。

>自然薯は庭にたくさんありますよ。
掘るのはちょっと無理ですが。

おお、やはりあるんですね!
ヤマノイモの花は、僕のフィールドではまだ蕾段階です。

>今日は暑かったですね。
この時間でも暑いです。
もう夏はいいです。そろそろ秋になって欲しいです。

路傍の花たちは、そろそろ秋の風情になってきました。
毎日暑さが厳しく、アセモがひりひりする日々が続いています////
Posted by noodles3 at 2009.08.14 15:54 | 編集
goro'sさん

>マイフィールドでは、ヤマイモよりオニドコロのほうが多いです。

ヤマノイモの花はじきですね♪
ゴローさんのムカゴ探しも近いですね(笑)。

>元気よく雄花が立ち上がっているのはよく目にしますが、雌花は少ないです。
そう言っていながら、冬枯れになるとドライになった実はよく見かけるんだけどね。

そうそう。冬、こんなところにあったのか!と思うんだけど、オンシーズンにはほとんど眼にしないですよね。。

>へぇ、そうだったんだ。
所沢の地名は、オニドコロに由来してたんだ。
今でこそそこそこの街になっていますが、昔はねってことですね。
40年前でも、田舎者がビックリするくらいの田舎でしたよ、所沢は(笑)。

さすがに30年前ぐらいしか知りませんが、ド田舎でした。
狭山茶の畑がたくさんありました。
先日、「坂東巡り」で、息子と車で埼玉の寺巡りをしたとき、所沢を通過しましたが、づいぶん変わっていました。
Posted by noodles3 at 2009.08.14 15:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。