--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.31

ミソハギ♪/09年、四季の花(135)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00misoha_09_7_31.JPG
【ミソハギ】
禊萩、ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)とも。
ミソハギ科ミソハギ属。日本、朝鮮原産。
7月7日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01misoha_09_7_31.JPG

和名の由来はハギに似ていて、花穂に水を含ませて供物に水をかける風習が、
禊(みそぎ)を連想させるところから。
または溝に生えることから溝萩と呼ぶ地方もあるそうな。

ところで、湿地を好む多年草のミソハギには、3種の花型が存在するそうです。

・長花柱花/雌しべが、長い雄しべと短い雄しべのいずれよりも長い
・中花柱花/雌しべの柱頭が、長い雄しべと短い雄しべの間にある
・短花柱花/雌しべの柱頭が、長い雄しべと短い雄しべのいずれよりも奥にある

今回僕が撮ったものは、中花柱花のようです。
みなさんもミソハギを見つけたら、観察してみてくださいね♪
何故、3種の花型が存在するのか? 興味のある方はこちらでどうぞ。

↓画像クリックで、正規サイズになります
02misoha_09_7_31.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
03misoha_09_7_31.jpg

花言葉:純真な愛情、悲哀、慈悲、愛の悲しみ
悲哀・愛の悲しみについては、
ミソハギの英名がルースストライプ(Ruth Stripe)だそうで、
Ruthless=「無情な、残酷な」という意味に関係があるのかも知れません・・・

↓画像クリックで、正規サイズになります
04misoha_09_7_31.JPG











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/456-cca6193f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今年は早くから咲いていましたね。
うちの近所でも、畑に入る道に咲いています。
でもシベをじっくり見た事がないので、どれかは解りません
明日、取って来て見てみますね。
8月お盆のうちの方では、ミソハギとホウズキは必要不可欠な花です。

明日から1ヶ月夏休みです。
来週は青梅市にレンゲショウマの群生を見に行ってきます。
Posted by ロッキーママ at 2009.07.31 20:23 | 編集
ミソハギ登場ですね。近所のも7月半ば頃から咲き始めました。
乾いた畑に生えているからか何故かは分かりませんが、花つきがまばらで、
noodlesさんが撮られたのより、もう少しおとなしい感じです。

それにしても、ヘェェェェ!!です(笑)
ミソハギのシベの長さに3種類あるとは全く知りませんでした。
すぐ近所でフェンス越しに撮った写真、はたして写っているかしらと、
今確認したところ、「中花柱花」と分かりました。花奥の短いオシベは
見えていませんでしたが、長いオシベ6本の次に花柱が見えてました。
noodlesさんが撮られたのと同じですね。
なぜ3種類あるかもリンク先を見てきました。雄性先熟・雌性先熟といった
植物たち以上に進化しているように感じました。
面白いこと教えていただきました。ありがとうございます。
 
Posted by ポージィ at 2009.07.31 21:36 | 編集
ミソハギは水辺が似合いますね~~

今年は早い時期から咲いていたミソハギですが、花期も長いし、お盆まで持つだろうと思って見ておりましたら、場所によってはほぼ咲き終わってしまったものもあります。
まあ個体差があるので、まだまだ盛りまでには間がありそうなものもあるし、心配することもないんでしょうけどね。

noodlesさんがリンクしているサイト見たことありますが、なにせ老眼なもので、花をじっくり見たこともありません。
巧みな戦略の元、植物たちも生存し続けていくんですね。
負けそう(笑)。
Posted by goro’s at 2009.08.01 01:54 | 編集
ロッキーママさん

>今年は早くから咲いていましたね。
うちの近所でも、畑に入る道に咲いています。
でもシベをじっくり見た事がないので、どれかは解りません
明日、取って来て見てみますね。
8月お盆のうちの方では、ミソハギとホウズキは必要不可欠な花です。

みなさんも観察してみましょう、な〜んていいながら、昨日も数カ所で見たミソハギ。
シベは肉眼ではわかりませんね。ルーペ必携です(笑)。

>明日から1ヶ月夏休みです。
来週は青梅市にレンゲショウマの群生を見に行ってきます。

おお!レンゲショウマは3年前に箱根で一度撮ったきりです。
青梅のどこですか?

一ヶ月もお休みですか。。
羨ましい!
Posted by noodles3 at 2009.08.03 17:03 | 編集
ポージィさん

>ミソハギ登場ですね。近所のも7月半ば頃から咲き始めました。
乾いた畑に生えているからか何故かは分かりませんが、花つきがまばらで、
noodlesさんが撮られたのより、もう少しおとなしい感じです。

野生化して湿地じゃないところでも、眼にしますね。
僕の場合、そのような環境のはいまいち状態が良くないことが多いです。。

>それにしても、ヘェェェェ!!です(笑)
ミソハギのシベの長さに3種類あるとは全く知りませんでした。
すぐ近所でフェンス越しに撮った写真、はたして写っているかしらと、
今確認したところ、「中花柱花」と分かりました。花奥の短いオシベは
見えていませんでしたが、長いオシベ6本の次に花柱が見えてました。
noodlesさんが撮られたのと同じですね。
なぜ3種類あるかもリンク先を見てきました。雄性先熟・雌性先熟といった
植物たち以上に進化しているように感じました。
面白いこと教えていただきました。ありがとうございます。

いや〜、ポージィさんのミソハギも中花柱花でしたか。
「ミソハギは地味だなあ。でも水辺の写真は捨て難いなあ」な〜んて更新に逡巡していたんですが、調べたら面白いネタが見つかり、無事更新できました〜♪
Posted by noodles3 at 2009.08.03 17:08 | 編集
goro'sさん

>ミソハギは水辺が似合いますね~~

ありがとうございます。僕もお気に入りのカットです♪

>今年は早い時期から咲いていたミソハギですが、花期も長いし、お盆まで持つだろうと思って見ておりましたら、場所によってはほぼ咲き終わってしまったものもあります。
まあ個体差があるので、まだまだ盛りまでには間がありそうなものもあるし、心配することもないんでしょうけどね。

どれもそうですが、ミソハギも早かったですね。
昨日、鎌倉ではまだ咲いておりました♪

>noodlesさんがリンクしているサイト見たことありますが、なにせ老眼なもので、花をじっくり見たこともありません。
巧みな戦略の元、植物たちも生存し続けていくんですね。
負けそう(笑)。

リンク先知っていましたか。
昨日も、シベを見ていたんですが、接写しなくちゃわからないです。肉眼では無理でした。。。
Posted by noodles3 at 2009.08.03 17:14 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.07.06 06:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。