--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.24

浮遊する花3態♪/09年、四季の花(130)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00hakuchou_09_07_24.JPG
【ハクチョウソウ】
白蝶草。ヤマモモソウ(山桃草)、ガウラとも。アカバナ科ガウラ属。北米原産。
6月10日撮影。

文字通り、舞っております!
僕はガウラより、断然白い蝶という名を尊重します♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
01hakuchou_09_07_24.JPG

花言葉:清楚
そもそもガウラはギリシャ語で、gaura(華麗な)の意。
清楚・華麗。どちらでもぴったり♪



↓画像クリックで、正規サイズになります
02asupa_09_07_24.JPG
【アスパラガス・ヴィルガツス】
クサスギカズラ科(ユリ科)アスパラガス属。南アフリカ原産。
6月6日~7月20日撮影。

アスパラは葉も花も飛んでます!
この花も毎年撮影に苦労する花です。
こんながつきます♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
03asupa_09_07_24.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
04harusha_09_07_24.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
05asupa_09_07_24.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
06harusha_09_07_24.JPG

花言葉:何も変わらない、私が勝つ、敵を除く、耐える恋、無変化
支離滅裂です。アスパラは野菜としてのイメージが強いからでしょうか?



【ハルシャギク】
波斯菊。ジャノメソウ(蛇目草)とも。キク科ハルシャギク属。北米原産。
初登場。6月2日~6月10日撮影。

ハルシャ(波斯)とはペルシャですが、何故か北米生まれとのこと。
明治初頭に日本に帰化した一年草。

花言葉:上機嫌、陽気、常に快活
正に「陽気」に乱舞しています。

本日のタイトル「浮遊する花」は、この写真を撮ったときに思った言葉!

画像をクリックで、是非「浮遊するハルシャギク」をどうぞ♪











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/450-9984c195
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
浮遊する花つながりでハクチョウソウとアスパラガス、ハルシャギクときましたか。
なるほど~(^^)

ハクチョウソウは蝶の乱舞ですね。わが家のピンクの蝶は日当たりの悪い場所へ
移植してしまったら、今年は花が咲きません。可哀想なことしました。
白蝶草もすてきな名前ですが、ガウラという音の響きにも何故か心惹かれます。
ギリシア語の「華麗な」ですか。ぴったりですね。

アスパラガスの小さな花は撮るのに苦労されるでしょうに、ピッタリピントが
あってますね。お見事です。小さな小さなユリの花みたい。色合いがまた素適です。

ハルシャギクのクリック画像、拝見しましたよ。茎も葉も目立たなくて、
まさに花ばかりがふわふわと浮かんでいるように見えました。
ハクチョウソウの優雅な舞いに対し、こちらは仰るとおり陽気な舞いですね。
 
Posted by ポージィ at 2009.07.24 17:22 | 編集
3者3様に舞っていますね!
ガウラはワルツを、アスパラはタンゴを、ハルシャギクはサンバを。
どれも素敵です。
特にアスパラの花は素敵です。
ハルシャギクは夏の空に似合う花ですよね。

早く夏の太陽の下で、舞を見たいですね!
Posted by ロッキーママ at 2009.07.24 22:28 | 編集
浮遊する花たちですか。
ガウラとハルシャギクは納得ですが、アスパラはどうかな?
ユラユラ揺れるイメージが、私にはありません(笑)。
あまりの花の小ささに、撮るにはいちばん苦労しますけどね。

白蝶草、イメージぴったりのいい名前だと思うんだけどね、赤花がありますのでついガウラと呼んでしまします。

ハルシャギクの浮遊感は大納得です。
細い茎が少しの風にも、まるでモビールのように揺れて、じっと見ているとこちらまで揺れてしまいます~~♪
Posted by goro’s at 2009.07.25 03:01 | 編集
ポージィさん

>浮遊する花つながりでハクチョウソウとアスパラガス、ハルシャギクときましたか。
なるほど~(^^)

>ハクチョウソウは蝶の乱舞ですね。わが家のピンクの蝶は日当たりの悪い場所へ
移植してしまったら、今年は花が咲きません。可哀想なことしました。
白蝶草もすてきな名前ですが、ガウラという音の響きにも何故か心惹かれます。
ギリシア語の「華麗な」ですか。ぴったりですね。

今回ガウラの意味を調べてみて、少し納得したところですが、やはり蝶のイメージを優先しようと思います(笑)。

>アスパラガスの小さな花は撮るのに苦労されるでしょうに、ピッタリピントが
あってますね。お見事です。小さな小さなユリの花みたい。色合いがまた素適です。

これは撮影時期が長期化していることからもわかるように、ちょっとでも風があると撮れません。。

>ハルシャギクのクリック画像、拝見しましたよ。茎も葉も目立たなくて、
まさに花ばかりがふわふわと浮かんでいるように見えました。
ハクチョウソウの優雅な舞いに対し、こちらは仰るとおり陽気な舞いですね。

このハルシャギクも何度も撮りました。
眼にみえる状態や感動を写真に再現することの難しさを痛感します。
Posted by noodles3 at 2009.07.27 16:18 | 編集
ロッキーママさん

>3者3様に舞っていますね!
ガウラはワルツを、アスパラはタンゴを、ハルシャギクはサンバを。
どれも素敵です。

なるほど! ありがとうございます♪

>特にアスパラの花は素敵です。
ハルシャギクは夏の空に似合う花ですよね。

アスパラの実が赤く熟した姿をまだ撮っていません。
今年の課題です。
ハルシャギク、実際はもっと素敵だったのですが。。。
これが限界でした。

>早く夏の太陽の下で、舞を見たいですね!

暑さだけは一丁前ですが、なかなか雲が晴れない日が続きます。。。
Posted by noodles3 at 2009.07.27 16:22 | 編集
goro'sさん

>浮遊する花たちですか。
ガウラとハルシャギクは納得ですが、アスパラはどうかな?
ユラユラ揺れるイメージが、私にはありません(笑)。
あまりの花の小ささに、撮るにはいちばん苦労しますけどね。

そうですか?
ちょっとでも風があると撮影不可能だし、重量感の無さといい、かなり浮遊感があると思いますが。。。

>白蝶草、イメージぴったりのいい名前だと思うんだけどね、赤花がありますのでついガウラと呼んでしまします。

僕の場合は赤花よりも白花のほうが断然好きだってこともありますが、ガウラの意味も調べたら納得ではありました。

>ハルシャギクの浮遊感は大納得です。
細い茎が少しの風にも、まるでモビールのように揺れて、じっと見ているとこちらまで揺れてしまいます~~♪

揺れますよね?(笑)
この感じを出すのに苦労しました〜。。
Posted by noodles3 at 2009.07.27 16:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。