--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.16

蓼科の花6♪/09年、四季の花(126)

00tatesina_09_07_16.JPG
ピタラス蓼科というスキー場のスローブに咲いていたマーガレット?

本日、蓼科で出逢った花ラストです。
一週間、高原の涼風を届けてくれて、ありがとう♪
(すべて画像クリックで、正規サイズになります)



01tatesina_09_07_16.JPG

02tatesina_09_07_16JPG
【チシマギキョウ】
千島桔梗。キキョウ科ホタルブクロ属。日本原産。

北海道~本州中部地方以北の高山帯の岩場や砂礫地に分布。
高さは10センチほどで、花部が3~4センチ。白花も咲いていました♪

03tatesina_09_07_16.JPG

04tatesina_09_07_16.JPG



05tatesina_09_07_16.JPG

06tatesina_09_07_16.JPG
【ヤツシロソウ】
八代草。リンドウザキカンパニュラとも。キキョウ科ホタルブクロ属。
日本(阿蘇山)原産。

高さは60センチぐらいで、トップに固まって咲く姿が凛としていました。
熊本県八代市に自生することが和名の由来。
生息地の環境悪化で、絶滅危惧B類に指定されているそうです。
ピタラス蓼科のロープウェイ乗り場私設の花壇で咲いていました♪

07tatesina_09_07_16.JPG



ってことで、掲載を逸していたキキョウとホタルブクロです。
山の小さなキキョウたちと比較するとまた違った味わい♪
3枚目のキキョウは立上がらず、地に這うように咲いていました。

08kikyou_09_07_16.JPG

09kikyou_09_07_16.JPG

10kikyou_09_07_16.JPG
【キキョウ】
桔梗、オカトトキ(岡ととき)とも。キキョウ科キキョウ属。
日本、朝鮮、中国原産。
6月10日、中目黒にて。

11hotaru_09_07_16.JPG
【ホタルブクロ】
蛍袋。キキョウ科ホタルブクロ属。日本、朝鮮、中国原産。
6月6日、北鎌倉円覚寺にて。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/446-ca1c3013
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
普段目にすることのできない高地の花たちをたくさん見せてくださって
ありがとうございました。
それぞれが個性と美しさの華をもっているけれど、平地の園芸植物などと
比べて、素朴さの魅力があるのがいいですね。
高原のお花畑にたくさん咲いてほしい花たちばかりでした。
スキー場のゲレンデが、夏は花を咲かせてこんな姿を見せてくれるのも素適ですね。

今日のお花の、チシマギキョウはキキョウとリンドウの特徴を併せ持ったような
花形に見えました。そしてヤツシロソウは、目に飛び込んできた瞬間、
てっきりリンドウかと。 ホタルブクロ属なんですねぇ。
どちらもとてもとても可愛いです。
ヤツシロソウの濃い紫にキキョウソウを思い出しました。今年は見られるかなぁ…。
Posted by ポージィ at 2009.07.16 17:13 | 編集
トップの写真素敵です。高原そのものですね。

どの花も色が綺麗で、普通では見れない感じです。
ヤツシロソウ、リンドウに似ていますね。
この色、目が覚めるようです。

暑い毎日にスゥ~と涼しさが流れた6日間でした。
見られて良かったです。
でも、いいなぁ~!実物が見られて。
羨ましいです。(笑)
Posted by ロッキーママ at 2009.07.16 22:17 | 編集
蓼科高原の花レポート、お疲れさまでした。
普段ほとんど立ち入らない高山植物の分野ですので、さぞかし同定には苦労なされたことでしょうね。
お察しいたします。

トップの花、マーガレットにしてはすっきりとした姿ですね。
それじゃ何かと問われても、判りませんが(笑)。

キキョウやリンドウは、日本の各地に固有種がありそうですね。
地域の名前を冠したものが、いっぱいあるんでしょうね。
普段見慣れたキキョウとは違うチシマギキョウ、高山植物らしく花にも繊毛が生えているのが愛しいです~~
葉っぱも全然違いますね。

ヤツシロソウらしきものを過去に1度だけ見たことありますが、こんなにすっきりした花姿ではありませんでした。
ホタルブクロ属だったんですね。

キキョウも盛りと咲いていますね。
3枚目のは矮性種だと思います。
年々増えて、地面すれすれで咲いています。
Posted by goro’s at 2009.07.17 01:02 | 編集
ポージィさん

>普段目にすることのできない高地の花たちをたくさん見せてくださって
ありがとうございました。
それぞれが個性と美しさの華をもっているけれど、平地の園芸植物などと
比べて、素朴さの魅力があるのがいいですね。
高原のお花畑にたくさん咲いてほしい花たちばかりでした。
スキー場のゲレンデが、夏は花を咲かせてこんな姿を見せてくれるのも素適ですね。

いや〜、6日間のおつき合い、ありがとうございました。
僕も高山植物の魅力にすっかりハマってしまいました。
8月にまた行きたいぐらいです!

今日のお花の、チシマギキョウはキキョウとリンドウの特徴を併せ持ったような
花形に見えました。そしてヤツシロソウは、目に飛び込んできた瞬間、
てっきりリンドウかと。 ホタルブクロ属なんですねぇ。
どちらもとてもとても可愛いです。

すーっと背の高い花だったので、リンドウではないのはわかりましたが、同定に難儀しそうで嫌な予感しながら撮っていました(笑)。

>ヤツシロソウの濃い紫にキキョウソウを思い出しました。今年は見られるかなぁ…。

残念ながら僕のフィールドでは6月でキキョウソウは終わっていますよ。間に合うでしょうか?
Posted by noodles3 at 2009.07.17 13:30 | 編集
ロッキーママさん

>トップの写真素敵です。高原そのものですね。

ありがとうございます。青空だったらバッチリだったのですが・・・

>どの花も色が綺麗で、普通では見れない感じです。
ヤツシロソウ、リンドウに似ていますね。
この色、目が覚めるようです。

リンドウは地を這うように咲きますが、ノッポなこの花はなんだ???ってな感じでした。
カンパニュラ系に行き当たり、なんとか同定に至りました♪

>暑い毎日にスゥ~と涼しさが流れた6日間でした。
見られて良かったです。
でも、いいなぁ~!実物が見られて。
羨ましいです。(笑)

おつき合い、ありがとうございました!
8月にまた行きたいぐらいです。
金と暇が・・・(笑)
Posted by noodles3 at 2009.07.17 13:35 | 編集
goro'sさん

>蓼科高原の花レポート、お疲れさまでした。
普段ほとんど立ち入らない高山植物の分野ですので、さぞかし同定には苦労なされたことでしょうね。
お察しいたします。

おつき合いありがとうございました。
マイ図鑑に代表的なものは掲載されていたのと、検索ではやはり山系の花が充実しているサイトがあり、そもそも全体数が少ない分野ですから、予想以下の難度でした。
まあ4年ごしの知識も多少ありますし(笑)。

>トップの花、マーガレットにしてはすっきりとした姿ですね。
それじゃ何かと問われても、判りませんが(笑)。

ですね。ただでさえ踏み入りたくない野菊系で、それが標高2000メートル辺りですから、自分の知識はまったく生きません(苦笑)。。。

>キキョウやリンドウは、日本の各地に固有種がありそうですね。
地域の名前を冠したものが、いっぱいあるんでしょうね。
普段見慣れたキキョウとは違うチシマギキョウ、高山植物らしく花にも繊毛が生えているのが愛しいです~~
葉っぱも全然違いますね。

検索していたら類似種のイワギキョウというのがあり、正に花に繊毛があるかないかで区別すると、記述されていましたよ。

>ヤツシロソウらしきものを過去に1度だけ見たことありますが、こんなにすっきりした花姿ではありませんでした。
ホタルブクロ属だったんですね。

ホタルブクロ属からカンパニュラに当たり、ヤツシロソウに辿り着きました♪

>キキョウも盛りと咲いていますね。
3枚目のは矮性種だと思います。
年々増えて、地面すれすれで咲いています。

そうですね。矮性種のほうが写真映えはしますね♪
Posted by noodles3 at 2009.07.17 13:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。