--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.13

蓼科の花3♪/09年、四季の花(123)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00tatesina_09_07_13.JPG
本日は、蓼科で出逢った黄色の花々を♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
01tatesina_09_07_13.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
02tatesina_09_07_13.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
03tatesina_09_07_13.JPG
【ミヤマキンポウゲ】
深山金鳳花。キンポウゲ科キンポウゲ属。日本原産。

北海道、本州(中部地方以北)に分布する在来種。
ウマノアシガタとよく似ています。



↓画像クリックで、正規サイズになります
04tatesina_09_07_13.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
05tatesina_09_07_13.JPG
【シナノキンバイ】
信濃金梅。キンポウゲ科キンバイソウ属。日本原産。

信濃(長野)に自生するキンバイが、和名の意。
ミヤマキンポウゲより大きめで、赤味の強い黄色。



↓画像クリックで、正規サイズになります
06tatesina_09_07_13.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
07tatesina_09_07_13.JPG
【ヒメツキミソウ】
姫月見草。エノテラ・アフリカンサンとも。アカバナ科マツヨイグサ属。
北米東部原産。

昼咲きの小さなツキミソウ。
シベの様子から、アカバナ科だなと思いましたが、ちょっと同定に苦労しました。
凄く可愛いです♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
08tatesina_09_07_13.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/443-ef01e15c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ヒメツキミソウ、かわいいです。
なんて可愛いのでしょう。
野原(?)一面、ヒメツキミソウなんて素敵ですね。
先日白花ツキミソウのタネを貰い、たくさん芽が出てきました。ここみたいに、庭一面ツキミソウにならないかな。

キンポウゲ科の花はどれも似ていますね。
みんな可愛くて、輝いているような気がします。

やっぱり蓼科に住みたいです。たとえ息苦しくても。



Posted by ロッキーママ at 2009.07.13 20:52 | 編集
可愛いですね~~
ロッキーママさんと同じく、私もヒメツキミソウに
心を鷲づかみにされました(笑) 同定お疲れ様でした!
ちょっと丈のあるつんつんした草の中に埋もれるようにたくさん。
そんな様子も可愛いです。産毛に覆われた丸い蕾も可愛いですね♪

ミヤマキンポウゲとシナノキンバイはよく似ていますね。
最初同じものだと思ってしまいました。

Posted by ポージィ at 2009.07.13 21:33 | 編集
さすが蓼科、キンポウゲ科の花たちがこの季節に咲いているんですね。
シナノキンバイはネットでしかみたことありませんが、イチゲ系の花だったんですね。

ヒメツキミソウはこちらでも見かけることはありますが、栽培されているものばかりす。
こんなに広い場所で咲いていと、尚一層素敵ですね~~

過去に「エノテラ フルティコーサ」の名前で紹介していますが、まだまだ勉強不足の頃の記事なので、花名が間違ってます(汗)。
手元に花の写真もあるので、記事にしたいとは思っていたんですけどね。
因みに私はこの花は、「エノテラ アフリカンサン」の名前で認識しています~~♪
Posted by goro’s at 2009.07.14 00:56 | 編集
ロッキーママさん

>ヒメツキミソウ、かわいいです。
なんて可愛いのでしょう。
野原(?)一面、ヒメツキミソウなんて素敵ですね。
先日白花ツキミソウのタネを貰い、たくさん芽が出てきました。ここみたいに、庭一面ツキミソウにならないかな。

イエ〜ッ! 可愛いでしょう?!
シロバナツキミソウ、いっぱいになるといいですね♪

>キンポウゲ科の花はどれも似ていますね。
みんな可愛くて、輝いているような気がします。

ミヤマキンポウゲは雪解けの時期らしく、ちょっと時期が遅いためあまり良い状態ではありませんでしたが、今頃見るのも新鮮ですね♪

>やっぱり蓼科に住みたいです。たとえ息苦しくても。

笑。
Posted by noodles3 at 2009.07.14 15:13 | 編集
ポージィさん

>可愛いですね~~
ロッキーママさんと同じく、私もヒメツキミソウに
心を鷲づかみにされました(笑) 同定お疲れ様でした!
ちょっと丈のあるつんつんした草の中に埋もれるようにたくさん。
そんな様子も可愛いです。産毛に覆われた丸い蕾も可愛いですね♪

サイトによっては、同名でマツヨイグサの写真を掲載しているところがあり、惑わされました。。
スキー場のスローブなんですよ。一面の黄色の花の中でメルヘンしちゃいそうでした(笑)。

>ミヤマキンポウゲとシナノキンバイはよく似ていますね。
最初同じものだと思ってしまいました。

これは、同じ日に撮らなかったら、僕も区別できなかったかもしれません。
大きさと色、シベ周辺の造作がポイントのようです。
Posted by noodles3 at 2009.07.14 15:18 | 編集
goro'sさん

>さすが蓼科、キンポウゲ科の花たちがこの季節に咲いているんですね。
シナノキンバイはネットでしかみたことありませんが、イチゲ系の花だったんですね。

蓼科は今が初夏で、9月まで色々な花が咲くようです。
イチゲ系ですよね。この時期に見るのも新鮮です♪

>ヒメツキミソウはこちらでも見かけることはありますが、栽培されているものばかりす。
こんなに広い場所で咲いていと、尚一層素敵ですね~~

げ!
ゴローさん紹介していましたっけ?
東京でも咲いているんだ!

>過去に「エノテラ フルティコーサ」の名前で紹介していますが、まだまだ勉強不足の頃の記事なので、花名が間違ってます(汗)。
手元に花の写真もあるので、記事にしたいとは思っていたんですけどね。
因みに私はこの花は、「エノテラ アフリカンサン」の名前で認識しています~~♪

エノテラ=昼咲きということらしいです。
こんなに群生しているんだし、ヒメツキミソウでいいじゃないですか!(笑)
Posted by noodles3 at 2009.07.14 15:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。