--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.25

トケイソウとニゲラ♪/09年、四季の花(111)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00tokei_09_06_25.JPG
【トケイソウ】
時計草。パッション・フラワー、ボロンカズラ(ボロン葛)とも。
トケイソウ科トケイソウ属。ブラジル原産。
5月30日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01tokei_09_06_25.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
02tokei_09_06_25.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
03tokei_09_06_25.JPG

本日は、誰が名付けた「時計草」。
毎年思いますが、正に時計そのもの・・・

ですが、英名のPassion Flowerは、キリストの受難(Passion)が由来。
16世紀にブラジルに派遣されたイエズス会の宣教師たちが、
この花を聖フランチェスコが夢に見た「十字架上の花」と信じ、
キリスト教の布教に利用したのだとか。

彼らによれば、トケイソウはキリストの受難を象徴する形だそうで、
花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、巻きひげはムチ、副冠は茨の冠、
5枚の花弁と萼を合わせて10人の使徒、葉は槍、ということらしい・・・

16世紀の宣教師たちにも、よほど奇妙な花に見えたのでしょう。
ってわけで、花言葉もわかりやすい!
花言葉:信心、宗教、信仰、宗教的熱情、聖なる愛

なんとトケイソウ科トケイソウ属は、約500種類もあり、
さらに園芸種が生み出されているので、もの凄い数の種類が存在するようです。

↓画像クリックで、正規サイズになります
04tokei_09_06_25.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
05tokei_09_06_25.JPG
こちらは、パッシフロラ・アメシストという園芸品種。



キリストの受難はどうでもいいのですが、僕にはトケイソウの奇妙な造作が、
「ニゲラにも共通するなあ」といつも眺めてます。
無論、まったく異種なんですが・・・

↓画像クリックで、正規サイズになります
06nigera_09_06_25.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
07nigera_09_06_25.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
08nigera_09_06_25.JPG
【ニゲラ】
黒種草、黒種子草(くろたねそう)とも。キンポウゲ科ニゲラ属。
南ヨーロッパ原産。
5月26日撮影。

花言葉:未来、夢で逢いましょう

↓画像クリックで、正規サイズになります
09nigera_09_06_25.JPG











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/431-63e30913
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
不思議な花ですよね。
トケイソウと云う名前がぴったりです。
たくさん咲いていると、目玉に見える事がありますので
ちょっと苦手です。
ニゲラの蕾って、オリに入れられたエイリアンみたいな感じがします。
咲くとかわいいのですが。
Posted by ロッキーママ at 2009.06.25 22:14 | 編集
トケイソウの登場ですね。この花を見て時計だ!と思って命名した方に
拍手を送りたいです。針がグルグル回転していてまどわされそうな時計に、
異界にでも連れて行かれそうな気がすることもありますが。
でも、キリスト教徒にはイエス・キリストの受難を表す花に見えたのですね。
説明を拝見してなるほどなぁと思います。
花言葉も宗教がらみですね。

トケイソウ同様、ニゲラもオシベ・メシベ部分に特徴がありますよね。
存在感たっぷり。ニゲラは実も面白く存在感ありですね。

ニゲラの英語名は Love in a mist だったかな?
「未来、夢で逢いましょう」の花言葉と何となくつながる感じですね。
Posted by ポージィ at 2009.06.25 22:22 | 編集
どちらも不思議な造形ですよね。
特にトケイソウはインパクトがあります。
初めて見て、名前が判ったら、もう一生忘れないでしょうね。
奇妙な形の花はいろいろありますが、トップクラスでしょうね。
何回か見かけましたが、今年はまだ撮っていません。
パッションフルーツも、お仲間ですよね~~

ニゲラとトケイソウの雰囲気、似ていると思います。
花っぽいのは、ニゲラのほうだと思いますけどね~~♪
Posted by goro’s at 2009.06.26 03:47 | 編集
ロッキーママさん

>不思議な花ですよね。
トケイソウと云う名前がぴったりです。
たくさん咲いていると、目玉に見える事がありますので
ちょっと苦手です。

目玉ですかあ?!
確かに言われてみれば。。
でも、時計でしょう♪
そう、思い込むことにしましょうよ(笑)。

>ニゲラの蕾って、オリに入れられたエイリアンみたいな感じがします。
咲くとかわいいのですが。

これまた、エイリアンの卵ですか?!
まあ、粘膜質じゃないので、僕は大丈夫です(笑)。
Posted by noodles3 at 2009.06.26 17:55 | 編集
ポージィさん

>トケイソウの登場ですね。この花を見て時計だ!と思って命名した方に
拍手を送りたいです。針がグルグル回転していてまどわされそうな時計に、
異界にでも連れて行かれそうな気がすることもありますが。

笑。さあ、ポージィさんが連想する異界とは、どんな世界でしょう?

>でも、キリスト教徒にはイエス・キリストの受難を表す花に見えたのですね。
説明を拝見してなるほどなぁと思います。
花言葉も宗教がらみですね。

そうんなんですよ。
初めて見たときのインパクトといったら、ないですもんね。
宣教師たちの驚きが、伝わってくるような逸話です。

>トケイソウ同様、ニゲラもオシベ・メシベ部分に特徴がありますよね。
存在感たっぷり。ニゲラは実も面白く存在感ありですね。

はい! 今回は「奇妙な造形」で括ってみました(笑)。

>ニゲラの英語名は Love in a mist だったかな?
「未来、夢で逢いましょう」の花言葉と何となくつながる感じですね。

あ、そうなんですか?
ニゲラより、いい名前ですね♪
Posted by noodles3 at 2009.06.26 18:00 | 編集
goro'sさん

>どちらも不思議な造形ですよね。
特にトケイソウはインパクトがあります。
初めて見て、名前が判ったら、もう一生忘れないでしょうね。
奇妙な形の花はいろいろありますが、トップクラスでしょうね。
何回か見かけましたが、今年はまだ撮っていません。

検索するとユニークな形のがいっぱいあって、ほんとはもっと種類を撮りたかったんですが、今年も2種類だけの出逢いでした。

>パッションフルーツも、お仲間ですよね~~

パッションフルーツなので、てっきり「情熱」のフルーツだと思っていました。
パッションには、もうひとつ「受難」という相反する意味があるんですね。知りませんでした。。

>ニゲラとトケイソウの雰囲気、似ていると思います。
花っぽいのは、ニゲラのほうだと思いますけどね~~♪

ですよね!
「奇妙な形」括りにしてみました〜♪
Posted by noodles3 at 2009.06.26 18:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。