--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.08

サワフタギ/09年、四季の花(79)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00image_09_05_08.JPG
昨日から仕事でしたが、GW中に撮った写真セレクト&DLをしているうちに、
夕方の神保町出向の時間になってしまい、タイムアウトでした。
本日からまた、まったりといきましょうか。



さて、GW前に自然教育園で初めて出逢ったサワフタギ。
密集して咲く花と、長く伸びた雄しべのため、遠目にはワタのように見えました。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01sawafuta_09_05_08.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
02sawafuta_09_05_08.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
03sawafuta_09_05_08.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
04sawafuta_09_05_08.JPG


花言葉:緊張感
鬱蒼と咲く全体像に緊張感がなくもないですが、なかなか美しい花です。

サワフタギ(沢蓋木)の名は、青々と生い茂り、沢を覆い隠すことが由来。
別名のニシゴリ(錦織木)は、この木灰を紫根染の触媒することから。
ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)は、秋の瑠璃色の実と、
柔軟な枝を牛の鼻輪に使ったってことで、牛にとっては痛い命名です。

↓画像クリックで、正規サイズになります
05sawafuta_09_05_08.JPG
【サワフタギ】
沢蓋木。ニシゴリ(錦織木)、ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)とも。
ハイノキ科ハイノキ属。日本、朝鮮半島、中国原産。
初登場。4月28日撮影。










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/399-38f147b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
トップのお写真、まさに沢に蓋をするように枝が張り出し
覆いかぶさっていますね。水場の近くに生えることが多いのでしょうか…
会ったことのない木です。っていっても花の時期以外で会ったとしても
素通りでしょうけれど(^^;)
ふわふわと綿毛のような印象は実はシベによるものなのですね。
柔らかな感じ。触りたくなります。
別名の「瑠璃実の牛殺し」はまたすごい名前で、花言葉の「緊張感」は、
この木を見たときの牛の気持ちかと思ってしまいました。
Posted by ポージィ at 2009.05.08 17:57 | 編集
この木は、去年の秋まで散歩道にありました。
毎年白い花を楽しみにしていたのですが、崖が崩れるかもしれないとすべての木を切り、コンクリートで覆ってしまいました。カブトムシとクワガタの宝庫だったのに。

実もきれいですよね。
別名はすごいですね。その名前はかわいそう。
花言葉の「緊張感」は崖の途中に生えていて、いつ崩れるか
毎日緊張しているからかな。

息子さんへ
 14歳のお誕生日おめでとう!
 いっぱい悩んで、いっぱい挑戦して下さいね!

  と、お伝え下さい。
Posted by ロッキーママ at 2009.05.08 19:58 | 編集
自然教育園のサワフタギ、立派な木ですよね。
アップで花が撮れるような場所に、ありましたっけ?
今年も花だけは見てきましたよ、小石川植物園で。
小さな木でしたけど。

「瑠璃実の牛殺し」の名前には、迫力がありますね。
漢字を連ねると、耽美の香りがしてきます~~♪
Posted by goro’s at 2009.05.09 00:58 | 編集
ポージィさん

>トップのお写真、まさに沢に蓋をするように枝が張り出し
覆いかぶさっていますね。水場の近くに生えることが多いのでしょうか…

これは、自然教育園の池といか沼に写こんだ樹々が綺麗なんで、イメージで撮ったものです。モミジだと思います。
紛らわしくてごめんなさい・・・

>会ったことのない木です。っていっても花の時期以外で会ったとしても
素通りでしょうけれど(^^;)
ふわふわと綿毛のような印象は実はシベによるものなのですね。
柔らかな感じ。触りたくなります。

他のサイトで観ると、ここまで雄しべが突出した様子はあまりありませんでした。
僕が撮ったタイミングが、綿のような時だったのでしょうね♪

>別名の「瑠璃実の牛殺し」はまたすごい名前で、花言葉の「緊張感」は、
この木を見たときの牛の気持ちかと思ってしまいました。

なるほど!
座布団2枚!!(笑)
Posted by noodles3 at 2009.05.11 19:40 | 編集
ロッキーママさん

>この木は、去年の秋まで散歩道にありました。
毎年白い花を楽しみにしていたのですが、崖が崩れるかもしれないとすべての木を切り、コンクリートで覆ってしまいました。カブトムシとクワガタの宝庫だったのに。

げっ!
カブトムシやクワガタの宝庫とは!!
もったいないなあ・・・

>実もきれいですよね。
別名はすごいですね。その名前はかわいそう。
花言葉の「緊張感」は崖の途中に生えていて、いつ崩れるか
毎日緊張しているからかな。

なるほど。
ロッキーママさんには、あくまで崖のイメージなんですね(笑)。
秋の実も撮れるといいのですが・・・

>息子さんへ
 14歳のお誕生日おめでとう!
 いっぱい悩んで、いっぱい挑戦して下さいね!

  と、お伝え下さい。

ありがとうございます。
しかと、伝えておきます〜。
Posted by noodles3 at 2009.05.11 19:43 | 編集
goro'sさん

>自然教育園のサワフタギ、立派な木ですよね。
アップで花が撮れるような場所に、ありましたっけ?
今年も花だけは見てきましたよ、小石川植物園で。
小さな木でしたけど。

それはもう立派で、接写可能なほど垂れ下がっておりましたよ〜♪

>「瑠璃実の牛殺し」の名前には、迫力がありますね。
漢字を連ねると、耽美の香りがしてきます~~♪

笑。
2年前のゴローさんの記事にリンクしようとしたのですが、古過ぎか? 検索できませんでした。。
Posted by noodles3 at 2009.05.11 19:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。