--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.20

路傍の草花21。

00sora_hakone.JPG


【ツワブキ】
艶蕗、キク科。日本、中国原産。
“葉に艶のある蕗”が名前の由来だとか。葉が蕗なのに菊の花が咲いていて不思議でした。
蕗と同じで煮付けにすると美味しいそうです。
01tuwabuki_h.JPG


02tuwabuki2_h.JPG


03tuwabuki3_h.JPG

【セキチク】
石竹、ダイアンサスとも、ナデシコ科。中国原産。
04higenadesiko.JPG


05higenadesiko2.JPG

【イヌタデ】
犬蓼、タデ科。千島・樺太・朝鮮・中国・ヒマラヤ原産。
06inutade.JPG

【ヤマゼリ】
山芹、セリ科。日本原産。絶滅危惧品種。
06seri_hakone.JPG


07seri_hakone2.JPG

【ラベンダーセージ】
インディゴ スパイアズとも、シソ科。中南米原産。
08rabenda-seiji_hakone.JPG


09rabenda-seiji_hakone2.JPG

【ハキダメギク】
掃溜菊、キク科。熱帯アメリカ。
10hakidamegiku_hakone.JPG

【チョウジタデ】
丁字蓼、タゴボウ(田牛蒡)とも、アカバナ科。東南アジア原産。
11choujitade.JPG

【イヌサフラン】
犬サフラン、ユリ科。ヨーロッパ、北アフリカ原産。
12inusafuran.JPG


13inusafuran2.JPG

【センニチコウ】
千日紅、ヒユ科。熱帯アメリカ原産。
14sennitikou_hakone.JPG

【ディアスキア】
ゴマノハグサ科。南アフリカ原産。
15diasukia_h.JPG


16diasukia_h.JPG



先週末土曜は、約10年ぶりぐらいで箱根にドライブ。
目的は芸術の秋~♪
息子は彫刻とピカソが好きなので、お約束の箱根彫刻の森美術館へ。
新湘南バイパスを経て、小田原で箱根ターンパイクに乗り景色を楽しみながら芦ノ湖方面へ向かう。途中なんと野草公園なるものを発見したが、ぐっとこらえて(いつか来てやる)、彫刻の森美術館に到着。
昔、何度も来ているので大好きなピカソ館以外興味はない。
そう、僕がピカソ大好きなんです!
しかし、である。敷地内にはけっこう花があるではないか!
野草や植栽植物も含め、それなりに撮ることができました。

17sibafu_hakone.JPG


まだ青々とした芝生に黄、赤、茶の枯葉が落ちていました。
北海道のような四季のバランスが極端な地に育ったからだろうか?
思いがけない風情に感銘したりする。
帰りは湯本の方へ降り、日帰り温泉に浸かった。


この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/39-5aadf0f8
この記事へのトラックバック
箱根ターンパイク箱根ターンパイク(はこねターンパイク)は、神奈川県小田原市から箱根町を経由し、同県湯河原町に至る延長15.782kmの観光有料道路(一般自動車道)で、箱根ターンパイク株式会社(HTPL)が保有・運営する私道である。因みにターンパイク
箱根ターンパイク | 春花のblog at 2007.02.23 04:27
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。