--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.15

シュンラン/09年、四季の花(68)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00image_09_04_15.JPG

3月14日。
世田谷美術館「平泉~みちのくの浄土~」展に行ったとき、
美術館前のブロンズ像。

あえてホワイトバランスを変えたモノクロームな印象と、
まだ葉をもたない、生命力あふれる裸の樹々に呼応するような、像のポーズが面白く、
本日のシュンランに似ている気がして、引っぱり出してみました。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01shunran_09_04_15.JPG

シュンランの花言葉:「気品」「清純」「控えめな美」
納得です。
咲く前も、咲いてからも地味なこと。
日本全国に分布するそうですが、山でこれを視認できるかどうか・・・
ただ、春という字をを冠するだけあり、生命力を感じます。

↓画像クリックで、正規サイズになります
02shunran_09_04_15.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
03shunran_09_04_15.JPG

「すみません。これLモードにするの、どうすればいいんですか?」
と、自然教育園のエントランスでカメラを見ながらおろおろしているオバさんに、
声をかけられたんです。
幸い僕と同じキャノン製の小型のデジコンだったので、
ちゃちゃっと直してあげたら、以後その方といたるところで、蜂合うわけです。
1枚目の蕾を撮っているときも、
「シュンラン、まだ咲いていませんね・・・」と。
「もう少しの辛抱ですね~」な~んて答えましたが、
よく考えれば、四十路ぐらいの方だと思うんです。
向こうも帰宅して、息子か娘に、
「今朝、自然教育園で、どこかのオジさんにカメラの設定を直してもらったのよ」
といってるのだろうか?
彼女は間違えなくオバさんの風情でしたが、
僕はあくまで、大人になれないオヤジなんだけれども・・・

04shunran_09_04_15.JPG
【シュンラン】
春蘭。ラン科シュンラン属。日本原産。
初登場。3月10日~4月10日撮影。










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/388-83a5cdac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
3月半ばといえば、まだ木々の芽吹きも始まってはおらず、
寒々とした冬の名残の風景。でも春は着実に目覚めつつある頃。
裸のブロンズ象も寒そうに感じますが、眠りから目覚めて思い切り
うぅ~んと伸びをしようとしているようにもみえました。

シュンラン登場ですね。日本全国に分布するんですか?
でも自然豊かな山に行かないと見られないんでしょうね。
私はまだ一度もお目にかかったことがありません。綺麗でいかにも
春らしい色の蘭ですね。

「四十路で間違いなくオバサンの風情」にドキッ!
私は夢見る少女の心を持ったオバサンなんですけど、見た目との
ギャップがどれくらいあるのかしら。キモイと思われてたらどうしよう
なんて思いました。
さぁて… noodlesさんはなんと思われたでしょうね(^^)
Posted by ポージィ at 2009.04.15 17:46 | 編集
筋肉質のブロンズ像ですね。まぁ、メタボのブロンズ像は見た事ないですけど。二の腕の筋肉は私も負けてないですよ。

うちのシュンランはもう花が終わりました。
満開になると、そんなに地味でもないですよ。

肥料も水もいらないし、勝手に増えるし、大変育てやすい花です。お庭に如何ですか?(笑)

どこを見てオバサンと判断されたのでしょうか?
お聞きしたいです。(笑)

Posted by ロッキーママ at 2009.04.15 19:09 | 編集
世田谷美術館の前には行ったことありますが、この青年には見覚えありません。
際どいラインでブロンズ像をカットしましたね~~(笑)。

シュンランには毎年パワーを注入してもらってます。
まだ咲いていましたか。
こちらはとっくに咲き終わってます。

noodlesさんはオジさんですよ。
もうオニイさんではありませんし、オジイさんと呼ぶにはまだ早過ぎるしね~~(笑)。
オニイさんって呼ばれると、気持ち悪く無い?
そっか、夜の巷のオネーさんたちは、オニイさんって呼ぶか。
失礼しました(笑)。
Posted by goro’s at 2009.04.16 01:01 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2009.04.16 01:03 | 編集
ポージィさん

>3月半ばといえば、まだ木々の芽吹きも始まってはおらず、
寒々とした冬の名残の風景。でも春は着実に目覚めつつある頃。
裸のブロンズ象も寒そうに感じますが、眠りから目覚めて思い切り
うぅ~んと伸びをしようとしているようにもみえました。

この日は雨まじりで寒く、初めて隣接の砧公園も散歩しましたが、全く植物が見えませんでした。
天気が良かったら、このブロンズ像の印象も変わったと思います(笑)。

>シュンラン登場ですね。日本全国に分布するんですか?
でも自然豊かな山に行かないと見られないんでしょうね。
私はまだ一度もお目にかかったことがありません。綺麗でいかにも
春らしい色の蘭ですね。

大丈夫!
「夢見る少女の心をもった」ポージィさんなら、いつか必ず出逢いが叶うでしょう♪
Posted by noodles3 at 2009.04.16 14:20 | 編集
ロッキーママさん

>筋肉質のブロンズ像ですね。まぁ、メタボのブロンズ像は見た事ないですけど。二の腕の筋肉は私も負けてないですよ。

お!俺も腕は太いっスよ〜。
アームレスリングでもしますか?(笑)

>うちのシュンランはもう花が終わりました。
満開になると、そんなに地味でもないですよ。

今回は、自然教育園と長谷寺のものですが、株数が貧弱でした。。

>肥料も水もいらないし、勝手に増えるし、大変育てやすい花です。お庭に如何ですか?(笑)

そうですか。
微細な蠅みたいのが、付きませんか?
Posted by noodles3 at 2009.04.16 14:24 | 編集
goro'sさん

>世田谷美術館の前には行ったことありますが、この青年には見覚えありません。
際どいラインでブロンズ像をカットしましたね~~(笑)。

美術館エントランス前です。
この他に縦位置のカットもあり、そちらはモロです(笑)。

>シュンランには毎年パワーを注入してもらってます。
まだ咲いていましたか。
こちらはとっくに咲き終わってます。

ロッキーママさんやゴローさんのように、魅せられるようなシュンランに出逢ってみたいです。

Posted by noodles3 at 2009.04.16 14:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。