--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.14

テンナンショウ属2態/09年、四季の花(67)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00urasima_09_04_14.JPG
【ウラシマソウ】
浦島草。サトイモ科テンナンショウ属。日本原産。
花から突き出ている細い紐状のものを、浦島太郎の釣り糸に例えたとのこと。
4月12日撮影。

以下2枚は、3月29日のまだ若い状態。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01urasima_09_04_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
02urasima_09_04_14.JPG

以下、4月12日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります
04urasima_09_04_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
05urasima_09_04_14.JPG

テンナンショウ属の植物は、下のユキモチソウ含め、性転換するそうです。
比較的小型の個体では雄性となり、苞内部の肉穂花序に雄花群を形成し、
大型の個体では雌性となり、肉穂花序には雌花群を形成する性質があるのだとか。
但し、雄雌異株なため、どちらかが乱獲されると種を増やせなくなってしまう。

ってことで、花言葉:「変わりやすい愛」

これは2007年7月に撮った実。このあと真っ赤になります。
06urasima_09_04_14.jpg



このユキモチソウも奇妙な造形。
花言葉:「私は喜ぶ」
ウラシマソウはその独特の姿から、僕はひょうきんなイメージをもちますが、
ユキモチソウの雪のように白く、餅のようなマシュマロのような
さわり心地が、福々しく、花言葉にも納得します♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
07yukimoti_09_04_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
08yukimoti_09_04_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
09yukimoti_09_04_14.JPG
【ユキモチソウ】
雪餅草。サトイモ科テンナンショウ属。日本原産。絶滅危惧II類。
4月5日~12日撮影。













この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/387-402e92e3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ウラシマソウとマムシグサ、いつも間違えてしまいます。
何回見ても似ていますよね。

性転換するから花言葉は「変わりやすい愛」ですか。
意味違うのかな。

ユキモチソウ、可愛いですね。
見た事ないです。絶滅危惧種だと自然では会えないですね。
お餅みたいなところを触って見たいです。



Posted by ロッキーママ at 2009.04.14 19:56 | 編集
テンナンショウ属、滅多にお目にかからないこともあってよくわかりません。
でもユニークな形ですよね。性転換するという性質もユニークです。
ユキモチソウはこのマシュマロからそれとすぐ見分けられそう。
触ってご覧になったんですね。餅のようなマシュマロのような
触り心地でしたか。柔らかそう…私も触ってみたいです~(^^)
Posted by ポージィ at 2009.04.14 21:34 | 編集
テンナンショウ属の植物たち、みなユニークな形をしていますよね。
誰かがいたずらして、葉の側に花を持ってきたように見えます。
そのくらい両者には共通するものが見えません。
ユキモチソウのお餅、触ってみたいですね~~

私も日曜にムサシアブミを見てきました。
自然教育園にはありませんでしたか?

>浦島草。サトイモ科ナンテンショウ属。日本原産。

気付いちゃったよ(笑)。
Posted by goro’s at 2009.04.15 00:34 | 編集
ロッキーママさん

>ウラシマソウとマムシグサ、いつも間違えてしまいます。
何回見ても似ていますよね。

細部に拘ると全く異形ですが、印象は一緒ですね。。

>性転換するから花言葉は「変わりやすい愛」ですか。
意味違うのかな。

多分そうだと思いますが、受粉を担当するのは何とかいう蟻で、
受粉後くつろいでいる蟻は、実が肥大して出口を塞がれ、死滅するそうです。そこも引っ掛けてあるのかな・・・?

>ユキモチソウ、可愛いですね。
見た事ないです。絶滅危惧種だと自然では会えないですね。
お餅みたいなところを触って見たいです。

僕も植物園と北鎌倉円覚寺松嶺院のものしか知りません。
今回のも混ぜて掲載してあります。
咲き初めはわかりませんが、僕が触った感触は、ちょっと表面が乾燥したマシュマロってとこです(笑)。
Posted by noodles3 at 2009.04.15 16:33 | 編集
ポージィさん

>テンナンショウ属、滅多にお目にかからないこともあってよくわかりません。
でもユニークな形ですよね。性転換するという性質もユニークです。
ユキモチソウはこのマシュマロからそれとすぐ見分けられそう。
触ってご覧になったんですね。餅のようなマシュマロのような
触り心地でしたか。柔らかそう…私も触ってみたいです~(^)

葉を笠のようにして薮の中で咲いていますから、ぱっと見はわからないと思います。
実際、僕が何を一生懸命撮ってるの? ってな顔で皆さん通り過ぎて行くますから。。

ユキモチソウは、葉に隠れていない分、ユニークな形といいすぐにわかると思いますが、自然保護区ありいは植物園など、あくまでも人の管理下でしか、お目にかからないかも知れませんね。
Posted by noodles3 at 2009.04.15 16:39 | 編集
goro'sさん

>テンナンショウ属の植物たち、みなユニークな形をしていますよね。
誰かがいたずらして、葉の側に花を持ってきたように見えます。
そのくらい両者には共通するものが見えません。
ユキモチソウのお餅、触ってみたいですね~~

なにはともあれ、地味ですね(笑)。
ユキモチソウは、ちょっと硬めのマシュマロって感じ。

>私も日曜にムサシアブミを見てきました。
自然教育園にはありませんでしたか?

あそこのは、ちょっと撮影意図に合わなくて撮ってません。
今年は寺のものも、撮れる条件になく、唯一の自然保護区のものが、無いんです!(盗掘されたのか?)

>>浦島草。サトイモ科ナンテンショウ属。日本原産。

気付いちゃったよ(笑)。

笑。。
Posted by noodles3 at 2009.04.15 16:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。