--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.17

路傍の草花20。

00sora_20.JPG


【フウセントウワタ】
風船唐綿、ガガイモ科。南アフリカ原産。
02fusentouwata_n2.JPG


03fusentouwata_n.JPG

【名称不明】
近頃、あちらこちらでこういう実を発見するも、未熟な僕には未だデータ不足。
04nannomi.JPG


05nannomi2.JPG

【メマツヨイグサ】
雌待宵草、アカバナ科。北アメリカ原産。
06mematuyoigusa.JPG

【ヤマハッカ】
山薄荷、シソ科。日本原産。
薄荷といえど、香りなし。
07yamahakka.JPG


08yamahakka2.JPG

【ワレモコウ】
吾亦紅、バラ科。日本、ユーラシア原産。
10waremokou.JPG

【チンネベリーセンナ】
マメ科。インド、アラビア原産。
11tinneberi-senna.JPG


12tinneberi-senna2.JPG

【ソバ】
蕎麦、タデ科。中央アジア原産。
13soba1.JPG


14soba2.JPG


15soba3.JPG


ここんとこ、ちょっと忙しいです。
と、いいながら先週末お世話になっているゴローさんが、採取したムカゴを使ってお店で炊き込み御飯を炊くとのことで、いてもたってもおれず行ってきました。

16mukago.JPG


17mukago2.JPG


18mukago3.JPG

ムカゴの詳細はゴローさんの10月13日の日記で。
山芋の蔓につく実である。
粒の大きさは大小ビー玉ぐらい。生のものをかじってみましたが確かに若干ねばりがある。
炊き込み御飯は、牛蒡とも違う独特な野手味に富み、美味。
食感はマメのようなイモのような……。
久しぶりに夜更けまで、花談義、時事問題などで盛り上がる。

忙しい寸暇の寓業もまた愉し。


この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/38-bcd5a196
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。