--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.19

ブルー&ホワイト♪/09年、四季の花(31)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00oinu_09_02_19.JPG
フィールドでは、オオイヌノフグリが活力を増し、いよいよ春本番♪
因にこのあんまりな命名は、先日の「黄梅」同様、牧野富太郎博士である・・・

↓画像クリックで、正規サイズになります
01oinu_09_02_19.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
02oinu_09_02_19.jpg
【オオイヌノフグリ】
大犬の陰嚢。ヒョウタングサ、テンニンカラクサとも。ゴマノハグサ科クワガタソウ属。
ヨーロッパ原産。



↓画像クリックで、正規サイズになります
03oinu_09_02_19.jpg

さて、こちらは白花のオオイヌノフグリ・・・
な~んちゃって。
昨年の発見時は、確かにそう思っていました。
でも、goro'sさんが、見事正体を突止めたのでした。

コゴメイヌノフグリ、咲きました♪
昨年は未公開でしたので、初登場。中目黒公園にて。
2月18日撮影。

↓画像クリックで、正規サイズになります
04oinu_09_02_19.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
05oinu_09_02_19.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
06oinu_09_02_19.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
07oinu_09_02_19.JPG
【コゴメイヌノフグリ】
小米犬の陰嚢。ゴマノハグサ科クワガタソウ属。地中海沿岸、南ヨーロッパ原産。
コゴメグサに似ているため命名された。










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/351-8798aa88
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
おやまぁ! オオイヌノフグリがこんなに元気を増してきていますか。
下から空に向かって撮れるほどに花首を伸ばしているものがあるなんて。
青い空に向かって透けるブルーの花がなんとも素適ですね。
そうそう、牧野博士でしたね。こちらの命名も。博士は他にも
あんまりな名前をつけておいでのようで。

コゴメノイヌノフグリ。そうでしたね~ 悟郎さんがアップして
いらしたんでした。強いインパクトを受けたはずなのにまたもや
忘れていました。昨年辺りからほんと物忘れがひどいです。大丈夫かな…
とはいえ、会った事がないことは確かです。まださほど生息範囲が
広まってはいないのでしょうね。
ここではこんなにたくさん咲いているんですね。
Posted by ポージィ at 2009.02.19 18:01 | 編集
空色のじゅーたんが出来ましたね。
うちの庭は、フキノトウを探すため半分撤去しました。
空色を見ると春が来たんだと実感します。

牧野博士、もう少し可愛い名前を付けてくれたら良いのにと、いつも思います。いくら実の付け方が似ていると言っても、あまりにもひどいです。

コゴメイヌノフグリは、毛深いですよね。
これも繁殖力が旺盛です。
Posted by ロッキーママ at 2009.02.19 18:16 | 編集
今年はオオイヌノフグリたちにとっては天国でしょうね。
こちらでも点から面へと移行して、プチ絨毯が見られます。
そろそろ本格的に撮影してみます。
いいカットが撮れればいいんだけどな。
お馴染みさんなので、つい満足度の高いものを求めてしまいます~~

コゴメイヌノフグリ、お会いになられましたね。
小さい花でしたでしょう?
毛深さは、食虫植物のようです。
天気のいい午後、覗きに行ってみます~~
Posted by goro’s at 2009.02.20 03:54 | 編集
ポージィさん

>おやまぁ! オオイヌノフグリがこんなに元気を増してきていますか。
下から空に向かって撮れるほどに花首を伸ばしているものがあるなんて。
青い空に向かって透けるブルーの花がなんとも素適ですね。
そうそう、牧野博士でしたね。こちらの命名も。博士は他にも
あんまりな名前をつけておいでのようで。

やはり、オオイヌノフグリが活性化してくると、嬉しくなりますよね!
牧野博士。なかなか波瀾万丈な方だったようですが、あんまりな名前含め、功罪も少なくない方のようです(笑)。

>コゴメノイヌノフグリ。そうでしたね~ 悟郎さんがアップして
いらしたんでした。強いインパクトを受けたはずなのにまたもや
忘れていました。昨年辺りからほんと物忘れがひどいです。大丈夫かな…

「あれっ? わたし何しにきたんだっけ?」
家内が、サンルームまですたすた歩き、立つ尽くすんですよ。

かくいう僕も、おもむろに冷蔵庫まで行き、扉を開けて放心することしばし。。一度、食卓まで戻り、「あ、柚胡椒だ!」ってなことがしょっちゅう(苦笑)。

とはいえ、会った事がないことは確かです。まださほど生息範囲が
広まってはいないのでしょうね。
ここではこんなにたくさん咲いているんですね。

昨年、ゴローさんも書いていましたが、元々、小石川植物園で帰化のサンプルとして栽培していたものが、園外に広まったって節なんですけど、そのわりには繁殖が乏しいですね。
Posted by noodles3 at 2009.02.20 12:52 | 編集
ロッキーママさん

>空色のじゅーたんが出来ましたね。
うちの庭は、フキノトウを探すため半分撤去しました。
空色を見ると春が来たんだと実感します。

うちの近所の田んぼには、これから空色軍団とヒメオドリコソウのピンク軍団の合戦がはじまります♪(笑)
フキノトウは蕗味噌もいいですが、味噌汁の具が一番好きな者です!

>牧野博士、もう少し可愛い名前を付けてくれたら良いのにと、いつも思います。いくら実の付け方が似ていると言っても、あまりにもひどいです。

東大に席を置きながらも、小学校卒で学歴を指摘され、一旦除籍されたりと、ストレスの多い方だったようです。
むしゃくしゃしてるときに、命名したのかな?(笑)
でも、僕は責任重大だと思ってますが!

>コゴメイヌノフグリは、毛深いですよね。
これも繁殖力が旺盛です。

あ、お近くで見かけますか?
Posted by noodles3 at 2009.02.20 13:00 | 編集
goro'sさん

>今年はオオイヌノフグリたちにとっては天国でしょうね。
こちらでも点から面へと移行して、プチ絨毯が見られます。
そろそろ本格的に撮影してみます。
いいカットが撮れればいいんだけどな。
お馴染みさんなので、つい満足度の高いものを求めてしまいます~~

わかるわかる!
僕もお馴染みゆえに、悪銭苦闘します。。

>コゴメイヌノフグリ、お会いになられましたね。
小さい花でしたでしょう?
毛深さは、食虫植物のようです。
天気のいい午後、覗きに行ってみます~~

教えてもらい昨年撮ったときは、感じなかったのですが、
改めて。小さいですね!
何カットも押してしまいました〜♪
Posted by noodles3 at 2009.02.20 13:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。