--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.17

ほんとうの黄梅♪/09年、四季の花(29)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00oubai_09_02_17.JPG
先週11日、建国記念日。
鎌倉瑞泉寺にて。

瑞泉寺は鎌倉でも外れに位置し、滅多に脚を運ばないのですが、
フクジュソウをもとめて辿り着いたら、枝ぶりは梅ながら、
黄色味をおびた、なにやらシベだけがしゅんしゅん目立つ花が・・・

↓画像クリックで、正規サイズになります
01oubai_09_02_17.JPG.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
02oubai_09_02_17.JPG.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
03oubai_09_02_17.JPG.JPG

花弁はほとんど退化し、シベばかりが目立つ。

ご存知。迎春花として愛でる黄梅はモクセイ科。
いわずもがな。梅とついても「バラ科サクラ属」の梅ではない。

↓画像クリックで、正規サイズになります
04oubai_09_02_17.JPG.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
05oubai_09_02_17.JPG.JPG

鎌倉市指定天然記念物である、この瑞泉寺のものがルーツ。
あの牧野富太郎博士が命名した、この梅こそが、
ほんとうの黄梅ということになるのです♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
06oubai_09_02_17.JPG.JPG










この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/349-2fc521e0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
鳥に花びらを食べられた梅かと思いました。
これがほんとうの黄梅ですか。
梅には見えないですよね。
瑞泉寺以外にも、どこかで咲いているのでしょうか。
なんの種類なのだろう。
不思議な花ですね。
梅のイメージが変わりそうです。
Posted by ロッキーママ at 2009.02.17 15:14 | 編集
「黄梅」は瑞泉寺の木を見て牧野博士が名づけたのですか!
知りませんでした。
でも、モクセイ科の迎春花「オウバイ」と同じ名前は紛らわしいですよ…
この瑞泉寺には17~8年前行ったことをしっかり覚えているのですが、
当時は今より植物への関心がうんとうんと薄かったですからね、
やっぱり全く覚えていません。季節も確か6月でしたし(^^;)
退化してぴろぴろの花弁になってしまっていても、確かに梅の花という感じですね。
野梅系の一種と何かで見ました。
本堂の正面にシンボルツリーのように植えられているのでしょうか。
いい雰囲気です。香りはいかがでしたか?

Posted by ポージィ at 2009.02.17 17:56 | 編集
グリーンストライプには初登場ですよね?
ならどこか他のサイトで見たんだろうな…

可愛いじゃありませんか。
しゅるしゅるとしたシベも、退化して細くなった薄黄色の花びらも、なんとも愛しいです。
キイチゴ系の花に通じる風情があって、私好みです~~♪
見てみたい花が、またひとつ増えました。
Posted by goro’s at 2009.02.18 02:08 | 編集
ロッキーママさん

>鳥に花びらを食べられた梅かと思いました。
これがほんとうの黄梅ですか。
梅には見えないですよね。
瑞泉寺以外にも、どこかで咲いているのでしょうか。
なんの種類なのだろう。
不思議な花ですね。
梅のイメージが変わりそうです。

一応、調べたのですが素品種他、定かではありません。
牧野博士の植物図鑑を見るしかありませんね。。。
円覚寺内に、「黄梅」の札がかかった小さな梅の木がありますが、咲いているところは見たことがありません。
あとは、小石川植物園のものが有名みたいです。
Posted by noodles3 at 2009.02.18 13:06 | 編集
ポージィさん

>「黄梅」は瑞泉寺の木を見て牧野博士が名づけたのですか!
知りませんでした。
でも、モクセイ科の迎春花「オウバイ」と同じ名前は紛らわしいですよ…
この瑞泉寺には17~8年前行ったことをしっかり覚えているのですが、
当時は今より植物への関心がうんとうんと薄かったですからね、
やっぱり全く覚えていません。季節も確か6月でしたし(^^;)
退化してぴろぴろの花弁になってしまっていても、確かに梅の花という感じですね。
野梅系の一種と何かで見ました。
本堂の正面にシンボルツリーのように植えられているのでしょうか。
いい雰囲気です。香りはいかがでしたか?

残念ながらあまり香っていません。
正確には本堂左横になります。
検索すると、小石川植物園のものもヒットします。
小石川のものも同様に、花弁が退化しています。
推測ですが、牧野氏が瑞泉寺のものを、小石川植物園に移植した可能性もありますよね。。
Posted by noodles3 at 2009.02.18 13:12 | 編集
goro'sさん

>グリーンストライプには初登場ですよね?
ならどこか他のサイトで見たんだろうな…

初登場です。
他サイトでは、この瑞泉寺と小石川植物園のがヒットしますね。

>可愛いじゃありませんか。
しゅるしゅるとしたシベも、退化して細くなった薄黄色の花びらも、なんとも愛しいです。
キイチゴ系の花に通じる風情があって、私好みです~~♪
見てみたい花が、またひとつ増えました。

退化した花弁こそが、この本家黄梅の特徴ですよね?
薄黄色とあいまって、僕も可愛らしいと思います♪
Posted by noodles3 at 2009.02.18 13:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。