--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.09

菜の花♪/09年、四季の花(24)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00nanohana_09_02_09.JPG
立春を過ぎて、肌寒い日が続いております。
が、春といえばナノハナ♪



ナノハナといえば、種子を圧搾・精製した菜種油。
我家でも、胡麻油、オリーヴオイルと並んで、盛んに使う食用油です。
精製した菜種油はクセがなく、古来より日本をはじめ東アジアで
常用されてきました。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01nanohana_09_02_09.JPG

しかし、心臓障害を誘因する不飽和脂肪酸残基や、
甲状腺障害に関与するイソチオシアネート前駆体の含有が多いため、
油を多様する米国では、意外にも食用が禁止されていたそうです。

で、主要生産国カナダが、上記諸問題を改善するため品種改良し、
「キャノーラ品種」を開発。
1985年から、米国でも流通しだしたんだって。
因に「キャノーラ」は、カナダカノーラ会議が採用した
「カナダのオイル」を意味するブランド名がもと。

↓画像クリックで、正規サイズになります
02nanohana_09_02_09.JPG

生産量は年々増加し、4千6百万トンを超え、
主要生産国は中国、カナダ、インド、ドイツ、フランスなど。
国内の栽培面積では、北海道が最大だそうです。

身近な、ナノハナ、菜種油にもストーリーがあるんですね。

↓画像クリックで、正規サイズになります
03nanohana_09_02_09.JPG
【ナノハナ】
菜の花。アブラナ(油菜)、ナタネ(菜種)とも、アブラナ科アブラナ属。
地中海沿岸原産。









この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/344-3fd904a9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
菜の花、春ですね!
桃の花と一緒にひな祭りに飾ります。
菜種油を採った後、油粕という肥料になりますね。

前の畑で小松菜の花が咲いているのですが、同じ菜の花ですが、アブラナとは咲き方が違うんですね。つい最近知りました。

ウエディングケーキおいしそうですね。
レッドストライプの更新が、いつもお昼前ぐらいですが
富士丸父ちゃんと同じで、いやがらせですか?(笑う)
Posted by ロッキーママ at 2009.02.09 21:50 | 編集
ナノハナを見かけると、つい美味しそうな蕾はどこだと探してしまいます。
いつからこんないやしい人間になったんでしょうか(笑)。
野に出ると「食す」素材が誘惑してきます。
ハマダイコンの葉は、只今おしんこに変身中です。
執念を燃やしているフキノトウ味噌、今年はかなりヤバイ状態です。
最低でもフキ味噌にはありつきたいと思ってます。
舐めさせてあげるね(笑)。
Posted by goro’s at 2009.02.10 02:47 | 編集
菜の花の黄色が広がると、春爛漫!という感じがしますね。
(実際にはまだまだ風が冷たいですが)
私も1月末に菜の花を見て、ちょっぴり春爛漫気分を味わってきました。
今週後半にでもアップ予定です。

今じゃお店でもすっかりおなじみのキャノーラ油は、そんな風にして
生まれた油だったのですね。勉強になりました。
 
 
Posted by ポージィ at 2009.02.10 11:20 | 編集
ロッキーママさん

>菜の花、春ですね!
桃の花と一緒にひな祭りに飾ります。
菜種油を採った後、油粕という肥料になりますね。

実際は先月撮ったので、越冬組みに入るのですが、立春を過ぎるまで温存しておりました(笑)。
月ぐらいのポカポカ陽気の中のナノハナ畑が、本来の姿ですね。
そうそう、油粕。菜の花って捨てるところがないんですよね。

>前の畑で小松菜の花が咲いているのですが、同じ菜の花ですが、アブラナとは咲き方が違うんですね。つい最近知りました。

花にあまり興味のない学生時代に、プランターで小松菜を栽培したことがあります(食う目的で)。よって花がどんなだったか、全く覚えておりませんが、黄色の意外に可愛い花だったかな?


>ウエディングケーキおいしそうですね。
レッドストライプの更新が、いつもお昼前ぐらいですが
富士丸父ちゃんと同じで、いやがらせですか?(笑う)

ランチ情報として生かしてほしく、なるべく昼前更新を目指すアイテム(ラーメンとか)はあります。
決してどこぞの奴のような、「嫌がらせ」ではなく(笑)。
Posted by noodles3 at 2009.02.10 11:39 | 編集
goro'sさん

>ナノハナを見かけると、つい美味しそうな蕾はどこだと探してしまいます。
いつからこんないやしい人間になったんでしょうか(笑)。
野に出ると「食す」素材が誘惑してきます。
ハマダイコンの葉は、只今おしんこに変身中です。
執念を燃やしているフキノトウ味噌、今年はかなりヤバイ状態です。
最低でもフキ味噌にはありつきたいと思ってます。
舐めさせてあげるね(笑)。

最近、ワンちゃんの散歩に勤しむ方々のマナーが気になります。
平気で○○コを、置いていきます。
しかもどう見ても、大きい。詰まり大型犬です。
よく行く自然保護区ですら、近隣のペット愛好家の散歩コースですから、野を食すことにはかなり躊躇しています。
昭和初期のように土がむき出しの場所って、少ないんだから、気を使ってほしいです。
Posted by noodles3 at 2009.02.10 11:45 | 編集
ポージィさん

>菜の花の黄色が広がると、春爛漫!という感じがしますね。
(実際にはまだまだ風が冷たいですが)
私も1月末に菜の花を見て、ちょっぴり春爛漫気分を味わってきました。
今週後半にでもアップ予定です。

ポージィさんも更新準備していたんですね♪
せっかちくんだらけで、なんだか季節感の乏しい春です。

>今じゃお店でもすっかりおなじみのキャノーラ油は、そんな風にして
生まれた油だったのですね。勉強になりました。

文章のネタに詰まり、調べてみたら意外な物語が!
それはそれで、雑学の蓄えになりました。
不幸中の幸いです(苦笑)。。。
Posted by noodles3 at 2009.02.10 11:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。