--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.01.14

本家ロウバイ見参♪/09年、四季の花(6)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00roubai_09_01_14.JPG
昨日はソシンロウバイ。
とくれば、本家ロウバイでございます。
昨日同様、北鎌倉東慶寺境内。12月31日撮影。
山門をくぐり、曲がり角にある金仏手前に咲いています。



せっかくですので少しだけ境内の様子を。
金仏の背景は花畑。1月10日撮影。
ここで年間を通してウメ、シロバナサクラタデ、ワレモコウ、オミナエシ他が咲きます。
右の建物は、松ヶ岡宝蔵。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01roubai_09_01_14.JPG

金仏の背後から山門を見た図。1月10日撮影。
実際には10メートルそこそこの距離。左手前、息子が立っているのが本堂入口前。
その向こうでリュックを背負っているのが家内で、ロウバイを撮っているところ。
この左手柵内には、フクジュソウ、ホトトギス、ツルリンドウなどが咲きます。

↓画像クリックで、正規サイズになります
02roubai_09_01_14.JPG

因に、釈迦如来坐像が安置される本堂はこんな感じ。12月31日撮影。
参考までに境内の地図もリンクしておきます。

↓画像クリックで、正規サイズになります
03roubai_09_01_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
04roubai_09_01_14.JPG



では、12月31日撮影のロウバイをご覧下さい♪
息子はソシンのほうが好きだそうです。

↓画像クリックで、正規サイズになります
05roubai_09_01_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
06roubai_09_01_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
07roubai_09_01_14.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
08roubai_09_01_14.JPG
【ロウバイ】
蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅。ロウバイ科ロウバイ属。中国原産。











この記事へのトラックバックURL
http://bosskusabana.blog81.fc2.com/tb.php/326-f4fa0a04
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
本家のロウバイも登場しましたね。
昨年の今頃だと、羨ましくて涎を垂らしていたでしょうね(笑)。

息子くんには、ロウバイの渋さを理解するには、まだまだ修行が必要ですかね。
成長過程としては、正しい意見だと思いますよ(笑)。

週末の予定、決めました。
ソシンロウバイと本家のロウバイに会ってきます~~
Posted by goro’s at 2009.01.15 01:12 | 編集
東慶寺もずい分変わったのですね!
若かりし頃思い悩む事があり、毎週のように北鎌倉へ通っていました。その頃の東慶寺は、お庭もこんなに整っていなかった様な気がします。

ロウバイ、私が見慣れているのはこちらです。
ソシンロウバイの花の方が、大人しく見えますね。
女性的な感じがします。
ロウバイの方に憧れを感じるかな。

Posted by ロッキーママ at 2009.01.15 07:50 | 編集
東慶寺、かれこれ20年近く前に行ったきりで…
山門へと登る階段と、奥まったところにある墓地の印象くらいしか
覚えていませんでした。今こんな感じなのですね。
この境内で、ロウバイが。花の中心がここまで赤いのに、
なぜか慎ましやかに咲いていると感じました。

ロウバイとソシンロウバイ。私はその時々の気分で好きと感じる
重心が揺れ動くようです。
Posted by ポージィ at 2009.01.15 11:36 | 編集
goro'sさん

>本家のロウバイも登場しましたね。
昨年の今頃だと、羨ましくて涎を垂らしていたでしょうね(笑)。

両方見たくなるのが、人間の強欲さですね(笑)。
お互い羨ましさは常にありますが、思いは叶い出逢いをくれますもんね♪

>息子くんには、ロウバイの渋さを理解するには、まだまだ修行が必要ですかね。
成長過程としては、正しい意見だと思いますよ(笑)。

ポージィさんも書いてくれてますが、ソシンはソシンの質素な美しさがありますから、立派な樹形のものには思わず見とれることもあります。
ソシンのほうが花つきも派手なので、息子には華やかに見えるのでしょう。

>週末の予定、決めました。
ソシンロウバイと本家のロウバイに会ってきます~~

しばらく、天気も良好のようです。
楽しみですね♪
Posted by noodles3 at 2009.01.15 12:24 | 編集
ロッキーママさん

>東慶寺もずい分変わったのですね!
若かりし頃思い悩む事があり、毎週のように北鎌倉へ通っていました。その頃の東慶寺は、お庭もこんなに整っていなかった様な気がします。

そうなんですね?
僕も毎週のように通っていますが、いまもいますよ。
若かりしロッキーママさんのように、お一人で散策している若い女性が。
でも、この寺は縁切り寺としても有名なんですけどね(笑)。

>ロウバイ、私が見慣れているのはこちらです。
ソシンロウバイの花の方が、大人しく見えますね。
女性的な感じがします。
ロウバイの方に憧れを感じるかな。

やはり、そうでしたか!
もし、一戸建ての家に住んでいたら、僕ならソシンを植えるかも知れません。栽培も容易のようですし花付もいいですから。
本家は、鎌倉あたりに通って眺めていたい気がします♪
Posted by noodles3 at 2009.01.15 12:29 | 編集
ポージィさん

>東慶寺、かれこれ20年近く前に行ったきりで…
山門へと登る階段と、奥まったところにある墓地の印象くらいしか
覚えていませんでした。今こんな感じなのですね。
この境内で、ロウバイが。花の中心がここまで赤いのに、
なぜか慎ましやかに咲いていると感じました。

おお、ポージィさんもなにか思い悩んでいたのかな?(笑)
僕は頻繁に通うようになったのは、花との付き合いと平行しているので、20年前どうだったか?って記憶がありません。。
ここだけです。ロウバイとソシンロウバイを同時に見れるのは。

>ロウバイとソシンロウバイ。私はその時々の気分で好きと感じる
重心が揺れ動くようです。

どちらかといえば、僕も同意です♪
Posted by noodles3 at 2009.01.15 12:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。